fc2ブログ

中島飛行機吉松地下軍需工場(吉見百穴では無い方)

R0010003_R_LI.jpg
前回大晦日に空母氏を連れて、浦賀狙撃陣地を回った翌日の元旦。とのさんからネタが入った、今から行こう!って
元旦はゆっくりするはずが、埼玉に拉致された。
R0010006_R.jpg
埼玉の戦跡と言えば吉見百穴(中島飛行機吉松地下軍需工場)と相場は決まっている
R0010009_R.jpg
今回行ったのはこっちでは無い方の地下工場跡だ、この二つは接続していない別物である
R0010012_R.jpg
とりあえず見学はやっていなかったので、周辺を見て回る
R0010013_R.jpg
以前は柵など無かったのに、近年の内に全ての壕口が見学路を含めて閉じられていた(見学用1ヵ所のみ開口)
DSC07073_R_2022042422304814e.jpg
第二の地下工場に進入する
DSC07076_R_20220424223049115.jpg
のっけからウエイダ―クラスの水没だ
DSC07079_R_2022042422305139e.jpg
左に曲がると巨大な二段掘りの途中だった
DSC07080_R_202204242230522ed.jpg
お正月の水温は冷たかった
DSC07083_R_2022042422305455f.jpg
キノコ型の掘り方が良くわかる
DSC07086_R_202204242341360d0.jpg
隣の主坑道に到着
DSC07087_R_202204242341372fb.jpg
主坑道は広い
DSC07088_R_202204242341406ae.jpg
右の枝抗部分も掘りかけのようだ
DSC07089_R_20220424234140d7e.jpg
さらに奥地に進む
DSC07091_R_20220424234142696.jpg
左方向にとにかく進む
DSC07092_R_20220424234144ec4.jpg
三本目の主坑道
DSC07093_R_202204252045451a8.jpg
一気に高さが減る
DSC07095_R_202204252045470b4.jpg
水中に潜っているので、普通に歩けるが頭上に余裕はない
DSC07096_R_20220425204548126.jpg
やっと上陸出来る
DSC07097_R_202204252045508c4.jpg
とのさんもやって来た、頭上ギリギリだ
DSC07098_R_20220425204551106.jpg
若干狭くなった壕内
DSC07100_R_20220425204553985.jpg
上陸ポイントは、こんな穴状をしている、掘削高さの失敗だろう
DSC07107_R_2022042520455477a.jpg
右下が上陸して来た穴
DSC07110_R_2022042520540721a.jpg
また水没の通路を進む
DSC07112_R_202204252054095b3.jpg
一番端の主坑道は、工場としてはかなり狭い、通路専用なのだろう
DSC07115_R_20220425205410cb6.jpg
キンチョールの蓋が落ちていた
DSC07117_R_202204252054121ff.jpg
最深部は土砂に埋まっていた
DSC07120_R_20220425205413131.jpg
枝抗に進む
DSC07121_R_20220425211942342.jpg
この壕は8割がた水没しているんじゃ無かろうか?
DSC07122_R_LI.jpg
突き当り
DSC07127_R_20220425211945745.jpg
この通路には、ちょっと面白いものがあった
DSC07128_R_2022042521194736e.jpg
ランプの煤で書いたハングルらしい落書き
DSC07132_R_20220425211948479.jpg
所々にあり、日本語には見えない
DSC07134_R_20220425211949428.jpg
掘削ロッドの刺した跡もあり、とのさんがストックを刺したら40cm程入った
DSC07137_R_20220425213428182.jpg
久しぶりに上陸した、足が軽い
DSC07142_R_202204252134302e7.jpg
でもすぐ水没、普通に歩くより、多少疲れる
DSC07148_R_202204252134332d6.jpg
枝抗はほとんどが斜めに掘ってある
DSC07150_R_202204252134344a3.jpg
主坑道も奥の方は、掘りかけが多い
DSC07153_R_2022042521343413c.jpg
強力ライトとウエイダ―が無いと、怖くてとても入れないんだろうな
DSC07155_R_20220425213436639.jpg
珍しく坑木が落ちている
DSC07162_R_202204252134373c8.jpg
こんな写真も撮れるから、二人以上が探索は面白い
DSC07166_R_2022042521344008e.jpg
壁に犬釘が複数刺さっている
DSC07173_R_202204252134405af.jpg
突き当りから何かが生えてる
DSC07176_R_202204262039000fd.jpg
トロッコ軌条の物と思われるレールだった
DSC07191_R_20220426203902b7b.jpg
大分天井の低い通路
DSC07194_R_202204262039039bc.jpg
上陸すると、トロッコ軌条が確認できる
DSC07210_R_20220426203905aae.jpg
DSC07214_R_20220426203906b92.jpg
DSC07224_R_20220426203908ec6.jpg
しばらく陸地をあるくと
DSC07237_R_20220426203909a69.jpg
床にコンクリートを引いたブロックに出た
DSC07238_R_2022042620391173a.jpg
物凄く粗いコンクリートで、こんな上に機械を置く事も不可能だ
DSC07243_R_2022042621011543d.jpg
粗い舗装路はしばらく続く
DSC07246_R_2022042621011747d.jpg
塞がった壕口と思われる所で終わっている、ダンプ等の車両の進入用舗装だったのか?
DSC07252_R_2022042621011901d.jpg
入り口らしい壁には、イニシャルや奈良の文字が掘ってある
DSC07255_R_202204262101211f3.jpg
簡易ランプの様な物が落ちていた
DSC07266_R_20220426214549c99.jpg
往き尽くしたかと思ったが
DSC07271_R_20220426214552d70.jpg
とのさんが隙間に潜り込む
DSC07269_R_202204262145507c6.jpg
何とか越えられそうだ
DSC07272_R_20220426214554eeb.jpg
新たな道が開けた
DSC07273_R_20220426214555833.jpg
一番端の主坑道のようだ
DSC07274_R_202204262145561f8.jpg
ついに終点に達したDSC07276_R_20220426223806229.jpg
出られず終了
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

元旦早々、お互い好きですなあ。笑
しかし、この壕の水没はすごかったですね。
特に、進入した付近の泥に足が潜る感触が何とも言えなかった…。
でも、水没はテンション上がって楽しいですね!

とのさん

お疲れさまでした!
おかげさまで楽しい正月を過ごさせてもらいました。
泥に足が沈み始めて、床で止まった時の安心感は何とも言えない。
今後もガンガン攻めて行こう!