fc2ブログ

観音崎砲台非公開(施錠)部分訪問 その2

DSC06268_R_202201152309554dc.jpg
戦没船員の碑
DSC06269_R_20220115230957ac8.jpg
その先の切り通しに、吊り橋を架けていた橋脚がある
DSC06271_R_2022011523100163f.jpg
その裏手にコンクリートで塞がれた壕口がある
DSC06272_R_20220115231000bb4.jpg
内部は公園整備の公共事業工事で不法投棄された廃棄物が埋めている
DSC06273_R_20220115231002684.jpg
花の広場
DSC06274_R_202201152310035ea.jpg
ここには砲台への門柱が二本立っている
DSC06277_R_202201152310059d0.jpg
三軒家砲台へ降りて行く
DSC06279_R_20220115233803722.jpg
砲座背部の見張所を見て行く
DSC06280_R_2022011523380552d.jpg
DSC06281_R_20220115233807f33.jpg
非常に綺麗に残っている見張所、ここから総合的な指揮を執っていたのだろう
DSC06284_R_2022011523381435f.jpg
三軒家砲台入り口の門柱
DSC06285_R_20220115233809e46.jpg
横壁も一部残っている
DSC06286_R_202201152338104eb.jpg
ここで3つ目のカギが開けられる
DSC06288_R_20220117225644f47.jpg
ここには二本の一本抗はあるが用途は不明
DSC06290_R_202201172256465e1.jpg
天井は変わったレンガ?で出来ている
DSC06289_R_20220117225646aa5.jpg
石の下の昆虫を探す子供達
DSC06291_R_20220117225648608.jpg
入り口方向
DSC06294_R_20220117225650753.jpg
出口方向
DSC06295_R_LI.jpg
隣の入り口を開ける
DSC06296_R_202201172307309c2.jpg
二つとも構造は同じだ
DSC06298_R_20220117230730cc6.jpg
出口は封鎖されているが、後に反対側から見る
DSC06299_R_202201172307306c0.jpg
通気口が無いから、兵舎や弾薬庫では無い、二本あるから連絡用トンネルでもない
DSC06300_R_20220117230733133.jpg
入り口には電気を通していた跡がある
DSC06301_R_202201182223098ee.jpg
三軒家砲台
DSC06302_R_20220118222311936.jpg
観音崎砲台では、最も迷彩塗装が色濃く残る砲台だ
DSC06303_R_20220118222313365.jpg
砲台の背面にある切り通し
DSC06305_R_20220118222316859.jpg
切り通しの奥には先ほどの二ヶ所の出口が存在する
DSC06306_R_202201182223150f9.jpg
モルタルの起伏を付けて偽装している
DSC06308_R_20220118222316876.jpg
切り通しはV字になっており、第一第二砲座方向、第三第四砲座方向と別れている
DSC06310_R_20220118222321096.jpg
砲側弾薬庫の前を通り、左翼観測所方向に進む
DSC06311_R_LI.jpg
四つ目のカギを使い、用具庫と言われる部屋に入る
DSC06316_R_LI.jpg
ヒビはあるが崩落は無いので、ここもまた公園整備時の残土の投棄となる
DSC06319_R_20220118224450640.jpg
くっきりとした小菅煉瓦がある
DSC06318_R_20220118224448450.jpg
入り口方向
DSC06321_R_202201182244514a8.jpg
奥方向
DSC06325_R_202201182302282bd.jpg
左翼観測所に登って行く
DSC06326_R_20220118230230a12.jpg
左翼観測所
DSC06327_R_20220118230232e53.jpg
実際に訪れた人は、大蛇の様に側壁を回る太い木の根に驚いただろう
DSC06329_R_20220118230234540.jpg
測遠基台
DSC06328_R_20220118230237adc.jpg
円形にするのだが、煉瓦の割り方がえらい大雑把で雑だ、足元に別のタイプの測遠基台が数本横たわっているので、昭和期に観測器具を付け替えたのかも知れない
DSC06333_R_202201182302359d9.jpg
三軒家砲台では、石垣にこのような数字やカナ文字が掘ってある物が多い
DSC06401_R_20220118230237fd5.jpg
これは石材の産地や業者の刻印である
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント