大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)その3

前回の記事で少し触れたが、そうゆう訳で先週に引き続き、宇都宮の穴に向かう
DSC02929_R_20130610211437.jpg今すぐ出発と、ゆうことで早めの2145出発
DSC02930_R_20130610211439.jpg翌0025現着
DSC02931_R.jpg辺りは真っ暗である、どうせ壕内は闇だから気にしない
DSC02932_R.jpg資料館への道路は閉鎖されているので、いきなり山に入る
DSC02934_R.jpg登る事5分と経たず、穴の中!
DSC02935_R.jpg近年まで切り出しをしていたかの様だ
DSC02936_R.jpg来た道を振り返る、この辺は後で紹介する
DSC02937_R.jpgまずは、いきなり出たインパクト物件
DSC02938_R.jpg激しく崩れた当時の階段
DSC02939_R.jpg反対側に回る、下に坑道が伸びているのが見える
DSC02940_R.jpg何やら変なバケットがぶら下がっている
DSC02942_R.jpgグランドキャニオンの様な谷を渡るトロッコのレール(渡る時かなりギシリとしなった)
DSC02805_R_20130610215545.jpg同型かは判らないが、先日見た大谷資料館のトロッコ
DSC02943_R_20130610213102.jpg渡り切った先にも空間は続く
DSC02944_R.jpg先日見た様な、いすずのボンネットトラック
DSC02945_R.jpg広い空間が広がるフロア
DSC02946_R.jpg気温8度、湿度75%酷い湿気だ
DSC02947_R.jpg怪しげな所がある
DSC02948_R.jpg門の跡の様な物がある
DSC02951_R.jpg回り込んでみたら、階段がある
DSC02952_R.jpg登るとこんな空間に出た、上にも通路がある様だ
DSC02953_R.jpg当時の足場にされていた杭が壁に刺さっている
DSC02955_R.jpgすごい事になっている、あんな所を80kgの石材を背負って歩いていたのか!
DSC02816_R_20130610215547.jpg当時の写真
DSC02956_R_20130610214604.jpg上の方にスリットがある
DSC02958_R_20130610214605.jpg見上げると30mはありそうだ
DSC02959_R.jpg何か見える
DSC02960_R.jpgあんな所にも、足場がある
DSC02962_R_20130610215544.jpg機械掘りのチェンソーの跡
DSC02970_R_20130610220142.jpgまたも巨大な縦坑発見
DSC02971_R_20130610220143.jpg階段は途中で折れているが、無理すれば何とかなるかも?
DSC02972_R_20130610220145.jpg少し降りてみる
DSC02973_R_20130610220146.jpg脇に回り込む
DSC02975_R_20130610220724.jpg背面には水の溜まった空間があった
DSC02976_R.jpg何とか途中まで降りて来た
DSC02978_R.jpg残土、瓦礫の上に降り立ったが、もう限界な気がするが階段はまだ続く
DSC02979_R_20130610220727.jpg下には通路が見えているが、階段の強度がもたなそうなので断念する
DSC02983_R_20130610221356.jpg上を見上げて敗北宣言、無理は良くない
DSC02984_R_20130610221358.jpgここから残土が投げ込まれている様だ
DSC02985_R.jpg折り返し部分の階段は、一人ぐらいならまだ耐えられる(明日はわからないが)
DSC02991_R_20130610222024.jpg最深部まで来たので、帰るとする、外はもう真っ暗だ
DSC02992_R_20130610222025.jpg当時の人は、石材を背負って登ってたのだろうか?
DSC02995_R_20130610222026.jpg見た目より雑な階段だが、リアルダンジョンの様でいい
DSC02990_R_20130610222023.jpgこの辺には碍子が多い(奥には無い、掘り下げて高さが変るせいだろう)
DSC02996_R_20130610222551.jpg何やら機械が置いてある
DSC02997_R_20130610222553.jpg碍子の多さが納得行った
DSC02998_R_20130610222554.jpg壁に何か貼ってある
DSC02999_R_20130610222556.jpg御影石のプレートだ(大谷石ではない)
DSC03000_R_20130610222557.jpg誰も来ないってば
DSC03002_R_20130610223135.jpg出口付近のこの場所で、任意のサイズに加工していた様だ
DSC03004_R_20130610223136.jpg作業風景が想い浮ぶ様だ

今夜は他にも回ったが大した収穫を得ず、ねぐらへ向かう0300就寝
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント