由良要塞 友ヶ島 第五砲台

友ヶ島の砲台の中でももっとも近く、行きやすい所だろう。
なだらかな道で到達出来るのは、第二砲台だろうが、いかんせん素人には危険だ。
さて、第五砲台だが、12cmカノン砲三座二門づつの、計六門が据えられていた。
ここに行くのは、いろんな遺構が途中にあって、面白いかもしれないが廃墟への立ち入りは危険だ。
DSC09105_R_20130322212509.jpg前日に引き続き、友ヶ島に上陸する。
DSC09106_R_20130322212511.jpgまずは第五砲台に向かって上り始めると右手に壕がある
DSC09107_R_20130322212512.jpgしかし浅く小さな物だ
DSC09108_R_20130322212514.jpg下に見えるダムは当時物で、未だに使われているらしい
DSC09109_R_20130322212515.jpgすぐに弾薬庫の営門が見えて来た
DSC09110_R_20130322213228.jpg衛所跡だろうか?
DSC09111_R_20130322213230.jpg門をくぐり、振り返る
DSC09112_R_20130322213232.jpg何かの基礎がある
DSC09113_R_20130322213234.jpg石垣と排水溝
DSC09114_R_20130322213235.jpg排水溝は地面に消えて行く
DSC09115_R_20130322214019.jpg木造の弾薬庫が見えて来る(若干壊れている)
DSC09116_R_20130322214020.jpg弾薬庫特有の防湿用の通気孔
DSC09117_R_20130322214022.jpg床上面は煉瓦だが、形状が面白い!
DSC09118_R.jpg誰かが岩を置いている(良く持ってきたな)
DSC09120_R.jpg実に面白い形である
DSC09121_R_20130322222652.jpg残存部分、4分の1位か
DSC09122_R_20130322222653.jpgまるで意図的にカッティングモデルにしたみたいだ
DSC09123_R_20130322222656.jpg砲台側の門のそばに便所がある
DSC09124_R_20130322222657.jpg何も無い便所、便器も無い?
DSC09126_R.jpg井戸と濾過槽だろう
DSC09128_R.jpg第五砲台が見えて来た
DSC09129_R_20130322223611.jpg若干狭い棲息掩蔽部、奥は丸い
DSC09130_R_20130322223613.jpg第三砲座下部分
DSC09131_R_20130322223614.jpg留め金が残っているが、何を置いていたのだろう、ここは砲座ではない、その下だ
DSC09132_R_20130322223616.jpgもう一つの棲息掩蔽部は危険物屋内貯蔵所と書いてある
DSC09133_R_20130322224647.jpg小さな階段がある
DSC09134_R_20130322224649.jpg第二砲座下、砲側予備弾薬置き場なのだろうか?三式12cm高射砲なら薬莢方式だから上が高いのか
DSC09135_R.jpgこちらは砲座の砲側予備弾薬置き場
DSC09136_R_20130322224653.jpg砲座は荒れている
DSC09137_R_20130322224654.jpgこの辺はましだ
DSC09138_R_20130322231148.jpg三つ目の棲息掩蔽部
DSC09139_R_20130322231150.jpg最深部から
DSC09140_R_20130322231152.jpg砲座への階段、手摺りがあった跡が少し残っている
DSC09141_R_20130322231153.jpgここにも井戸状の?がある
DSC09142_R_20130322231154.jpg止め金具が良く残っている
DSC09144_R.jpg第三砲座には戦後の水タンクが置いてある
DSC09145_R.jpg上の広場にはいろんな施設跡が残る
DSC09146_R.jpg排水溝と四角い床
DSC09148_R.jpg海岸に下りる階段、少し崩れているので注意
DSC09149_R.jpg便所跡
DSC09147_R.jpgここからは、第二砲台が見える

明日は第二砲台
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント