綱島の陸軍壕、日吉の金蔵寺

日吉からの帰り道にあたる、周辺遺構を紹介する。
艦政本部地下壕からすぐ近くの、日吉本町2丁目にある金蔵寺にある防空壕を見に行った。
斜面に壕口が多数あるが、マンション、住宅地のまん前なので、無理は出来ない。
DSC06127_R.jpgここは塞がれている
DSC06128_R.jpg開口しているが、狭い
DSC06129_R_20130421175820.jpgよじ登る
DSC06130_R.jpg開口部は広いが、奥行きは無かった
DSC06131_R_20130421175823.jpg金蔵寺境内に向かう
DSC06133_R_20130421180430.jpg山肌に壕口があった。
DSC06134_R_20130421180432.jpgがっちりと閉められていた
DSC06135_R.jpg中はしっかりとした造りの、地下壕になっている、軍用と思われるが、資料が無い
P1000838_R.jpg綱島公園に向かうと、塞がれた壕があった
P1000839_R.jpg覗き込むとしっかりした壕の様だ
P1000874_R.jpg綱島街道に出る、東急ストアーの隣に見える(ストリートビューで見れる)
P1000876_R.jpg長年知っているが、入れない壕の一つだった
P1000841_R.jpg頂上には何処にでもある神明社
P1000842_R.jpgそれでは中に入ろう、なんとここは二層構造になっている
P1000843_R.jpgまずは上層階層から探索する
P1000844_R.jpg全体的に砂岩質で、のどがいがらくなりそうだ
P1000845_R.jpg最初の行き止まり
P1000846_R.jpg幅はあるが、天井は低め
P1000847_R.jpg壕口外観1枚目の狭い方の壕口部分
P1000849_R.jpg数十年の風化で、柔らかい壁面部分だけが風で削れて床に溜まる
P1000850_R.jpg低いがそれなりの壕だった
P1000851_R.jpg出口に向かう
P1000853_R.jpg脱出、腰が痛い
P1000858_R.jpg下層の入り口は、埋まっている
P1000859_R.jpg何とか潜り込む
P1000860_R.jpg下層の岩盤はしっかりしている
P1000861_R.jpgまさに軍隊掘りの壕
P1000862_R.jpg立って歩けるって、すばらしい
P1000863_R.jpg長い通路には、すれ違い用の窪みがある
P1000864_R.jpg足元の物置
P1000873_R.jpgこんなしっかりした物はあまり無い(足元としては)
P1000865_R.jpg壁に残る掘削時の柱跡
P1000866_R.jpg出口の一つ
P1000867_R.jpgここから地質が変る
P1000869_R.jpg掘り方も狭く荒くなる
P1000870_R.jpg表面に近付くと根っこが出て来る
P1000871_R.jpg綱島街道沿いのトタン裏側
P1000875_R.jpgこの裏にいる
P1000872_R.jpgさて戻ろう、爆風避けに壕はまっすぐ掘らない
地元の人から綱島公園の所には陸軍がいたとの証言は得ているが、どの部隊が何をしていたかなどは、資料が無い
P1010639_R.jpg向かいにある、諏訪神社に向かう
P1010640_R.jpg駐車場の壕口、狭いので裏に回る
P1010641_R.jpg裏側の壕口
P1010642_R.jpg割りにしっかりしていて、立って歩ける
P1010643_R.jpg入り口付近の部屋
P1010644_R.jpg部屋の入り口に、排水溝が切ってある
P1010645_R.jpg右に曲がる
P1010646_R.jpg駐車場の壕口の明かりが見える
P1010647_R.jpg左に四角く切ってあるが、外から埋め戻されている
P1010648_R.jpgこっちの入り口付近にも部屋があった。

さて、本日も船越と比与字の様子を見に行った、後に纏めるが現況報告をする。(誰に?)
DSC00990_R.jpg手前のコンクリート屋も工事をしていたが、新しく砂が入っていたから、壊さないだろう(配管工事か)
DSC00991_R.jpg雨が酷いので、写真は見辛い
DSC00992_R.jpg砲架組み立て工場、砲熕工場の外壁も無くなり、レンガ壁のみ残っている
DSC00993_R.jpg製缶工場の中ほどは削り取られ、砲塔工場内部が露出している
DSC00996_R.jpg無残なり
DSC00999_R_20130421214137.jpg砲塔工場は一見無事に見えるが
DSC00998_R_20130421214135.jpg窓の外は何も無い
DSC01006_R.jpg中央非常口からはみ出している廃材を見ると、中は酷い事になっているだろう
DSC01008_R.jpg横から見ると、中段にガントリーのレールが露出して見える
DSC01009_R.jpg比与字に移動する
DSC01011_R.jpg11号倉庫はフェンスで囲まれ売却予定
DSC01012_R.jpg平面交差は2個とも健在(実は他所にもある)
DSC01015_R.jpg引込線はこんな感じで残すようだ
DSC01017_R_20130421215418.jpgただ、歩道と緑地を作る為に、道路一本分横移動する為に転轍機や海軍蓋は撤去されたのか!
DSC01022_R_20130421215419.jpgトンネル内はLED化で明るくなった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

比与宇周辺もだいぶ開発が進んじゃいましたね・・・。
比与宇の南側の壕は、球場側をちゃんと回ってないのが悔やまれます。
また、潜りたいなあ。

そうですね

自分は比較的近い事もあり、数十回は入っているのですが、まだまだ見たり無い変化に跳んだ壕でした。
特にベイスターズ側は上下階層もあり、非常に楽しく、尚且つ遺物も多く残され、士官用の皿などもごろごろ転がってました。
シルバーが閉鎖されたら、完全閉塞ですね。