那須 戦争博物館その4

今回で、那須 戦争博物館の記事は終わりになる、最後に第二号館(海軍館)を紹介するが
戦争とは関係ない、古い民生品(家電)なども置かれていたので面白いから紹介する。
日中戦争から、ナム戦に至り、果てはアポロ計画、長野オリンピックまで多岐に飛んでいる。
この館内でまだ、起きて来てなかった館長栗林白岳氏(義勇隊、関東軍獣医部所属)と、お会いする。
DSC02697_R.jpg案内に従い、海軍館に進む
DSC02698_R.jpg横に寝かせた冷蔵庫の上に、前面ガラス無しのショーケースがある
DSC02699_R.jpg奥には生肉店、コロッケやなどでお馴染みのケース(廃物利用は立派である)
DSC02700_R.jpg入って右側はシベリヤ抑留関係
DSC02701_R.jpgまたもやアイロン、今度は電気式もある
DSC02702_R_20130605194726.jpg白いのはマストもしくは船尾灯、赤いのは左舷灯、緑は右舷灯である
DSC02703_R.jpg昭和レトロな家電品
DSC02704_R_20130605194730.jpg一風変わった物が並ぶ
DSC02705_R_20130605194732.jpg手回し脱水機付き洗濯機、これで絞るとボタンが割れるそうだ
DSC02706_R_20130605194733.jpgこれは始めて見た、まさに珍品!鑑定団に出してみたい
DSC02707_R.jpg製麺機
DSC02708_R.jpg氷冷蔵庫(電気でなく、氷で冷やす当時は当たり前の冷蔵庫)
DSC02710_R.jpg開けてみた
DSC02709_R.jpg一銭入れると活動写真が茶色の穴から見れて、下からお菓子も出るようだ
DSC02711_R.jpg出てくる和菓子は選べないようだ
DSC02712_R.jpg中央には数百に及ぶ日本及び連合国の艦艇プラモデルが並んでいる
DSC02713_R.jpg先込め銃まである
DSC02715_R.jpg日本刀が盗まれたのはこの辺だろうか
DSC02714_R.jpgみんなで100式短機関銃をググってみよう
DSC02716_R.jpg左側の96式の25mm薬莢は本物だ
DSC02717_R_20130605203635.jpg12,7mm20mm37mm本物っぽい
DSC02718_R_20130605203638.jpgすごい雑多に並んでいる
DSC02719_R_20130605203640.jpgドイツMP40銃身無し
DSC02720_R.jpg上米国M1カービン、中イギリス、ステン短機関銃
DSC02721_R.jpg看板横にあった
DSC02722_R.jpg2500円
DSC02723_R.jpg上ソ連PPSH-41、ドイツMP40、米国M16
DSC02724_R.jpg上モーゼルKAR98k、中スプリングフィールドM1903、下トンプソン
DSC02725_R.jpgスゴイ数だ
DSC02726_R_20130605210239.jpg館長お手製らしい
DSC02727_R.jpg蓄音機、電話等
DSC02728_R.jpg軍艦旗、畳2畳ほど
DSC02729_R.jpg駆逐艦「冬月」の物らしい
DSC02730_R.jpg秋水燃料瓶
DSC02731_R_20130605212252.jpg甲液の高濃度過酸化水素などの強酸性液がタンクを溶かしてしまうので、瀬戸物を使用する
DSC02732_R.jpg長野より、もっと古そうだ
DSC02733_R.jpg送受信機電源らしい
DSC02734_R.jpgぶれてしまったがこれしかない
DSC02735_R_20130605213331.jpgエンジンテレグラフは好きだ、しかしチリンと鳴らなかった
DSC02736_R_20130605213333.jpgブリキのおもちゃ
DSC02737_R_20130605214607.jpg弁当箱と言われるが、本来は遺品箱
DSC02741_R_20130605220721.jpg横井庄一コーナー
DSC02743_R.jpg82歳心臓発作にて病没
DSC02748_R.jpg黄色いのは消臭剤
DSC02742_R_20130605220724.jpg
DSC02744_R.jpg
DSC02746_R.jpg
DSC02747_R.jpg
DSC02750_R_20130605222451.jpg戦艦大和模型
DSC02738_R.jpg手書き
DSC02749_R_20130605222449.jpg船尾より
DSC02751_R_20130605222453.jpg第一副砲や艦橋構造は見ないように!
DSC02752_R.jpg沖縄水上特攻時の護衛艦隊旗艦
DSC02753_R.jpg独創的模型
DSC02754_R_20130605223245.jpg後でマネキンに話しかけるtonotama氏
DSC02755_R_20130605223247.jpg万国旗
DSC02758_R.jpg館長登場、この直後館長の携帯が着信する、着メロは「軍艦マーチ」
DSC02759_R.jpg入り口の上にあった額  那須 戦争博物館③
DSC02762_R.jpg入り口の28cm榴弾砲を見ていたら、館長が寄って来た
DSC02763_R.jpgこの後30分ほど館長の収集苦労談を拝聴した(割と面白かった)
DSC02771_R.jpg那須 戦争博物館④
DSC02772_R.jpg約3時間ほどかけてしまったが、十分楽しめた。千円は安いと思う

明日は、大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)を紹介する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント