fc2ブログ

亀島山地下工場 その1

DSC06806_R_20210518211008b60.jpg
岡山県最大の戦跡と言われる亀島山地下工場を見て来た
IMG_2013_R_202105182109127c8.jpg
アマゾンで買えるガイドブック
IMG_2014_R_2021051821091348a.jpg
この碑は何処にあったのか分からなかった
IMG_2015_R_202105182109148f4.jpg
米軍図は、完成予定図の模写と思われる
IMG_2016_R_20210518210916194.jpg
実際には下の方はコンクリートで成形された完成形の部分が多いが、上半分はかなり未完成だ
DSC06808_R_202105182131594e0.jpg
相当な山狩りを覚悟して行ったが、5分足らずで壕口発見
DSC06810_R_202105182132018cf.jpg
早速滑り込む
DSC06811_R_20210518213202bbc.jpg
メイン坑道が見えた
DSC06814_R_20210518213205e0a.jpg
工場らしく、広い造りだ
DSC06815_R_20210518213204ff3.jpg
左が主抗で右が枝抗となる
DSC06817_R_20210518213207da2.jpg
主抗の幅は4m近い
DSC06818_R_20210518213209883.jpg
碍子が落ちている
DSC06819_R_20210519224929172.jpg
横幅が広く、工場らしい主抗
DSC06820_R_20210519224930f0a.jpg
所々に調査のマーキングがある
DSC06822_R_202105192249331eb.jpg
隣の外部への壕口は、塞がっている
DSC06823_R_202105192249359d6.jpg
完全に埋没
DSC06824_R_20210519224935a4c.jpg
右に進む枝道も未完成で、繋がっていない
DSC06825_R_20210521213131df0.jpg
ガレだらけの掘削中だ
DSC06826_R_20210521213132094.jpg
来た方に戻る
DSC06827_R_202105212131351ab.jpg
足元を照らすと、トロッコ軌条が良く見える
DSC06828_R_20210521213136838.jpg
照らさないとこんな感じ
DSC06830_R_20210521213137b0d.jpg
落書きするな
DSC06832_R_202105212131384a5.jpg
3つ目の主抗外部出入口、やはり埋め戻し
DSC06833_R_20210521214901ef4.jpg
右の枝抗、崩落している
DSC06836_R_20210521214903a37.jpg
崩落は天井の高さが、床になるぐらい盛大だ
DSC06837_R_2021052121490546c.jpg
天井は、現在進行形で崩れている、触るとボロボロ
DSC06839_R_20210521223604bc4.jpg
この辺の崩落はヒドイ
DSC06840_R_20210521223605e6a.jpg
主抗と枝抗が十字路を造らず、通路をずらしてあるため、位置を掴みずらい
DSC06842_R_2021052122360701c.jpg
先に素敵な物が見えて来た
DSC06843_R_2021052122360957f.jpg
ついにコンクリート登場
DSC06845_R_20210521223610121.jpg
下半分だけ巻いた所で、左側が前に倒れた様だ
DSC06847_R_20210521232549fd0.jpg
先に奥を確認してくる
DSC06850_R_20210521232551b17.jpg
4本目の主抗入り口も塞がれている
DSC06851_R_202105212325538e1.jpg
入り口左側の通路も掘りかけ
DSC06853_R_20210521232554072.jpg
コンクリートに戻る
DSC06855_R_20210521232555a00.jpg
コンクリートの内側は空洞になっている
DSC06857_R_20210521232557a60.jpg
コンクリートの巻き立ての過程が判る貴重な遺構
DSC06860_R_20210523072804ca8.jpg
反対側から見る
DSC06861_R_202105230728067a2.jpg
混ぜ物の多い粗雑なコンクリートで、鉄筋も無ければ崩れるのは必定
DSC06863_R_20210523072808781.jpg
枝抗を進む
DSC06864_R_202105230728105f3.jpg
奇妙に床のなだらかな主抗に出た
DSC06865_R_20210523072811a6c.jpg
左を向くと、コンクリート巻きの壕口アーチが!
DSC06866_R_20210523072812502.jpg
しっかり目張りされて、強度はギリギリ保たれている様だ
DSC06867_R_20210523072813649.jpg
これは鉄筋入りと言うより、セメントを固める時の板を固定していた残りでは?
DSC06869_R_20210523072815329.jpg
なんと開口している、非常時にはここから出れそうだ
DSC06872_R_202105230739312bf.jpg
外から見た入り口部分、コンクリートは壕口から3mほど入った所から巻き始めている
DSC06874_R_202105230739321c4.jpg
これで道路側主坑道入り口を5つとも確認した事になる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント