観音崎砲台ガイドツアー

3月24日に行われた、観音崎砲台ガイドツアーに参加してきた。
「東京湾要塞」のH.Pで有名なデビット佐藤さんが、ボランティアでガイドをしてくれる
観音崎公園ビジターセンター 主催の催しで、年4回行われる、前回までは先着順であったが
今回からは抽選となった、抽選で当選すると、ビジターセンターから電話が来るので、説明もその時に
受ける事になる、参加費用は無料である。
観音崎砲台ガイドツアーの募集ページを張っておくが、いずれ消えるだろうから、県立観音崎公園のH.Pか「東京湾要塞」のH.Pで次回等確認して下さい。
11時開始なので、それまで少し下見がてら軽く周る、ツアーの時だと他人が写ってしまうからと、一般ツアー
では行かないだろう所に行く為だ。
DSC00021_R_20130331142908.jpg南門砲台28cm榴弾砲レプリカ
DSC00032_R.jpg第三砲台
DSC00041_R.jpg第三砲台左翼観測機台座DSC00047_R.jpg第三砲台かくれ観測所
DSC00050_R.jpg第三砲台右翼観測所
DSC00057_R_20130331143754.jpg旧第三砲台
DSC00061_R_20130331143755.jpg第二砲台計算室
DSC00070_R.jpg第二砲台右翼観測所
DSC00079_R.jpg第二砲台砲座
DSC00106_R.jpg防二〇三
DSC00107_R.jpg山中の小屋
DSC00111_R.jpg第四砲台
DSC00119_R.jpgぬこ
ぬこと遊んでいる内に、11時を迎える、ビジターセンターに潜入する
DSC00123_R.jpg右腕を骨折したゴジラが出迎える、たたら浜と言えばゴジラである
DSC00124_R.jpgセミナー室
P1010522_R.jpg午前中は座学で12時より30分昼食
P1010524_R.jpg点呼の後、ツアーに出発する、オレンジの上着の人がガイドのデビット佐藤さん
DSC00126_R.jpgさて、状況開始である
DSC00127_R.jpgまずは第一砲台
DSC00132_R.jpg案の定写真処ではない、初めてではないからいいけど
DSC00133_R.jpg横檣下の弾薬庫
DSC00135_R.jpgカメラとライトを突っ込む、左右に部屋がある様だ
DSC00137_R.jpg用途不明の小さめの壕口
DSC00139_R.jpgこの石は第二砲台の破壊した砲座の胸檣を使っている
DSC00151_R.jpg第二砲座予備砲弾置き場
DSC00155_R.jpg桜の刻印のレンガ
DSC00153_R.jpg第三砲座
DSC00154_R.jpg左翼観測所一部
DSC00157_R.jpg横檣下の弾薬庫は隙間も無い
DSC00159_R.jpg大浦堡塁
DSC00160_R.jpg砲座への階段、1段のみ残存
DSC00161_R.jpg右翼砲座の胸檣
DSC00162_R.jpg案内板
DSC00164_R.jpg真下を見る
DSC00168_R.jpgめがね橋を渡った右にある陸軍柱、この先いっぱいある
DSC00169_R.jpg腰越堡塁
DSC00171_R.jpg中央横檣
DSC00173_R.jpg左翼横檣
DSC00177_R.jpg左翼砲座
DSC00184_R.jpg三軒家砲台
DSC00188_R.jpg見張所
DSC00191_R.jpg門柱
DSC00193_R.jpg二つある掩蔽部
DSC00195_R.jpg左側に入る
DSC00196_R.jpg内部
DSC00197_R.jpg奥はブロックで塞がれている
DSC00207_R.jpg反対側から見る
DSC00202_R.jpg砲座に行く
DSC00204_R.jpg先回りして隣の砲座を撮影、迷彩模様はこの三軒家砲台のみ
DSC00205_R.jpg元に戻り説明を聞く
DSC00208_R.jpg掩蔽部
DSC00213_R.jpg付属室へ向かう
DSC00214_R.jpg普段は入れない付属室
DSC00215_R.jpg中はゲジゲジの巣になっている
DSC00218_R.jpgお年寄りばかりなので、平気で入って来る
DSC00222_R.jpgその上の観測所
DSC00238_R.jpg切り通し下からめがね橋を見る
DSC00240_R.jpg観音崎健康ラドンセンター、今で言うスパだが大分前に閉店
DSC00242_R.jpg青少年の村、旧地上式弾薬庫1,2号棟
DSC00244_R.jpg同3号棟
DSC00245_R.jpg観音崎トンネルの中にも当時は横に弾薬庫が掘られていたそうだが、跡形も無いDSC00248_R_20130331170157.jpgたたら浜のトーチカ
DSC00250_R_20130331170158.jpg潮位観測柱(参加者の中に昔目盛が書いてあるのを見たとの証言あり)
DSC00251_R_20130331170200.jpg映画、初代ゴジラはたたら浜に上陸した、この像は風化によりこの世を去った
DSC00253_R.jpg足跡だけを残して
DSC00255_R_20130331170204.jpgこの後、解散となる
DSC00257_R.jpg南門砲台のアンカーボルト
DSC00118_R.jpgまたぬこに逢った
fCB3kXuyltTLFKd1356916914_1356916916.jpg             同期の櫻様より当時の写真を頂いた、実にタイムリーなベストショットである、注目すべきは何事も無かったように、
すぐ隣で遊ぶ親子であろう



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント