fc2ブログ

観音崎砲台 第三砲台観測所及び大浦堡塁

DSC01083_R_20220921120511e81.jpg
三軒屋砲台掩蔽部
DSC01084_R_20220921120514ea1.jpg
迷彩の残る砲座を横目に見ながら第三砲台を目指す
DSC01085_R_20220921120514a01.jpg
道中陸軍の標石が並んでいる
DSC01086_R_20220921120516ffa.jpg
観音崎公園の園路は基本的に当時の軍道を整備拡張してある
DSC01087_R_20220921120517b88.jpg
拡張整備の際に抜かれた物、埋められた物も多々ある
DSC01088_R_20220921120519dfb.jpg
路肩を良く捜すと、まだ結構な数が確認できる
DSC01091_R_20220921120520e25.jpg
切り通しの付近には、砲台への門柱の片方が残っている
DSC01093_R_20220921120524d06.jpg
旧火薬庫の屋根が眼下に見える
DSC01096_R_2022092113531036a.jpg
大浦堡塁に立ち寄る
DSC01097_R_20220921135312668.jpg
大浦堡塁は直接湾内に進入した敵艦を攻撃するのではなく、砲台の裏側から攻めて来る敵に対する防御陣地だ
現在は公園化の為、壁の一部と階段の一部のみが残る
DSC01102_R_202209211353158fc.jpg
9糎カノン砲右翼砲座
DSC01103_R_202209211353170d8.jpg
DSC01104_R_202209211353175a0.jpg
明言されていないが、進徳丸の錨なのだろう
神戸高等商船学校の練習帆船として竣工、1944年9月に三菱造船神戸造船所で帆装が撤去され汽船練習船となるが、その後石炭輸送に従事していた。1945年(昭和20年)7月24日に米軍の艦載機の攻撃を受け、火災を伴う大きな被害を受け、着底した。
1946年(昭和21年)8月19日に浮上修理後練習船となるが、引き揚げ輸送等にも従事。
1963年(昭和38年)3月31日に廃船となった。1923年起工から40年と長い航海だった。
更に1995年の阪神・淡路大震災により台座が損傷、修復不能となる1966年まで、船体は残されていた。約76年と長寿の船だった。
DSC01105_R_20220921143955b85.jpg
戦没者慰霊碑に一礼し次に向かう
DSC01106_R_2022092114395768f.jpg
第三砲台(旧第四砲台)到着、旧第三砲台が除籍となった為、繰り上げとなった。
更に入り口に第一展望台などと書かれている為、非常にややこしくなっている。
DSC01107_R_20220921143959689.jpg
トンネルを通らないと行き来出来ない砲台
DSC01108_R_20220921144000705.jpg
切り通しがエモい
DSC01111_R_20220921144002799.jpg
山によじ登る
DSC01112_R_20220921144002527.jpg
かすかに道の形跡が最初はあるが
DSC01114_R_202209211440050dc.jpg
途中から全く無くなり、判別不明になる(横はガケ)
DSC01115_R_202209211440068a6.jpg
途中、地滑りで完全に寸断されるので、お勧めは出来ない
DSC01116_R_20220921150552c4b.jpg
諦めかけた頃、やっと姿が見えた
DSC01120_R_202209211505545a9.jpg
第三砲台には右翼、左翼共に観測所が現存しているので、この観測所は旧第三及び三軒屋砲台等と共有の山頂観測所だろう
DSC01122_R_20220921150555ed0.jpg
風雨に晒され、地盤が危うくなっている、いずれ滑落する時が来るだろう
DSC01123_R_20220921150557b9a.jpg
既に半ば割れているが、これが近年の崩壊か、関東大震災の被害かは不明
DSC01124_R_20220921150558989.jpg
この観測所は他に類を見ない円筒形構造をしている
DSC01126_R_20220921150601fe6.jpg
中に入ると床面はコンクリート製
DSC01125_R_202209211528128fb.jpg
内径は2m無いぐらいで、観測器を置いたらえらい手狭だ、内壁も高く胸の高さほどある
DSC01136_R_20220921152823341.jpg
観測所入り口
DSC01127_R_202209211528150de.jpg
刻印煉瓦も多用されている
DSC01128_R_20220921152815e70.jpg
小菅集治監の複弁の刻印
DSC01133_R_20220921152820da3.jpg
何らかのフックが並んでいる
DSC01129_R_202209211528170a5.jpg
測袁基台は煉瓦をモルタルで塗ってある
DSC01135_R_202209211528225a3.jpg
土台も煉瓦だ
DSC01137_R_20220921213020a8f.jpg
小さいが、とても良い遺構なので、同好の人は見付けて欲しい物だ
DSC01140_R_202209212130222e7.jpg
帰りは尾根ルート(本来の軍道)から戻る(行きは倒木で迂回して来た)
DSC01142_R_20220921213022544.jpg
するとすぐそばに3本の測袁基台が現れる
DSC01146_R_20220921213026e35.jpg
夏なんかに来るもんじゃ無いな
DSC01144_R_20220921213026c92.jpg
なぜここに露天で台座だけあるのかは不明だ
DSC01147_R_20220921213027af2.jpg
八角形の台座で測袁基台には間違いないだろう
DSC01151_R_20220921213027b01.jpg
下界に降りて来た
DSC01153_R_20220921213030035.jpg
ガキの頃は何も考えずに飛び込み台として遊んでいたこれも、砲台遺構だ
DSC01154_R_2022092121303205b.jpg
資材運搬から砲弾陸揚げに至るまで使われた桟橋とレールの跡が見る目を変える
DSC01165_R_202209212130326eb.jpg
さて、横浜に帰るとしよう!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

観測所の状態

yakumo様、こんにちは!

件の観測所、ずいぶん風化が進んでいますね。この崩れ方だと、そう遠くないうちに崩れてそうです。

ふと近所にある鉱山跡を思い出しました。あそこにも遺構が残っているのですが、けっこう劣化状態が凄くて...。記録できるうちに見ておこうと、捜索したのを覚えています。

うらたつき様

ご覧いただきありがとうございます!
パックリ割れていつ崩れても不思議は無い状態です。
北海道の浮かぶトーチカも自分が見た二週間後に地に落ちてしまったので、なるべく行ける機会に記録しておきたいものですね。