fc2ブログ

長者ヶ崎砲台2022

DSC09075_R_20220716231218f4c.jpg
空母氏念願の長者ヶ崎砲台を案内する
DSC09073_R_2022071623121532d.jpg
駐車場の下には銃眼と言われるコンクリートの塊が落ちている
DSC09078_R_20220716231220944.jpg
この砲台と江の島砲台で、サザンビーチを守護する
DSC09074_R_20220716231217a04.jpg
以前は見えていた砲室も、見えなくなってしまった
DSC09082_R_20220716231221b97.jpg
以前の記憶とログを頼りに山を探す
DSC09083_R_2022071623122399f.jpg
上手く直上に出た
DSC09084_R_20220716231225efa.jpg
通信室と思われる所
DSC09087_R_20220716231226735.jpg
状態は相変わらずだ
DSC09089_R_20220716231228dad.jpg
奥の出入口も、相変わらず埋まっている
DSC09093_R_202207162312296ed.jpg
外には土塁の替わりか、円形に石垣を組んである
DSC09099_R_20220718190726e95.jpg
そこから少し登ると
DSC09100_R_20220718190728f17.jpg
観視所がある
DSC09105_R_2022071819073065e.jpg
観視所の中には、謎施設への通路がある
DSC09106_R_202207181907311ba.jpg
まずは空母氏が突入して行く
DSC09107_R_202207181907335e2.jpg
あきひさ氏がスルリと入って行く
DSC09108_R_2022071819073466a.jpg
とのさんも頑張る(入り口はこれしかないと言ってある)
DSC09110_R_202207181907363a1.jpg
あきひさ氏が地下施設に突入する、ちなみにこれは足場のない3mの縦穴なので真似をしないように
DSC09118_R_202207182035484c6.jpg
自分は安全な外部通路から入る
DSC09119_R_20220718203550686.jpg
監視所から降りて来たあきひさ氏にばれた
DSC09121_R_20220718203551e63.jpg
途中で気が付いたとのさんが追いかけて来たが挟まる
DSC09124_R_20220718203553d88.jpg
総コンクリートの部屋が4つある謎の地下施設、防湿用のタールが塗ってあるようだ
DSC09126_R_20220718203555078.jpg
隣の部屋に移る
DSC09127_R_20220718203557f70.jpg
隣に部屋全景、左上にあるのがダクト状の通路で奥が本来の出入口だ
DSC09128_R_2022071820355839e.jpg
ダクト部は大谷石で出来ており、いつこのように折れて崩れるか判らないので、進入はお勧めできない
DSC09130_R_20220718210654ec9.jpg
入り口は完璧に埋まっているが、横のダクトの長さは約10m、入り口は本当にすぐ外部だったのか?天井の崩落か?
恐らく終戦時、機材を運び出した後の入り口爆破では無いだろうか?
DSC09132_R_20220718210657615.jpg
異変に気が付いた空母氏も追いかけて来た
DSC09140_R_20220718210703a15.jpg
完全コンクリート製の屋内なのに、やたらとガレが多いのは、機材搬出時に埋設した床面を掘り起こしたからだろう
DSC09131_R_20220718210655ede.jpg
3つ目の部屋全景、山側の部屋2つには防湿用タールが施されていない
DSC09136_R_2022071821065819b.jpg
各部屋に一つずつあるダクト状の通路、銃眼だと言い張りたくなるが、完全に違う
謎なのは海側ならともかく、完全な地面の下となる山側にも伸びている事だ、煙突状だったのか?DSC09138_R_202207182107004d7.jpg
こんなに立派な完全コンクリートの施設は地下としては珍しいと思う
DSC09139_R_20220718210702dda.jpg
4つ目の部屋に向かう
DSC09153_R_202207182146342d8.jpg
山側に伸びるダクト、ゆるく曲がっている、手前には電路と思われる切り欠きもある
DSC09155_R_202207182146375d8.jpg
一度大谷石を組んでから埋設しているのだろう、コンクリートの節約か
DSC09154_R_202207182146350ab.jpg
壁にある丸い穴、隣の部屋に繋がっている
DSC09142_R_20220718214627e60.jpg
4つ目の部屋全景
DSC09143_R_20220718214628424.jpg
右上の穴は、地上の監視所に繋がっている、あきひさ氏はここから進入した
DSC09144_R_20220718214629985.jpg
二本ほど鉄パイプが連絡している
DSC09145_R_20220718214631dca.jpg
円筒状の監視所
DSC09152_R_20220718214632f65.jpg
測距儀等を置くスペースが無いので、ここでは監視所としておく
DSC09156_R_20220718222946776.jpg
とのさんが360度カメラで撮影してる
DSC09162_R_20220718222948c79.jpg
後は各々好きに見て回る
DSC09166_R_202207182229516f9.jpg
さて、脱出しよう
DSC09170_R_20220718222953f5a.jpg
まさに脱出だな


DSC09173_R_20220718225808921.jpg
そこから左に移動すると石垣が見えて来る
DSC09175_R_202207182258091c8.jpg
続いてコンクリートの砲室が出て来る
DSC09176_R_202207182258114b1.jpg
相変わらずの散らかり方だ
DSC09180_R_20220718225815f5a.jpg
天井のフックはオリジナルだが、鎖は戦後の物だろう
DSC09179_R_20220718225814026.jpg
中央の砲のアンカーボルトが奇麗に残っている
DSC09178_R_202207182258134dd.jpg
砲身を格納する為の溝
DSC09181_R_20220719205222dc5.jpg
砲室向かって右側の部屋
DSC09184_R_20220719205223243.jpg
半分は爆風除けに塞がれている
DSC09185_R_20220719205225a3f.jpg
即応弾薬庫なのだろう
DSC09188_R_20220719205226ef2.jpg
左側に向かう
DSC09189_R_20220719205228b99.jpg
奥は用具室か
DSC09190_R_20220719205230cef.jpg
僅かに覗いた床面コンクリートには、滑り止めの格子が掘られている珍しい物だ
DSC09192_R_20220719205231aed.jpg
第一砲台正規出入口は埋没している。ここと制反対側の第二砲台と繋がっているなんて夢の様な話もある様だ
DSC09193_R_20220719205232767.jpg
以前は広場になっていた砲室前もジャングルと化している
DSC09198_R_202207192052343a2.jpg
掻き分けて見た砲室からの眺め

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

まさに悲願の長者ヶ崎砲台でありました!

謎の施設からの観測所はアドレナリン漏れ漏れでしたw
Σ(゚д゚) エッ!? ここいくん?状態でしたからね💦 
砲室も残存するアンカーボルトに床の滑り止め処理と素晴らしい遺構でした(^^)/

空母氏

やっと連れて行く事が出来て良かった!
某有名サイトでも、実際に入って無いからとんでもない架空のトーチカにされとるもんね。
砲室はゴミを撤去して、綺麗にしてみたいもんだね。

No title

これだけ狭い所に突入したのは、大井海軍の谷側から水没区間に抜けた岩の隙間以来だったよ。
いやマジで、引っ張って貰えなかったら自力で出られなかった。笑

とのさん

とのさんもコロナ太りやね!
まぁここしか出入口無いからね。
その内あきひさくんが広げといてくれるよ。
しかし最初に行ってから大分月日が経って、全く見えないぐらい木々にうもれてしまったね~