fc2ブログ

筑波海軍航空隊 その4(地下戦闘指揮所)

新たな目玉となる地下戦闘指揮所に向かう、ここには筑波海軍航空隊記念館から自力で行かなくてはならない
駐車場はあるので車での移動は可能である。
毎週土曜日・日曜日(祝日は公開なし)、料金は筑波海軍航空隊記念館+地下戦闘指揮所 共通入場券で大人800円となる
事前予約制で、予約無しで現地に行っても門前払いされる。
一日4回の公開時間が設定されているので予約時に申し込む必要がある、当日はまず筑波海軍航空隊記念館でチケットを購入してからの見学となるので、時間だからと現地に直接行っても入れない。
予約の方法はwebか電話が一般的、一応筑波海軍航空隊記念館のホームページを貼っておくので要確認。
DSC01651_R_20240123210024326.jpg
正門から出て左に曲がり、この看板を左に曲がる
DSC01511_R_2024012321001771e.jpg
未舗装の民家前の道を奥まで進む
DSC01616_R_20240123210025831.jpg
突き当り迄行くと、ロケで使われた零戦レプリカの格納庫が見えて来る
DSC01512_R_20240123210021877.jpg
その手前が地下戦闘指揮所となる
DSC01514_R_20240123210021d34.jpg
見取り図
DSC01516_R_20240123213329aa5.jpg
格納庫で受付を済ませ、簡単なガイダンスを受ける。必要なら懐中電灯を貸し出してくれる
見学は時間内フリーで、ガイドが付かないがかなり自由だ、内部には細かい説明板がある。
DSC01642_R_20240123213336663.jpg
この案内板を造った人はあわてんぼうなのか、今度は左下が地(下)要塞になっている
DSC01641_R_2024012321333616b.jpg
地下戦闘指揮所への入り口
DSC01519_R_20240123213332f78.jpg
入り口は下りスロープになっている
DSC01520_R_202401232133320f0.jpg
電灯は点いているので、無理に懐中電灯は無くても何とかなる
DSC01522_R_202401232133364f2.jpg
各所毎に案内板が付いている
DSC01523_R_20240123221251127.jpg
大部屋(1)に入る、部屋中にある縞模様は、コンクリートの壁に板を貼って部屋にしていた痕跡だろう
DSC01524_R_202401232212554f3.jpg
各部屋にある通気口(異常なほどにある)
DSC01525_R_202401232212540d9.jpg
一旦横に長く伸び、奥で上に上がる、珍しい形式
DSC01527_R_20240123221258582.jpg
反対側から入って来た方向
DSC01526_R_202401232212583ea.jpg
大部屋(1)
DSC01529_R_2024012419480514e.jpg
中央の部屋は、全て南側通路の寄った中通路で繋がっている、串団子状態だ
DSC01530_R_20240124194809da6.jpg
大部屋の角は全てこのように加工されているが、1945年にしては余裕がある
DSC01532_R_20240124194809804.jpg
北側通路に戻る
DSC01534_R_2024012419481333b.jpg
北側通路の反対側は開口しているが、民地になるので出られない
DSC01538_R_20240124194813d89.jpg
大部屋(2)に入る
DSC01541_R_202401241948139eb.jpg
DSC01546_R_2024012419481635f.jpg
地下応急治療室もいずれ公開して欲しいものだ
DSC01550_R_20240124205119b7d.jpg
大部屋(2)から隣の最奥の部屋小部屋(3)に行く
DSC01551_R_202401242051194c9.jpg
小部屋は弾薬庫のような形状
DSC01553_R_202401242051234e8.jpg
異様に多い通気口、他に何か目的があるのか?伝声菅にしては位置が高い
DSC01555_R_2024012420512439e.jpg
六角形の通風口
DSC01554_R_2024012420512281a.jpg
筒内も六角形
DSC01543_R_20240124205115deb.jpg
隣の大部屋(3)からライトを照らしてみた、確かに貫通している
DSC01556_R_20240124205128925.jpg
小部屋は片側南側通路にしか開口していない(中通路除き)
DSC01552_R_20240124205123120.jpg
小部屋(3)
DSC01558_R_20240124212157f63.jpg
南側通路に降りるには、二段の階段が有る
DSC01559_R_20240124212200bc4.jpg
南側通路奥の出入口も封鎖されている
DSC01561_R_20240124212200ad7.jpg
水面側通路、出口方向
DSC01562_R_202401242122068fe.jpg
南側通路
DSC01563_R_20240125215435e10.jpg
南側通路の外側に唯一ある部屋
DSC01564_R_20240125215438956.jpg
通信室
DSC01565_R_20240125215438bde.jpg
電路と思われるパイプ
DSC01566_R_2024012521544260e.jpg
中央の部分に発電機があったのだろう
DSC01567_R_20240125215442b68.jpg
燃料タンクだろうか
DSC01568_R_20240125215442478.jpg
となると、こちらが通信機か?しかしコンクリートの壕内で、発電機のすぐ横で通信業務なんか出来たのだろうか?
物凄くうるさそうな気がする。
DSC01569_R_202401252154460a8.jpg
配電盤が有っただろう壁の跡
DSC01570_R_20240125215445e58.jpg
通信室の入り口方向
DSC01575_R_20240128111511b94.jpg
通信室の真向かいにある部屋
DSC01576_R_20240128111515398.jpg
小部屋(2)
DSC01577_R_20240128111515de9.jpg
DSC01579_R_20240128111515a9e.jpg
ここはこの施設の中央の部屋になる
DSC01585_R_20240128112817a16.jpg
一度通路に戻る
DSC01586_R_202401281128202dd.jpg
大部屋(1)を挟む
DSC01591_R_20240128112824a7d.jpg
DSC01590_R_2024012811282019b.jpg
DSC01581_R_202401281115191d8.jpg
部屋の奥は穴だらけ
DSC01597_R_202401281128242ae.jpg
南側通路に出る側には二段程度の階段が有る、最後だけは1段とスロープになっている
DSC01600_R_20240128112824607.jpg
外に出る


DSC01617_R_20240128202512aec.jpg
格納庫の零戦21型を見て行く
DSC01618_R_20240128202516238.jpg
DSC01622_R_20240128202519481.jpg
映画のロケセットで使われたレプリカ
DSC01621_R_20240128202515602.jpg
DSC01639_R_2024012820251969d.jpg
良く見なければ、十分な出来栄えだろう
DSC01625_R_202401282030407bb.jpg
零戦の横に見慣れない物が置いてある
DSC01623_R_20240128203037d7d.jpg
昔は本当にこんな鳥人間コンテストに出そうな飛行機で戦争をしていたんだなと思ってしまう
DSC01626_R_20240128203040a9d.jpg
DSC01627_R_20240128203044519.jpg
DSC01630_R_20240128203044530.jpg
DSC01634_R_20240128203044609.jpg
DSC01636_R_202401282030488ea.jpg
良く残っていたもんだ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント