衣笠弾薬本庫、駆逐艦峯雲碑

横須賀市営公園墓地に、弾薬庫の一部が残っているとのネタがあった
公園なので駐車場もある、園内はひたすら歩く事になるが、墓参りの人は
墓地の前に路駐しているのが、多い様だ。
墓地のブロックで言えば、9区と37区にそれぞれ残存する。
もちろん公園内の弾薬庫が入れるなんて事はそうそう無いので、外観を見るだけだ。
DSC08325_R_20130524210552.jpg案内図
DSC08326_R_20130524210554.jpgまずは37区の上の駐車場に行く
DSC08327_R_20130524210556.jpg左側の入り口、内部でコの字形に繋がっている様だ
DSC08328_R_20130524210558.jpg隙間から覗いてみる
DSC08331_R_20130524210601.jpg手前は何故か毛布だ
DSC08333_R_20130524212345.jpg右側の入り口
DSC08334_R.jpg怪しい人がいる
DSC08335_R_20130524212350.jpg金網越しに除いて見ると、内部は同じ様だ
DSC08336_R_20130524212351.jpg7区の駐車場に移動する
DSC08337_R_20130524212353.jpg左側の入り口
DSC08338_R_20130524212826.jpg右側の入り口、どちらも隙間すらない
DSC08339_R_20130524212828.jpg開いている時があった様だ   まさろぐで紹介している
DSC06781_R.jpgひたすら山を探し回ると、怪しい所があった
DSC06783_R.jpg古いコンクリート遺構
DSC06785_R_20130524214102.jpg防空壕の跡だろうか?
DSC06787_R_20130524214104.jpg農道にそって奥に行く
DSC06788_R_20130524214106.jpgなんかデッカイ壕口がある
DSC06789_R_20130524214630.jpg古い石段があったが、上には何も無かった
DSC06790_R_20130524214631.jpg奥に石垣が見える
DSC06791_R_20130524214633.jpgコンクリートの柱がある、境界柱だろうか
DSC06792_R.jpg石垣を登ると、今度はコンクリートの堤がある
DSC06793_R_20130524214637.jpg上はダムの様になっている
DSC06794_R_20130524215203.jpg水源地なのだろうか?
DSC06795_R_20130524215205.jpg古い水道管
DSC06796_R_20130524215207.jpg昭和十七年と書いてある
DSC06797_R.jpg何だろう
DSC06798_R.jpgまた、巨大な壕口が現れた
DSC06799_R_20130524215722.jpg衣笠弾薬本庫の関連だろうか、弾薬庫にしては形状が違う
DSC06800_R_20130524215724.jpg大体見たので、山に戻る
DSC06802_R_20130524215726.jpg良く見ると、何かの基礎だったのだろうか?
CIMG1350_R.jpg御霊神社
CIMG1349_R.jpg満昌寺に立ち寄る
CIMG1348_R.jpgスゴイ端っこに追いやられているが、駆逐艦峯雲の慰霊碑がある
CIMG1347_R.jpg歴戦の駆逐艦だ
CIMG1346_R.jpgかなり真新しい様で、ピカピカだった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます
あれは衣笠弾薬本庫側ではなく、衣笠インターへ向かう道路を隔てた方にある
満昌寺の裏山を山狩りしていくと、入れる位置に有ります。
旧軍の大矢部弾薬庫跡地となります。
道などありませんので、訪問の時はお気を付け下さい。

衣笠弾薬庫の警備道跡

市営墓地の門を通過して、一つ目のT字路を左折して真っ直ぐ行くと駐車場につきあたります。駐車場の山側に階段があるので、そのまま上って行くと市営墓地(旧衣笠弾薬庫)を囲むように旧弾薬庫の警備道が延びており、旧軍の外柵と道標が残っています。
旧外柵と平行して新しいコンクリート製の外柵が作られ、遊歩道になっていますが、当時の警備に任ずる兵隊が、その急峻な警備道を日夜行き来していた事を感じさせます。
遊歩道は、途中から弾薬庫を離れ山科台まで続いていますが、旧外柵は今も健在なので機会があればご確認下さい。

area438様

情報ありがとうございます

丁度横須賀にいたので、帰りがけに寄ってみましたが、確認出来ませんでした
門を入り、最初の交差点を曲がり、9区の残存弾薬庫のある駐車場に車を停ました
左側の弾薬庫入口横に急な階段の登り口があり、頂上まで登ると岩戸小学校が見えました、道なりに左に曲がり、遊歩道を進むと入口駐車場に出てしまいました

山頂から右に道が無さそうに思えましたが、行けば良かったのでしょうか?
残念ながら本日は17:00の閉門時間になってしまったので諦めました。
また再訪したいと思いますので、9区の上で良いのか、又は他の区なのか教えて貰えますでしょうか?

衣笠弾薬庫の警備道跡その2

その階段でいいです。
急な階段を上がり切ったら、途中からコンクリートで舗装された遊歩道に出ます。
その後は、岩戸小学校を左手に見ながら外柵沿いに進むと、民家の裏を通り、そのまま進むと外柵があるので外柵沿いに進めば大丈夫です。旧弾薬庫を囲むように、山の起伏に併せて作った警備道なので、登り下りは傾斜があり、山科台まで私の足で約1時間、もう一つの通信研究所方面までは30分、武のエイビー方面までは40分ぐらいかかります。
山科台までのコースが本来の旧軍の警備道を遊歩道にしたものです。夏場は植生が高く道が解りずらいので、今の時期がお勧めです。

衣笠弾薬庫の警備道跡その3

肝心な事を、書き忘れました。
駐車場から、急な階段を岩戸小学校が見える稜線まで上がったら、とにかく右に行って下さい。
岩戸小学校、民家、外柵が左側にあり、右側に墓地公園がある位置関係が正しい経路です。民家の裏を通る際は、本当に不安になると思いますが、民家を過ぎると、直ぐに外柵があるのでご柵沿いに進んで下さい。

area438 様

大変詳しく説明して頂き、恐縮です。

自分の不手際でせっかくの情報を生かせず、申し訳ありません
今月はもう、まともな休みがないので、来月にでも再訪したいと思います
山の専門家の方から頂いた情報なので、特に楽しみです。

ハイレベルな山に登られる様なので、事故等、お体に気をつけて下さい
自分も低レベルながら、山狩りを楽しむ者です!

丁寧かつ、精密な補足説明、重ねてお礼申し上げます