fc2ブログ

夏島地下壕2022ー2

DSC08887_R_20220630150338229.jpg
道路側格納庫入り口の右側を見て行く
DSC08862_R_20220630150326ca3.jpg
入り口右側の際にある横坑1の入り口は、派手に崩落している
DSC08865_R_20220630150327997.jpg
入り口付近にしては、広げ過ぎて強度が足りなかったのだろう
DSC08866_R_20220630150329243.jpg
車やバイクが埋没しているが、埋め戻し時の廃棄物だろう
DSC08869_R_20220630150330520.jpg
道路側の開口部1
DSC08875_R_20220630150331e5a.jpg
奥の壁面を見ると、建築物を埋め込んだ柱の跡がある、木造の部屋になっていたのだろう
DSC08877_R_202206301503339d5.jpg
こちらも奥に通路がある
DSC08878_R_20220630150335c41.jpg
左側は道路側への開口部2
DSC08879_R_20220630150337557.jpg
右側は隣の横坑に繋げるつもりの拡張中と思われる
DSC08883_R_20220630153421987.jpg
本坑に出て隣の横坑2に入る
DSC08885_R_202206301534234d5.jpg
ここは残念ながらいつも水没が深い(ウエイダ―で探索済)
DSC08886_R_20220630153425c48.jpg
単独の一本物で、左側から横坑1と繋がる予定だっただろう
DSC08888_R_20220630153427dc8.jpg
本坑から僅かに開いている横坑3に滑り込む
DSC08889_R_20220630153428404.jpg
こちらも水没で、短めの長靴ではオーバーするだろう
DSC08891_R_20220630153430d8d.jpg
奥は横坑2方向に90度曲がっている。右側に木製の杭が刺さっている
DSC08893_R_20220630153431486.jpg
曲がると棚付きの壁面で終わるのだが
DSC08896_R_20220630153432de6.jpg
左に寄った奥行き40cm程の棚だが
DSC08898_R_20220630153434fed.jpg
角に穴が開いている
DSC08899_R_202206301602027d8.jpg
かなり深い、20cmぐらいの穴
DSC08902_R_20220630160205569.jpg
外に出て先端部分を確認
DSC08911_R_20220630160207f97.jpg
内部からあきひさ氏に照らしてもらう、貫通が確認できた
DSC08909_R_20220630160206346.jpg
巨大な十字路に戻る
DSC08915_R_202206301602086a2.jpg
海洋開発機構側に進む
DSC08920_R_20220630162329591.jpg
左側の壁に、同じような穴が開いている
DSC08921_R_202206301623302ab.jpg
どうやって掘ったのだろう
DSC08922_R_20220630162332d24.jpg
DSC08923_R_20220630162334905.jpg
少し離れてもう一本有る
DSC08929_R_20220630162338750.jpg
途中までは埋め戻しの先は、一部床面が出ている
DSC08926_R_202206301623356fe.jpg
端の方には米軍の穴あき鋼板が引いてある
DSC08927_R_2022063016233704c.jpg
中程は木工板になっている
DSC08935_R_202206301700063f0.jpg
また十字路に戻る
DSC08916_R_20220630170005b0f.jpg
最後の日産工場側
DSC08940_R_2022063017000817d.jpg
右側の倉庫壕
DSC08942_R_20220630170009946.jpg
内部はH型をしている
DSC08946_R_20220630170011bea.jpg
海軍色の残るペンキ缶
DSC08948_R_202206301700133da.jpg
H型の部屋部分が二つ
DSC08950_R_202206301700167bc.jpg
反対側から見ると、屋根部分の形状が変わって見える
DSC08949_R_202206301700150f9.jpg
反対側から本坑に戻る
DSC08955_R_202206301811410c2.jpg
今度は左側の倉庫壕に入る
DSC08956_R_20220630181143036.jpg
若干の崩落はあるものの、広くて綺麗だ
DSC08957_R_20220630181144d1e.jpg
右側
DSC08966_R_2022063018115324a.jpg
DSC08967_R_20220630181155e08.jpg
大きな金属の遺物、爆弾架に見えてしまう
DSC08958_R_20220630181146731.jpg
左側の小部屋は板張りだった様だ、無数の釘が飛び出している
DSC08960_R_20220630181147793.jpg
真っすぐ進むと右に曲がる
DSC08961_R_20220630181149fda.jpg
4m幅の広さがあるが、軽く水没
DSC08962_R_20220630181151a3c.jpg
右に細い通路がある
DSC08963_R_202206301811529e6.jpg
このまま本坑に出る
DSC08968_R_202206301832136a7.jpg
さて、格納壕から脱出しよう
DSC08969_R_20220630182517b4a.jpg
出口は二股に別れるが、左は埋没
DSC08970_R_20220630182518c81.jpg
脱出
DSC08971_R_20220630182520bae.jpg
壕を出ると、雨がかなり降っていた
DSC08972_R_20220630182522468.jpg
近くの壕口に入り様子を見る
DSC08973_R_20220630182523770.jpg
この壕はある意味一番見応えがある
DSC08974_R_202206301846225e3.jpg
右側にあるコンクリート巻きの小部屋、燃料置き場か?
DSC08977_R_20220630184623d16.jpg
左側の壁には、竈の様な跡と煙管がある
DSC08978_R_20220630184625a86.jpg
発電機台座
DSC08980_R_20220630184627432.jpg
壁面には防音材が張り巡らされている
DSC08983_R_2022063018462828f.jpg
電力は天井の碍子を伝わって左の通路に伝わる
DSC08985_R_2022063018463013c.jpg
通路を通って、この壕の本坑に入る
DSC08988_R_2022063019275874a.jpg
本坑左側
DSC09056_R_202206301945098f1.jpg
日産工場側開口部は封鎖
DSC09054_R_20220630192759d89.jpg
謎のコンクリート壁
DSC09055_R_20220630192801371.jpg
この中には一つの部屋が隠されている、以前入る事に成功したが、内部には特に何も無かった謎部屋
DSC08989_R_20220630192802c77.jpg
右側を向くと、魚雷庫のクレーン台座の脚部が並んでいる
DSC08994_R_20220630192804fda.jpg
金属クレーンは全て切り取られている
DSC09001_R_20220630192806bd9.jpg
結構一つは大きいサイズだ
DSC09006_R_20220630192807bb0.jpg
横の接続壕に進む
DSC09010_R_20220630192809f14.jpg
床面はコンクリート舗装
DSC09011_R_20220630192810199.jpg
碍子の数も半端ない
DSC09012_R_20220630195935ebf.jpg
ビジュアル的メインのクレーン壕
DSC09016_R_20220630195936466.jpg
こちらは木製支柱によるクレーンだった
DSC09020_R_20220630195938007.jpg
どんな形のクレーンだったか見てみたかったものだ
DSC09024_R_20220630195939aab.jpg
以前は僅かに1本だけ支柱が建っていた
DSC09746_R_202206302024078aa.jpg
過去画像
DSC09033_R_202206301959437bb.jpg
天井の吹き付けコンクリートは、現在進行形で崩れている
DSC09039_R_20220630195944c3b.jpg
床面はやはりコンクリート舗装
DSC09041_R_20220630195945b17.jpg
奥の扉は派手に崩れてしまった
DSC09756_R_2022063020240917e.jpg
戦跡はどんどん原型を失って行くものだと痛感する
DSC09057_R_2022063020295983d.jpg
この日は時間と雨のせいで、ここまでで終了とする

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あらら、クレーン壕の木枠、崩れちゃったんですね。
あれだけきれいな状態だったのに…。

とのさん

久しぶりに行って見たら、こんな有様でした。
綺麗な状態を記録で来て良かったけど、残念やね。
初心に戻った探索も、ええもんやで?