田奈弾薬庫(横浜こどもの国)その2

DSC03217_R_20130424192940.jpgこれらの弾薬庫はゲートから池の辺りまでは、施設用に転用されている物が多い
DSC03218_R_20130424192943.jpg入れないから何とも言えぬが、隣接している物は、2つが内部で繋がっていそうだ
DSC03219_R_20130424192945.jpgほぼ同じ物が続くので、説明はあまりしない
DSC03220_R_20130424192947.jpg
DSC03229_R_20130424192949.jpg
DSC03231_R_20130424194030.jpg中には、この様に埋まってしまっている物もある
DSC03237_R_20130424194033.jpg
DSC03238_R_20130424194034.jpg土管のせいか、入り口がどちらかに寄っている物がある
DSC03239_R_20130424194036.jpg第2次大戦中、激戦の南洋諸島のある島での話。
重傷を負った1人の米兵が倒れていました。
そこへ剣付きの銃を持った日本兵が通りかかります。
気付いた米兵は「あっ、殺される」と思った瞬間、気を失ってしまいました。

しばらくして目覚めた米兵。もう日本兵はいません。
そばに落ちていた白い紙切れに気付き、何気なくポケットに入れます。
そのまま野戦救護所に担ぎ込まれ、一命を取り留めました。

その時拾った紙切れに、こんなことが書かれていました。

「君を刺そうとした時、君はぼくに三指の礼をした。
ぼくもボーイスカウトだった。ボーイスカウトは兄弟だ。君もぼくも兄弟だ。
それに戦闘力を失ったものを殺すことは許されない。
傷には包帯をしておいたよ。
グッドラック」

DSC03240_R_20130424194038.jpg
DSC03241_R_20130424195351.jpg入り口の段差は、トラックを横漬けして弾薬の出し入れをする為だ
DSC03242_R_20130424195353.jpg
DSC03243_R_20130424195355.jpgトンネルは当時からの物で、トラックの通行用に掘られた
DSC03244_R_20130424195356.jpg
DSC03249_R_20130424195829.jpg
DSC03250_R_20130424195831.jpg
DSC03251_R.jpg覗き込んでみる
DSC03253_R_20130424195835.jpg何と車が2台入れられている
DSC03255_R.jpg
DSC03256_R_20130424200146.jpg
DSC03257_R.jpg
DSC03260_R.jpg
DSC03261_R_20130424200459.jpg第一トンネル、結構補修されている
DSC03262_R.jpgトンネル手前には塞がれた壕がある
DSC03263_R.jpgこれは入り口ゲート付近の塞がれた壕
CIMG0262_R.jpgさて、場所は伏せるが、入れる弾薬庫が2つほどある
CIMG0263_R.jpg完全地下式の弾薬庫
CIMG0264_R.jpg当時の通気用内扉
CIMG0265_R.jpg入り口付近は何か巻いていたのか、ボルトが露出している
CIMG0266_R.jpg防湿用のコールタールが塗ってある
CIMG0267_R.jpgコの字形に弾薬庫は作られている
DSC06182_R.jpg水没している入り口
DSC06183_R.jpg弾薬庫通風口
DSC06184_R_20130424212359.jpg20mほど離れた所にもう一つある
DSC06185_R.jpgこんな感じ
DSC06188_R_20130424213511.jpg普通に見えない所にある
DSC06189_R_20130424213513.jpg形状は一緒
DSC06198_R.jpg中に入る
DSC06200_R.jpgここも30cmほどのコールタールの線が引いてある
DSC06201_R.jpg天井の鉄板を巻いてあった跡
DSC06202_R.jpg天井の通風口の穴
DSC06207_R_20130424214300.jpgここも入り口は鉄板を巻いてあった
DSC06208_R_20130424214302.jpgカンテラが落ちている
DSC06215_R.jpg弾薬庫全体
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント