fc2ブログ

韮崎七里岩地下壕群(立川飛行機疎開地下工場)本坑1本目

DSC02248_R_202210072250248e8.jpg
とのさんと合流して1本目の壕を見て行く
DSC02251_R_202210072250204d0.jpg
右側本坑唯一の右側の横坑
DSC02252_R_202210072250228a8.jpg
こちらの壕は見学コースになっていて、案内看板が多い
DSC02253_R_202210072250249f4.jpg
本当に1cmぐらいの径二なっていた
DSC02254_R_20221007225026131.jpg
触るとポッキリ折れそうなぐらい
DSC02249_R_20221007225022aa2.jpg
坑木の類も沢山落ちている
DSC02258_R_20221008185017012.jpg
横坑は反対側にも伸びているが隣へ貫通はしていない
DSC02310_R_20221008212747501.jpg
DSC02264_R_20221008185024d2c.jpg
DSC02273_R_20221008185026261.jpg
DSC02262_R_202210081850214db.jpg
DSC02277_R_20221008185029263.jpg
残っている犬釘
DSC02271_R_202210081939534a8.jpg
この横坑は意外に深く、もう少しで貫通していただろう
DSC02276_R_20221008194000af9.jpg
DSC02274_R_20221008193957b49.jpg
地下壕の突き当りでよく見かける穴
DSC02272_R_20221008194002a4f.jpg
奥には坑木が多数残る
DSC02280_R_2022100819400770c.jpg
DSC02281_R_202210081940064fa.jpg
主坑道には良く見ると枕木の跡や窪みが見える
DSC02282_R_20221008194010182.jpg
主坑道のこの部分には坑木が複数立っている
DSC02284_R_20221008195550b34.jpg
DSC02283_R_20221008195548361.jpg
どこの地下壕にも、立っている坑木は殆どない
DSC02285_R_20221008195551eff.jpg
矢板、掘削によってできる土壁が崩れないように押える為の土留板
DSC02287_R_20221008195553665.jpg
DSC02289_R_20221008195557ae7.jpg
DSC02288_R_20221008195555fd4.jpg
見慣れた鎹だが、碍子と共に地下壕に似合うアイテムだ
DSC02292_R_20221008212741129.jpg
左側の横坑
DSC02291_R_20221008212739b32.jpg
最終地点、掘削途中で終戦
DSC02294_R_20221008212742898.jpg
引き返そう
DSC02300_R_20221008212745ca0.jpg
二段掘りの所に戻って来た
DSC02301_R_202210082127451ab.jpg
ちょっと登って見たくなった
DSC02304_R_20221008212747758.jpg
予想以上に狭かった、しかも崩れる
DSC02305_R_20221008222620fd2.jpg
とのさんにフォーカスされた


DSC02320_R_202210082223215f4.jpg
久しぶりに外に出たら眩しい
DSC02321_R_202210082223226c0.jpg
靴を洗うとのさん、便利な車だ
DSC02326_R_20221008222325d54.jpg
田んぼの中に車を停める
DSC02328_R_202210082223253bf.jpg
周辺の斜面を調査するも、住宅が多い
DSC02331_R_20221008222326bc7.jpg
山越えの古道を発見するも、戦跡とは関係ないだろう。探索終了
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

だいぶ冷えてきたし、草が冬枯れしたら、この周辺も再調査に行きましょう!!

とのさん

この辺の情報を仕入れたいですね、かなり封鎖したとあるけど、まだまだ残っているはずなので、探しに行きましょう!
とのさん最後まで入ってないしね。

はい