陸軍清原飛行場(宇都宮飛行場)掩体壕

栃木県立農業大学校に残っている、陸軍機の掩体壕(2基)を見てきた。
昨日の夜、不意にメールが舞い込み、「今から行くからよろ!」byとのたまって事で出かけた。
まったく元気な人だ・・・・
その辺は明日纏めるが、今日の所は掩体壕を紹介する事にする
昭和十六年に飛行場が建設され、東京工業大学の学生により掩体壕が建造された。
詳しくはkanレポートを参考に!
DSC03282_R.jpg栃木県立農業大学校に到着
DSC03283_R.jpgこちらの駐車場を借りる
DSC03285_R.jpgかなり広い駐車場だと思う
DSC03286_R.jpgとにかく広い、東京ドーム10個分以上の広さだそうだ
DSC03287_R.jpg一つ目の掩体壕、これはグーグルマップでも確認出来る
DSC03288_R.jpg道からけっこう奥にある
DSC03291_R.jpg前面までやって来た
DSC03292_R.jpgなんと、どでかいスズメバチの巣が着いている
DSC03293_R.jpg陸軍掩体の宿命で、前面の庇は落ちている
DSC03296_R.jpg唯一と言える、掩体のハリ
DSC03297_R.jpg奥の開口部
DSC03298_R.jpg全体的に落ちているので、違和感はあまり無い
DSC03300_R_20130609221958.jpgいいのかこれで?
DSC03294_R.jpg掩体の一部に、埋め込まれている
DSC03301_R_20130609222637.jpg残っていると言われる機銃痕を探すが、上はこんな状態でわからない
DSC03302_R_20130609222638.jpg上から掩体後方の出口部分
DSC03304_R_20130609222641.jpg後方から見通す
DSC03321_R_20130609223423.jpg2つ目の掩体壕は藪漕ぎだった(航空写真では判らない)
DSC03306_R.jpgやっと見つける事が出来た
DSC03307_R_20130609223417.jpg近寄ると、やはり庇が落ちている
DSC03308_R_20130609223419.jpg見た感じ、状態は良いと思う
DSC03309_R_20130609223421.jpg落ちた庇
DSC03310_R.jpg左側の先端部
DSC03311_R_20130609224204.jpgここに何か彫ってある
DSC03313_R.jpg風化して良く読めない
DSC03314_R.jpg野水村?、右は何村かわからない
DSC03315_R_20130609224208.jpg18年12月18日だろうか?
DSC03316_R.jpg人物比tonotama氏
DSC03317_R_20130609225253.jpg一応申し訳程度に鉄筋が入っている
DSC03319_R_20130609225254.jpg掩体後側、天井上は完璧な偽装が施されている
DSC03320_R.jpgコンクリートの天井に木が生えている
DSC03322_R.jpg栃木県を後にする

この他にも、西側に便所や貯水槽の遺構が残っている様だ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント