fc2ブログ

横須賀海軍軍需部館山支庫 その9

DSC08672_R_2021062123225160a.jpg
一年以上放置していた途中案件をやっと調べに来た、既に草が繁殖していて見つけにくい
DSC08674_R_20210621232254cdb.jpg
早速1つ目を発見する
DSC08676_R_20210621232254170.jpg
分厚いコンクリート入り口の内部は、コンクリートの吹付になっている(貯水槽になっている)
DSC08677_R_20210621232256bea.jpg
最深部迄コンクリートで吹き付けられている
DSC08679_R_202106212322582da.jpg
天井が少し下って来ているのか?いずれ崩落かな?
DSC08680_R_20210621234243571.jpg
次の物件
DSC08681_R_202106212342453b5.jpg
入り口部分のコンクリートの分厚さが伺える
DSC08683_R_20210621234246b36.jpg
貯水槽にはなっていないが、ゴミだらけ
DSC08684_R_20210621234248de4.jpg
天井に残る謎の突起、金網をベースにコンクリートを吹き付けてある
DSC08685_R_20210621234249952.jpg
不思議な事に、地面部分は地面のままである
DSC08687_R_20210621234251442.jpg
入り口部の成型などが奇麗だ、余裕のある時期に造られたのだろう
DSC08688_R_20210622213250d39.jpg
有名な地震観測所の跡
DSC08689_R_20210622213251f54.jpg
今では立派な車庫としてサードライフを過ごしている
DSC08691_R_202106222132545bc.jpg
ここから枝道に入る
DSC08692_R_20210622213258626.jpg
谷戸の両側を捜索する
DSC08693_R_2021062221325545a.jpg
まるで別世界の入り口のような壕口を発見
DSC08694_R_2021062221325746b.jpg
これも入り口は重厚なコンクリートだ
DSC08702_R_202106222133039f9.jpg
殆どのコンクリート製の入り口上部には、通気口らしき物がある。こんな壕口付近に通気口がいるか?と思うが、当時は入り口に扉があったのかも知れない
DSC08695_R_20210622213300afc.jpg
奥に進むと、もう一度コンクリートで巻かれている、中間はコンクリートの吹き付けだ
DSC08696_R_202106222133014fd.jpg
最後は素掘り面が露出しているが、綺麗にコンクリートが巻かれているので、掘りかけでは無さそうだ
DSC08700_R_20210622231646a10.jpg
なんでこんな構造なんだろう?まぁコンクリートの節約意外に無いだろうが
DSC08703_R_20210622231648505.jpg
トの字形した谷戸の点部分にある壕
DSC08707_R_202106222316515f5.jpg
二重巻き?の入り口コンクリート
DSC08706_R_20210622231652118.jpg
土台部分はかなりしっかり造ってある
DSC08710_R_20210622231656aa5.jpg
天井部の通気口
DSC08709_R_20210622231654f17.jpg
内部のコンクリート吹付部分が剥離しまくっている
DSC08711_R_202106222316584b6.jpg
接続部からしてかなり怪しい
DSC08712_R_202106222316598c1.jpg
金網が入っているが、コンクリートの重みに耐えられる太さでは無かったようだ、引きちぎれている
DSC08708_R_20210622231653874.jpg
9割がた剥離、崩落している
DSC08713_R_20210622233336a63.jpg
今にもパタリと倒れそうな剥離部分
DSC08715_R_20210622233337fcd.jpg
この壕は作りかけなのか、コンクリート吹付が不完全だった
DSC08718_R_202106231738299fa.jpg
更に次を探す
DSC08719_R_20210623173830937.jpg
一段高い所にまたあった
DSC08721_R_20210623173832239.jpg
少し短いが、また前後がコンクリート巻きだ
DSC08722_R_20210623173833a4a.jpg
天井の通気口とアンカーフック
DSC08723_R_20210623173835ef6.jpg
ここは奥壁までコンクリート吹付を行っていたようだ
DSC08725_R_20210623173836596.jpg
簡単に崩れる程度の薄っぺらな吹付だが
DSC08726_R_20210623173838be9.jpg
床面部は綺麗に整地され、砂利が敷き詰められていた
DSC08728_R_2021062317512295f.jpg
この谷戸の調査を終える
DSC08730_R_20210623175124cec.jpg
次の谷戸に移動した
DSC08731_R_20210623175126633.jpg
ちょっと様子の違う壕がある
DSC08732_R_20210623175131e24.jpg
完全封鎖で階段付き?今までにないパターンだ
DSC08733_R_202106231751284d2.jpg
蛇口的なハンドルが付いているので、貯水槽には違いないだろう
DSC08734_R_20210623175133fbb.jpg
また貯水槽改造があったが、入れないならとスルーする
DSC08737_R_20210623175134972.jpg
そこから20mぐらい先
DSC08739_R_20210623175135ea9.jpg
完全に掘り始めたばかりの物があった、これ以上は最早無いと判断する
DSC08742_R_20210623175136353.jpg
こんな所にバンガロー的な物があったが、一時的にキャンプ所か別荘でもあったのだろうか
ちなみに野生の猿がいたので、近寄らなかった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント