松代大本営 (十三崖弾薬庫)

十三崖弾薬庫に進入開始する、始めに断って置くが、これは非常に現存が珍しい地下式大型弾薬庫であるが、物が弾薬庫専用なので変化が無い、基本碁盤の目状になっているので、特徴も無い。
とゆうことで、写真多目の説明少な目(説明仕様が無い)になるが、あくまで記録用だ。
砲台の弾薬庫でもなく、火薬庫でもない池子の様な地上弾薬庫でもない純粋な弾薬庫だ、しかも稼動している。
20年3月より、満州から持ち帰った弾薬類が壕内に入り切れづに、川原や松林に野積みになっていたとの記述もある。
しかし、もっとも驚く事は、2000mに及ぶこの壕を、たったの20日で作り上げた事だろう。
DSC03870_R.jpg状況開始
DSC03867_R.jpg地盤は以外にもろく、発破はあまり使われなかった(崩れそうで)
DSC03865_R.jpgまずは正規の入り口付近を捜索する
DSC03868_R.jpgここではめづらしい、コンクリート
DSC03871_R.jpg当時の格子戸
DSC03872_R.jpgほとんどの交差部分に置かれている札
DSC03874_R.jpg木製の枠が残っている
DSC03875_R.jpg所により、妙に飛び出した岩がある
DSC03876_R.jpg何かを置いていたのだろうか?きれいに整形してある、ここにしては
DSC03878_R.jpg実際使われていたので、壕床は以外ときれいかな
DSC03880_R.jpg
DSC03881_R.jpg
DSC03883_R_20130406202155.jpg22本中5本を残して完成時に入り口を合えて塞いである
DSC03884_R.jpgA坑道(横)の20番抗(縦)とゆう意味
DSC03885_R.jpgブリキの不明の物体
DSC03887_R.jpg外側に通気パイプを通し、土嚢で固められている
DSC03888_R_20130406210244.jpg所々黒く焼けた様な所がある
DSC03890_R.jpgひたすら直線が続く
DSC03891_R_20130406210247.jpg20m程度の間隔で十字路がある
DSC03892_R.jpgこの辺はズリを出してない、掘削中
DSC03896_R_20130406211547.jpgC坑道は掘削中が多い
DSC03900_R_20130406211548.jpgでも出来ている、
DSC03903_R.jpg水の流れた跡がある
DSC03907_R.jpgAの一番抗
DSC03908_R.jpg外側からの埋め戻し
DSC03910_R.jpg地層が変ってくる
DSC03912_R.jpg岩が無くなった
DSC03913_R.jpg発破穴
DSC03918_R.jpg道幅が狭い
DSC03919_R.jpgC坑道8番坑道
DSC03921_R.jpg埋め戻し
DSC03922_R.jpgB坑道には何故か貫通していない所がある
DSC03924_R.jpgB坑道15番抗②湾曲した坑道
DSC03925_R.jpg唯一の落し物
014_R.jpgたまには自分の人物比(写真提供榴弾砲氏)
DSC03926_R.jpgA坑道に戻る
DSC03927_R.jpgだいたい周った様なので、撤収する
DSC03935_R.jpg帰りも川を渡河する
DSC03936_R.jpg対岸には案内板がある
DSC03937_R.jpgこれは戦跡には関係ない、案内板の目印(案内板は引っ込んだ所にある)
DSC03938_R.jpgうすくなった案内板
DSC03939_R_20130406215814.jpg弾薬庫はこの辺でなく
DSC03940_R_20130406215815.jpgこの辺にある
019_R.jpg
020_R.jpg
021_R.jpg十三崖弾薬庫を跡にする(上3点写真提供榴弾砲氏)


やっぱり、みんなでの遠征はたのしいし、違う目線での意見もあり、見識もあるので参考になる
一人は気楽だし行動範囲に制限が無いが、見落としも多くなる、壕内探索はもしもを含み、複数人数が好ましい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント