fc2ブログ

小網代震洋壕群(小網代の森)

DSC05484_R_202304022240598f9.jpg
車を近くに停める事が出来ないので、あきひさ氏と延々と歩いて行く
DSC05485_R_202304022241033f7.jpg
整備はされているが、ひたすらと長い道のりを下って行く
DSC05488_R_20230402224103c38.jpg
途中から山を越え、尾根の向こう側に向かう
DSC05490_R_2023040222410416b.jpg
ちょうど壕口の前に降りて来たようだ
DSC05491_R_20230402224108bf5.jpg
意外と震洋壕としては長い、5隻は入るだろう
DSC05494_R_2023040222410841a.jpg
奥は掘削途中で、ズリが手前に溜まっていた
DSC05497_R_20230402233456e4c.jpg
近くに別の壕口がある
DSC05498_R_202304022334595d4.jpg
こちらは軽く湾曲している
DSC05499_R_20230402233459a49.jpg
左に分岐?
DSC05500_R_20230402233500a46.jpg
用具庫か
DSC05501_R_20230402233503ae5.jpg
やはり掘削途中
DSC05502_R_20230402233503803.jpg
これも50mぐらいありそうだ
DSC05504_R_20230402233507bc4.jpg
平坦地まで降りて来た
DSC05506_R_202304032107079f7.jpg
倒木の隙間に壕が見える
DSC05508_R_202304032107100ff.jpg
入口に支保工の跡がある
DSC05509_R_20230403210711da2.jpg
こちらも右に湾曲している
DSC05510_R_20230403210712390.jpg
左側の部屋
DSC05511_R_20230403210716791.jpg
ズリの溜まった十字路
DSC05512_R_20230403210715f06.jpg
左右は部屋状の物
DSC05514_R_20230403210716ca6.jpg
奥も掘削途中でズリが山積みだ
DSC05521_R_2023040321154252f.jpg
次の壕
DSC05522_R_202304032115454a7.jpg
短い一本物だ、幅が無いので用具庫かも知れない
DSC05523_R_202304032115453b3.jpg
次の壕
DSC05528_R_20230403211550643.jpg
入口にコンクリートの扉跡と棚がある
DSC05526_R_20230403211546cc3.jpg
水没の一本物
DSC05529_R_20230403211550932.jpg
周りの形状から、確実に震洋壕なのだが、完全に埋没してしまっている
DSC05530_R_202304032126167cb.jpg
小網代湾に出て来た
DSC05531_R_202304032126190ca.jpg
この湾の両側には複数の震洋壕がある
DSC05533_R_2023040321262324d.jpg
山間部の震洋壕と違い、大型の物が多い
DSC05537_R_20230403212623b24.jpg
入り口部の殆どにこのような棚がある
DSC05539_R_20230403212626453.jpg
内部は長靴オーバーの水没、後で反対側から見れる
DSC05541_R_20230403214620fa9.jpg
別の入り口に向かう
DSC05544_R_20230403214623eb1.jpg
近代建築物の隙間に開口している(ちなみにここは満潮になると出入りは出来なくなる)
DSC05542_R_2023040321462376a.jpg
振り向くと、対岸に震洋壕が多数見える
DSC05545_R_202304032146273be.jpg
内部に入る
DSC05548_R_2023040321462744b.jpg
十字路にぶつかる
DSC05551_R_20230403214631948.jpg
正面は部屋状
DSC05552_R_20230403214632815.jpg
来た方向を振り返る
DSC05549_R_20230403214627e3a.jpg
左側の通路
DSC05550_R_2023040321463169b.jpg
僅かに開口しているが、他所宅と思われる
DSC05553_R_202304032159232dc.jpg
反対側に進む
DSC05554_R_20230403215926b29.jpg
正面は行き止まり、右へ曲がる
DSC05556_R_202304032159273e6.jpg
複雑に曲がる通路
DSC05557_R_202304032159309f0.jpg
水没の開口部が見える
DSC05561_R_20230403215930609.jpg
珍しく電気碍子が残っている
DSC05564_R_20230403215931d64.jpg
湾の反対側に向かう
DSC05565_R_20230403220702d21.jpg
倒木の後ろに壕口がある
DSC05567_R_20230403220706d02.jpg
こちら側の壕は、規模が大きい
DSC05569_R_20230403220706b52.jpg
基本的に縦三本横二本の構造をしている壕が並んでいる
DSC05572_R_20230403220707f10.jpg
中央部交差点
DSC05574_R_2023040322071050f.jpg
右の開口部、入り口中央部には井戸らしい物がある
DSC05577_R_20230403220710b24.jpg
中央山側
DSC05578_R_2023040322133963f.jpg
中央の奥は、やはり部屋状に窪んでいる
DSC05579_R_202304032213439e4.jpg
左側
DSC05580_R_2023040322134363d.jpg
右側には判り難いが通路をまたいでアーチ状のクレーンの跡が残る
DSC05582_R_202304032213435ab.jpg
30cmほどの溝がアーチ状に掘られている
DSC05583_R_20230403221346777.jpg
根元には、丸太が僅かに残っており、木製クレーンだったと思われる
DSC05587_R_202304032213467e6.jpg
右側に進む
DSC05588_R_20230403221347af9.jpg
曲がると開口部が見える
DSC05591_R_20230403221351bad.jpg
エモい開口部
DSC05597_R_20230404203955d2b.jpg
隣にある壕口
DSC05598_R_2023040420395937e.jpg
ここは大型壕の間にある一本壕
DSC05600_R_20230404203959c31.jpg
トロッコ軌条がくっきりと残る
DSC05601_R_2023040420400090b.jpg
左右には棚や窪みが掘られているが、他と接続は無い
DSC05604_R_202304042040041bb.jpg
出口、内部は広がっているのが判る
DSC05606_R_20230404205831d57.jpg
最後の大型壕
DSC05608_R_2023040420583520f.jpg
こちらは海に近いので、洗い流されゴミが少ない
DSC05609_R_202304042058350f1.jpg
構造は先と同じく縦三本横二本の壕だ
DSC05610_R_20230404205836c26.jpg
中央の交差点
DSC05616_R_20230404205840b5a.jpg
中央開口部が見える
DSC05618_R_20230404205843165.jpg
中央部山側の窪みは、隣より深く部屋状になっている
DSC05614_R_20230404205840b0f.jpg
やはり天井クレーンがあるが、掘り方はしっかりしている
DSC05609_R_202304042058350f1.jpg
出口に向かう
DSC05627_R_202304042058430fe.jpg
落書きがいくつかあるが、昔より大分風化したようだ
DSC05624_R_2023040420584359e.jpg
出口付近に駆る升な近代の物


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント