fc2ブログ

夏島地下壕2022ー4

DSC00257_R_2022070921284730e.jpg
回廊を戻って行く
DSC00259_R_20220709212849da0.jpg
次はこの銃眼の裏側に行く、これは内部に進入した敵に対する壕内にある銃眼
DSC00264_R_20220709212851dc2.jpg
ここから下の階層に潜る
DSC00269_R_2022070921285271c.jpg
コンクリートで扉を付けていた、成形部分を潜ると
DSC00271_R_20220709212854652.jpg
左側には丸い部屋がある
DSC00274_R_20220709212855147.jpg
右側にはさっきの銃眼がある
DSC00277_R_20220709212857cdc.jpg
銃眼は木製の扉を開閉出来るようになっていて、外部からこの通路に入って来た敵を狙い撃ち出来る
DSC00278_R_20220709212858a59.jpg
先に進むと左に土砂の流入が見える
DSC00280_R_20220709215215f27.jpg
土砂をかき分け登って行くと、抜き穴のようだ
DSC00281_R_20220709215217b42.jpg
しかし残念ながら掘削途中で終わっている
DSC00282_R_2022070921521934f.jpg
何か立っている
DSC00284_R_202207092152206a8.jpg
研NO10と書かれたケース
DSC00285_R_202207092152228df.jpg
細くなった通路をクランクして進むと
DSC00286_R_20220709215223f21.jpg
前回、裏側から見たコンクリートで塞いだ部分と穴
DSC00250_R_20220709220541156.jpg
この裏側だ
DSC00300_R_202207092152255a3.jpg
この穴もまた、銃眼として機能している
DSC00302_R_20220709215226be1.jpg
ミタツチゴムのエンブレム
DSC00289_R_20220709230824e22.jpg
コンクリートで入り口を成型した衛所と思える部屋
DSC00291_R_20220709230826573.jpg
2m程度の小さな部屋で、トタン板を巻いていた跡がある
DSC00303_R_20220709230828a02.jpg
横にある接続壕
DSC00304_R_2022070923082923f.jpg
ここは開口部だったのだろう
DSC00305_R_20220709230830051.jpg
反対側の通路
DSC00309_R_20220712192253a8f.jpg
広い部屋状の所に出る、左側はループしているので後で行く
DSC00310_R_2022071219225563d.jpg
右側に塞がれた開口部。手前の通路を左に
DSC00312_R_202207121922571b6.jpg
海洋開発機構側への開口部
DSC00313_R_20220712192259634.jpg
ガスボンベの置いてあるカマドがある
DSC00315_R_20220712192300eff.jpg
天井の煙管の掘り込み
DSC00320_R_20220712192302c14.jpg
主計課倉庫壕
DSC00322_R_202207121923039ce.jpg
左に曲がると木造倉庫が建っていた跡が良くわかる
DSC00323_R_202207121935532c6.jpg
左側には部屋がある
DSC00329_R_20220712193555c2b.jpg
主抗道に戻り、右側の部屋
DSC00331_R_20220712193557c46.jpg
見事に四角い
DSC00332_R_20220712193558db3.jpg
また主坑道に戻り左側に
DSC00335_R_20220712193600059.jpg
こちらも長い単独の部屋だが
DSC00336_R_20220712193602c06.jpg
奥に一回り狭い部屋がある
DSC00337_R_20220712203904ace.jpg
また、主坑道を右へ
DSC00339_R_20220712203906291.jpg
小さな部屋が並ぶ通路
DSC00340_R_2022071220390858e.jpg
左にある部屋
DSC00342_R_202207122039104ee.jpg
次は右に
DSC00343_R_20220712203911338.jpg
床が一段低くなって、水没している
DSC00344_R_20220712203912f97.jpg
更に左にも似たような部屋
DSC00348_R_20220712203914f25.jpg
天井に古い配管がある
DSC00349_R_202207122039167f6.jpg
戦後に壕口から電気の供給をしていたのだろう
DSC00350_R_2022071220391647a.jpg
このエリアを出る
DSC00351_R_20220712210315684.jpg
主坑道をまた左に
DSC00353_R_202207122103175ae.jpg
右側に窪み状の部屋がある
DSC00354_R_20220712210319161.jpg
奥の部屋
DSC00358_R_20220712210321084.jpg
主坑道最後の部分
DSC00359_R_20220712210322d24.jpg
左側は広がっているだけ
DSC00360_R_20220712210323785.jpg
右側はコンクリートの出入口の跡
DSC00363_R_202207122103247df.jpg
主坑道を引き返す
DSC00364_R_202207122103269e5.jpg
竈に戻って来た
DSC00365_R_20220712210328efb.jpg
ここに人一人分の通路がある
DSC00366_R_20220712213809861.jpg
中は串状の部屋が一つ
DSC00367_R_20220712213811a76.jpg
左右に2mほどの広がり
DSC00370_R_20220712213812755.jpg
ループして、来た通路に接続する
DSC00381_R_20220712213814ace.jpg
一回りしたので主計課地下壕を脱出する


DSC00382_R_2022071222033281b.jpg
近くに小さな壕があったはずなのだが、土砂に埋もれて見つからない
DSC00383_R_202207122203336e0.jpg
場所は特定出来るので、掘り起こした
DSC00384_R_202207122203359c4.jpg
入って右側の部屋
DSC00386_R_202207122203376db.jpg
残留物がゴロゴロしている
DSC00388_R_20220712220337787.jpg
航空機のメーター等の目ぼしい物は既に持ち去られている
DSC00390_R_2022071222034053d.jpg
デカいスパナ
DSC00391_R_20220712220341c65.jpg
奥行きはあまり無い、左は埋まった壕口
DSC00397_R_20220712220342607.jpg
右も浅い部屋
DSC00398_R_20220712220343523.jpg
ピストンヘッドが落ちている
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

雨だったのにご案内して頂いてありがとうございました🙇‍♂️。
ガスボンベの所、以前来た時はガスの匂いがしていたのにこの前はしなくなっていましたね。
時間はどんどん過ぎていくのを改めて実感しました。

あきひさ氏

ガスは臭ったこと無いな?
近くに動物の死体があったのかもね。
内部の破損で時間の経過を感じるね。