fc2ブログ

歩兵426連隊本部壕(空母氏ご案内)

DSC04264_R_20230210192140e53.jpg
土曜の夜に仕事から帰ったら、空母氏に千葉を案内しろと拉致された、今仕事から帰ったばかりなのに・・・
DSC04267_R_20230210192143713.jpg
最近ルートに倒木が多く、夜間だとちょっと苦労した
DSC04268_R_20230210192143ea5.jpg
空母氏のオーライトは三色の光を出せる、今日はその試運転に来たかったらしい
DSC04271_R_20230210192146248.jpg
最初のT字路
DSC04272_R_202302101921462a9.jpg
左は壕口
DSC04273_R_20230210192150805.jpg
右に曲がりすぐに左に
DSC04274_R_2023021019214901f.jpg
変態ライトは意外に面白い
DSC04275_R_202302101921532e0.jpg
空母氏は気に入ったようだ忙しく切り替えている
DSC04277_R_20230210203344f8a.jpg
またT字を左に曲がる
DSC04278_R_20230210203346eff.jpg
また同じ方向に壕口がある
DSC04279_R_20230210203347efb.jpg
右側に長い通路を進む
DSC04280_R_202302102033506e3.jpg
道が狭まる
DSC04281_R_2023021020335036e.jpg
反対側の壕口だ
DSC04282_R_20230210203353702.jpg
この先に立坑があるのだが、夜間は危険な為断念する
DSC04283_R_2023021020335324e.jpg
元来た壕口まで戻る
DSC04286_R_20230210203355700.jpg
DSC04285_R_202302102033550e2.jpg
DSC04287_R_2023021020335919c.jpg
遊ぶのも忘れない空母氏
DSC04292_R_202302102053355f1.jpg
最初の壕口から、右側に移動する
DSC04291_R_20230210205333e89.jpg
小森さんいっぱいでかわいい!
DSC04296_R_20230210205438919.jpg
最初の部屋は半埋没している
DSC04297_R_20230210205339f39.jpg
そのおかげで貴重な支保工がそのまま残っている
DSC04298_R_2023021020534261f.jpg
ほぞの切り方、鎹の打ち方など参考になるし、天井部は板を貼って落盤を防いでいる
DSC04299_R_2023021020534244b.jpg
左横に大きな連絡通路がある
DSC04300_R_20230210213954a0a.jpg
崩落の狭い隙間を通って行く
DSC04301_R_2023021021395872e.jpg
崩落部を抜けると広い棲息部になる
DSC04303_R_20230210213958d52.jpg
この通路は低く、横の部屋以外立つことは出来なくなる
DSC04305_R_202302102140024c0.jpg
ビンマニアが何か拾ってくる
DSC04308_R_20230210214002b52.jpg
ビンマニアの薬瓶
DSC04310_R_202302102140036e5.jpg
頭をかがめたまま歩くのは、結構苦痛だ
DSC04311_R_20230210214005a0b.jpg
立坑の接続部はゴミが流れ込んでいる
DSC04312_R_20230210214917f4f.jpg
肉球スタンプ
DSC04315_R_20230210214920d13.jpg
残りの部分を好きに回ってもらう
DSC04313_R_20230210214920808.jpg
小森さんが落ちている、珍しい
DSC04317_R_20230210214922b2b.jpg
ここはこの壕唯一の場所
DSC04318_R_2023021021492425f.jpg
銃眼だ
DSC04319_R_202302102149251ff.jpg
最深部の壕口
DSC04323_R_202302102149276a8.jpg
夜中の山の中を歩いて行く
DSC04324_R_20230210215500fba.jpg
最後に外部にある掩蔽部を見て行く
DSC04325_R_20230210215503caf.jpg
入り口部はきへいさんとあきひさ氏により清掃されているのですぐに判る状態になっている
DSC04326_R_20230210215504d30.jpg
入るとすぐに右に分岐
DSC04327_R_20230210215507351.jpg
すぐに右
DSC04328_R_20230210215507fb6.jpg
また左
DSC04329_R_2023021021550897c.jpg
そしてゲジ溜まりで行き止まり
DSC04330_R_202302102155095d9.jpg
分岐に戻る
DSC04331_R_20230210215510791.jpg
正面方向に進み
DSC04332_R_20230210215513172.jpg
左に曲がると、水没の行き止まり。糧秣庫か何かだろう
IMG_0693_R_20230210220848b73.jpg
20221229_214921_R.jpg
探索を終えて、閉店間際の旭の湯へ、出ると同時に閉店だった
IMG_0694_R_20230210220848233.jpg
この日の寝床は道の駅
IMG_0695_R_20230210220851f50.jpg
既に明日になる寸前だが、興奮の冷めない空母氏と語り合い就寝した
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

大晦日が近いのに

夜戦の藪漕ぎシビレマシタ~!
方向感覚には自信あったんですが、光が無いとここまで狂うとは…💦(昼間ならなんてことないのかもしれませんが)
まっそれも含めて、素掘りの距離ある陣地楽しめました(^^)/

空母氏

やっぱり探索は夜戦だよね!
昼間と違ってドキドキ感が半端ないわ
壕内に入ってしまえば昼も夜も関係無いしね。
さすがに立坑は危ないからやめたけどね、行きたかったらまた行こうね!
てか、早く記事書け!内部忘れるぞ?