fc2ブログ

夏島地下壕女子大生さんご案内(山頂砲台遺構等)

DSC04412_R_20240311185440a7a.jpg
随分と久しぶりに山頂の遺構に向かう
DSC04413_R_20240311185444b9a.jpg
途中の二階のおトイレ遺構
DSC04415_R_20240311185444c37.jpg
ついでなので二階にも寄ってみる
DSC04418_R_20240311185444995.jpg
DSC04419_R_20240311185446f58.jpg
意外に綺麗に完成している部屋もある
DSC04422_R_20240311185447bdd.jpg
この中心部でずれてしまっているのが最大の特徴だろう
DSC04426_R_202403111854493d2.jpg
トロッコレール跡
DSC04428_R_20240311185450637.jpg
風通しが良すぎるせいか、扉を付けていた所もある
DSC04435_R_20240311185452a91.jpg
コンクリートと石垣で半分埋めた壕口
DSC04437_R_20240311190603504.jpg
二階からまた階段を登って行く、この階段も船越でも見られる遺構だ
DSC04439_R_2024031119060764e.jpg
三階に当たる地下壕の入り口は4ヵ所ともコンクリートで埋められている
DSC04440_R_2024031119060711c.jpg
頂上は明治砲台と昭和の防空砲台、監視所等が混在している
DSC04442_R_20240311190611025.jpg
今回はあまり知られていない明治の貯水槽が顔を出していた
DSC04445_R_2024031119061119a.jpg
昭和の通信所基礎
DSC04448_R_20240311190611335.jpg
明治砲台第4第5砲座間の掩蔽部
DSC04450_R_20240311190614f91.jpg
3つある掩蔽部の一つは封鎖されている
DSC04451_R_202403112004117ea.jpg
24cm臼砲第4砲座、1座に2門横並びに据えられていた
DSC04452_R_20240311200415950.jpg
第4第三間の掩蔽部
DSC04457_R_20240311200415398.jpg
唯一綺麗に残っている掩蔽部だ
DSC04467_R_20240311200416d25.jpg
ここから海側にコースを外れる
DSC04469_R_202403112004208ab.jpg
右側の土塁の上に
DSC04468_R_20240311200420598.jpg
塹壕があちこちに掘られDSC04476_R_20240311200419181.jpg
DSC04477_R_20240311200423aa0.jpg
25mm連装砲座が2つあった
DSC04470_R_20240311211048eda.jpg
そのまま塁道を降りて行くと
DSC04471_R_20240311211052ad9.jpg
右翼観測所に出る
DSC04474_R_202403112110528e0.jpg
ここでは刻印煉瓦が多く見られるが、あまり興味は無さそうだ
DSC04484_R_20240311211056dbc.jpg
DSC04482_R_20240311211056e29.jpg
観測所自体は崖の崩落と共に半壊している
元々夏島は海に浮かぶ島であったが、横空の為に夏島や貝山を切り崩し、地下壕の残土等で追浜飛行場を埋め立て建設
その際に夏島は地続きの陸地となった、夏島が切り立っているのはそのせいだ。
DSC04485_R_202403112110575b2.jpg
右翼観測所下部には階段が有る
DSC04492_R_202403112137475c3.jpg
右翼観測所付属室
DSC04493_R_20240311213750f7f.jpg
焼き過ぎ煉瓦が倒れている
DSC04496_R_20240311213750b4d.jpg
ここに降りるのはかなり怖いので止めておいた方がいい
DSC04498_R_20240311213752838.jpg
名物監視鉄塔
DSC04499_R_202403112137563a5.jpg
登ってしまうから怖いな
DSC04500_R_202403112137564be.jpg
左翼観測所を見に行く
DSC04502_R_20240311213759b8c.jpg
と言っても、このトイレか水槽か判らない物と
DSC04504_R_202403112137598f9.jpg
この標柱
DSC04501_R_20240311213756f46.jpg
砲台基準標柱に海軍と刻まれている
DSC04505_R_2024031121380326d.jpg
近くに落ちているビール瓶
DSC04506_R_20240311213803c9c.jpg
大日本ビールではなく、珍しく桜ビールだった
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント