横浜海軍航空隊(飛行艇隊)燃料庫

昨日は朝から雨が降っていたが、横浜の桜並木の名所、富岡公園に出かけた。
以前紹介した横浜海軍航空隊(飛行艇隊)の遺構を再調査に行ったのだ。
基本的な調査対象は公園内に多数点在するブロックで閉鎖された壕口に、反対側に貫通している物が
一つぐらい無いだろうか?という調査だ。
結果から言えば、現状では発見出来なかった、しかし変りに他の遺構を発見するに至った。
形状的に見て、ドラム缶式の燃料庫と思われるが、資料が無いので確証は無い。
DSC00001_R_20130401212735.jpg山を越えた所で、土塁の様なこんもりした部分に気が付いて近寄る
DSC00002_R_20130401212737.jpg見覚えのある形状のコンクリート遺構が見つかる
DSC09141_R_20130401213247.jpgこれは木更津にある燃料庫遺構の写真だが、そっくりだ
DSC00003_R_20130401212738.jpg当然上に登る
DSC00004_R_20130401212740.jpg埋もれているが、四角い10cmほどの突起がある
DSC00005_R.jpg近くにも変な突起がある
DSC00006_R_20130401214101.jpg通気穴は見受けられないが、コケの下にあるのか?
DSC00007_R_20130401214103.jpg反対側にも同様の入り口があるが入れない
DSC00008_R_20130401214105.jpg30mほど離れた所に、別の遺構が見える
DSC00010_R.jpg庇の付いた、鉄の枠の残る建造物だ
DSC00011_R_20130401215255.jpgではがんばって見よう
DSC00012_R_20130401215257.jpg異様に狭いし、眼前にゴミの山が邪魔くさい、
DSC00014_R_20130401215258.jpg見えた、きれいなコンクリートだ!
DSC00016_R_20130401215300.jpgしかし、先はゴミに埋め尽くされていた、容易にここに来れた時期があったのだろう
DSC00017_R_20130401215302.jpg秋水の燃料庫は騒ぎになったが、ここは騒ぎに為らないだろうな?
DSC00019_R_20130401220336.jpg上に登ると、変な形状の物がある
DSC00021_R_20130401220337.jpg別の所にもう一つ、四角ではなく微妙に六角形なのが分かるだろうか?
DSC00022_R_20130401220339.jpg他の円錐形突起
DSC00024_R_20130401220340.jpgこれは多数あるが、さっきのコンクリ壕には天井に穴は無かった
DSC00025_R_20130401220342.jpg高さに統一性が無い、第三の部屋が下にあるのだろう
DSC00026_R_20130401221335.jpg穴の中を撮影する
DSC00028_R_20130401221336.jpg別の位置の穴
DSC00029_R.jpgこれは少し大き目な物
DSC00030_R.jpg全て穴は三つ
DSC00031_R.jpg鉄パイプが飛び出している
DSC00068_R_20130401225311.jpgこれは近くの第三格納庫、神奈川県警第一機動隊車庫となっている、間違いなく関連遺構だろう。

ついでに寄った船越の現状を先週に続き、掲載する
DSC00033_R.jpg船越の造兵部に到着
DSC00036_R.jpgこの辺はあまり変っていない
DSC00037_R.jpgしかし、その横の製缶工場に穴が!
DSC00040_R.jpg製缶工場とガントリーのある砲塔工場は棟続きである
DSC00041_R_20130401230023.jpg遂に魔の手が掛かってしまった
DSC00042_R.jpgすっかりかたずいた砲塔工場
DSC00046_R.jpg横手には既に足場が組まれる
DSC00051_R.jpgこの光景も後わずか
DSC00052_R.jpg潜水艦桜、ここに潜水艦は珍しい
DSC00059_R.jpgいつも砂が満ちているコンクリート屋
DSC00061_R_20130401231528.jpg妙にかたずいている、ここもなのか?

以上現状報告、横須賀のガントリーが消滅する日は近い
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

造兵部

自分も土曜日に用事の帰りに船越見てきました。先日、連絡をいただいてよかったです。
ひどいことになりましたね。ライテックも2年後には退去という話もありますし、このままでは旧造兵部施設が消滅の危機です。ガントリークレーンまでも解体濃厚とは非常に残念。
潜水艦も見ました。あの位置にいるのは初めて見ました。

残念です

>榴弾砲さん
観音崎方面の海自施設が、ぞくぞくと閉鎖されている反面、船越方面から総艦部にかけての、近年の増改築は異常です。
例のきちがい国家に対する備え的な物も含んでいるのでしょうか?
いずれにしても、船越の顔だったガントリークレーンは残念でした。

No title

いざ目の当りにすると複雑な思いです。
フェンスの向こう側の話になりますが、確か横須賀米軍基地8~9号バース付近に
年季の入った倉庫群があるのですが、長浦とも雰囲気が似てるので旧海軍関係でないかと…
資料が無いので推測でしかありませんが。

No title

>774さん
またのコメント、ありがとうございます
米軍基地内にも色々な物件が残っていますね、残念ながら自分たちが入れるのは、基地開放日(3月24日は入れました)と歴史ツアーが年四回ありますが、抽選で中々当たりません。
今年も応募だけはしてみます。