由良要塞 友ヶ島 第三砲台 その2

DSC09392_R_20130329202531.jpg地下一階通路を抜けると砲座がある、本来この通路には地下二階の弾薬庫から砲弾を上げる揚弾井の穴があるのだが、第三砲台は観光用にコンクリートで埋めてある
DSC09393_R.jpg第四砲座全景、基本構造は第四砲台と変らないのだが、整備具合は歴然だ
DSC09394_R_20130329202534.jpg砲座に水は溜まっているものの、普通に歩いて行ける
DSC09395_R.jpg砲座の上に上がる階段、上には砲台長位置などがある
DSC09397_R.jpg幼児用プールの様な28cm榴弾砲砲座
DSC09398_R_20130329212334.jpg砲座間の地下一階通路を通る、間にある登り階段を登る
DSC09399_R.jpg階段も無く、上れない狭い空間に出る
DSC09400_R_20130329212337.jpg後に紹介する砲台長位置の下側だ
DSC09401_R_20130329212339.jpgこの第三砲座には草木は茂るが、水は溜まってない
DSC09402_R_20130329212341.jpgこれは砲座上に上がった塹壕通路だ、砲台長位置に繋がる
DSC09404_R_20130329213101.jpg下の第三砲座を見下ろす
DSC09405_R_20130329213102.jpg塹壕沿いに歩くと砲台長位置が藪の中に見える
DSC09406_R_20130329213104.jpg砲台長位置全景
DSC09407_R_20130329213105.jpg円筒形の突起がある、観測用望遠鏡でも置いていたのだろうか?
DSC09408_R.jpgさっき下から見上げた穴
DSC09409_R.jpg塹壕通路の形が分かるだろうか
DSC09410_R.jpg第二砲座は、水が多い
DSC09411_R_20130329213601.jpg砲座間通路も水浸しだが、中洲状に揚弾井後が見える
DSC09413_R_20130329213602.jpg第二砲座全景
DSC09414_R_20130329213604.jpg砲座間地下二階弾薬庫に下りる階段
DSC09415_R_20130329214854.jpg第一砲座への通路、揚弾井後がある
DSC09416_R_20130329214855.jpg天井のレールは腐食している
DSC09417_R_20130329214857.jpg第一砲座は鬱蒼と茂った樹木で暗い
DSC09418_R.jpg上部への階段
DSC09419_R_20130329214900.jpg砲座、伝声管
DSC09420_R_20130329215518.jpgこの通路を登ると
DSC09421_R.jpg井戸の遺構があるのだが、また見たくない物が横たわっている(手前)
DSC09423_R.jpg珍しく囲いがある
DSC09424_R_20130329221244.jpg元の所に戻って来た
DSC09426_R_20130329221246.jpg左奥の階段を登ると観測所があるのだが閉鎖されていたので、行かなかった
DSC09427_R_20130329221248.jpg左、看守衛舎と右、電灯所(発電所)遺構
DSC09428_R_20130329221249.jpg濾過槽付きの井戸
DSC09430_R.jpg前に紹介した刻印を二種類見つけた
DSC09431_R_20130329221920.jpg電灯所(発電所)天井は瓦が落ちてしまっている
DSC09432_R_20130329221922.jpg第三砲台を振り向く
DSC09433_R_20130329221923.jpg看守衛舎、砲台は常に兵が居る訳ではなく、ここに居る守人から連絡が入ったら集まってくる。
DSC09434_R_20130329221925.jpgレトロな台所
DSC09435_R_20130329222937.jpg
DSC09436_R_20130329222938.jpg
DSC09438_R_20130329222940.jpg
DSC09440_R_20130329222942.jpg
DSC09441_R_20130329222944.jpg
DSC09443_R_20130329223332.jpg
DSC09442_R_20130329223331.jpg
DSC09444_R_20130329223333.jpg
DSC09445_R_20130329223335.jpg
DSC09446_R_20130329223336.jpg
DSC09439_R_20130329223541.jpg第三砲台裏門(正規?)
DSC09437_R_20130329223540.jpg電灯所(発電所)
DSC09448_R.jpgアート
DSC09449_R_20130329223544.jpg
DSC09450_R.jpg
DSC09451_R_20130329224008.jpg
DSC09452_R_20130329224009.jpg
DSC09454_R_20130329224011.jpg名残惜しいが、第三砲台を後にする
DSC09455_R_20130329224012.jpgさらば友ヶ島第三砲台
DSC09456_R_20130329230159.jpg汲み取り遺構にベンチが着いている
DSC09457_R_20130329230201.jpg右の林の中に黒く塗った石柱が有った
DSC09461_R_20130329230203.jpg幾つか並んでいる
DSC09462_R_20130329230204.jpgまとめて捨ててある
DSC09463_R_20130329230631.jpgこれを登れば電灯所があるらしいが、行きそびれた
DSC09465_R_20130329230632.jpg斜面に壕がある
DSC09466_R_20130329230634.jpg下って左に折れて終わりであった
DSC09467_R_20130329230635.jpgまた違う壕
DSC09469_R_20130329231059.jpg排水設備
DSC09470_R.jpg排水溝が延々と続く
DSC09472_R.jpg最後の壕
DSC09474_R.jpgそして友ヶ島に別れを告げる


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

今は電灯所の道標がありますが、5年ほど前までは無かったので、探してしまいました。
第3砲台の補助観測所などもあるので、是非とも再訪してください。

No title

> kan さん
是非とも再訪したい物ですね、しかし、和歌山は遠いです。
横浜から現地までの移動に一日、島内探索に二日、は欲しい所です
実は二日目は最終便で船に乗り、新幹線に乗ろうとしたら、間に合わずに
友人宅にご厄介になりました。
友人も単身赴任期間が終わり、こっちに戻っているので、行きづらい状態です。
呉なども訪れたいのですが、連休が全然取れません。
kan さんのブログを拝見し、羨ましくてしかたがありません。

今後とも探索頑張って下さい。