「廃墟」 山本園大谷グランドセンター

栃木県宇都宮市大谷にある、山本園大谷グランドセンターに行って来た。
日中に訪れた事もあり、楽にアクセス出切る物件であった。
昭和30年代に開業し、昭和末期に廃業となったらしい。
大谷石の岩壁と融合した、現代では絶対に建築許可が下りないだろう物件
詳しい事は分からないが、和室が殆んど見つからない事から、宴会と風呂をメインとした観光センターの様だ
DSC03042_R.jpg
ガードレールの向こうに、山本園大谷グランドセンターのアーチがある
DSC03044_R_20130614200831.jpg
緑と岩に侵食された物件が丘の上にある
DSC03045_R_20130614200833.jpg
駐車場跡からは、大谷観音が見える
DSC03046_R_20130614200834.jpg
草生した上り口を上がって行く
DSC03047_R_20130614200836.jpg
木々の切れ間から、物件が顔を覗かせる
DSC03048_R_20130614202359.jpg
火気厳禁!ボイラー室だろうか
DSC03049_R.jpg
正面に到着
DSC03136_R_20130614202403.jpg
左側の小屋に入る
DSC03135_R.jpg
倉庫かと思ったら、御トイレでした
DSC03050_R_20130614204635.jpg
正面玄関、サッシでなく木製の扉だった
DSC03051_R.jpg
入り口を振り返る、誰もいないので通過する
DSC03131_R.jpg
エントランスに在ったのか、シャンデリアが落ちている
DSC03132_R_20130614204639.jpg
中庭に出ると、松に偽装されたランプが立っていた
DSC03052_R.jpg
草を掻き分け、展望レストランに向かう
DSC03054_R.jpg
左半分は、ガランとしていた
DSC03063_R.jpg
無理矢理こじ開けられた金庫
DSC03064_R.jpg
沢山の客が使っただろうステーキ皿の敷板、今は硝子片と塵だけが乗る
DSC03065_R.jpg
業務用の米びつ、今は空っぽ
DSC03053_R.jpg
身近すぎて違和感が無かったが、拳銃が置いてある、激しい戦闘が有ったのか壊れている
DSC03056_R_20130614205930.jpg
右側は荒れている、懐かしいお茶パック!昔のお茶はこれ、その前は陶器製だったそうだ
DSC03057_R.jpg
昭和63年までの伝票は見つけられた、それ以降は無い
DSC03060_R.jpg
昔のファミコンみたいなカラーリングのレジスター
DSC03055_R_20130614214558.jpg
右棟にある厨房
DSC03061_R.jpg
天井は落ち放題で日が差し込んでいる
DSC03058_R.jpg
奥にある、人一人ぐらい楽に隠せる冷蔵庫
DSC03059_R.jpg
冷蔵庫の隣には、かまどが2つ
DSC03062_R.jpg
土台は大谷石で五右衛門釜だった
DSC03068_R_20130614215327.jpg
ハッピーホーク?
DSC03066_R.jpg
見上げると、まさに岩壁と融合している
DSC03067_R.jpg
屋上への階段がある、義務として登る!
DSC03070_R_20130614220520.jpg
では、本館に入る
DSC03075_R.jpg
通路の奥の扉は開いているが、階段も何も無く出ると落ちる
DSC03076_R.jpg
昔懐かしい、ヘルスメーター
DSC03133_R_20130614220939.jpg
外から見上げた所、左中ほどがこの扉だが階段は見当たらない
DSC03077_R.jpg
隣の部屋に入る、いい具合に垂れ下がっている
DSC03074_R.jpg
このショットはみんな撮るだろう、ありえない室内の巨石、風呂なら有りだが
DSC03078_R.jpg
大谷石とコンクリートの融合
DSC03079_R.jpg
昭和の部屋コン
DSC03080_R.jpg
押入れはまだ使えそうだ
DSC03081_R_20130614221738.jpg
中央の部屋を通り、奥の部屋へ
DSC03082_R.jpg
手前には壊れた部屋コンが
DSC03083_R.jpg
この部屋は酷く荒れている
DSC03084_R_20130614222918.jpg
木漏れ日が緑でいい感じだ
DSC03071_R_20130614222915.jpg
フロント左に出る
DSC03069_R_20130614222913.jpg
左の小部屋、下駄箱になっていた
DSC03085_R.jpg
2階に上がる
DSC03086_R.jpg
非常階段から外側を見る、地下階に展望風呂があるが、基本二階建て
DSC03087_R.jpg
階段を振り返る
DSC03088_R.jpg
二階に登ると目の前にこの通路がある
DSC03090_R.jpg
窓側両側に通路があり、真ん中は畳の宴会場だった
DSC03091_R.jpg
宴会場にはやはりステージがある
DSC03093_R.jpg
ここで当時はどんな芸をやっていたのだろう
DSC03100_R.jpg
ステージの裾が焦げていた、こうゆう奴らが居るから廃墟や戦跡が閉鎖される
DSC03092_R.jpg
天井には調査の緑テープが貼ってある
DSC03094_R.jpg
なぜに室内で落下傘花火?
DSC03095_R.jpg
部屋の隅にはスピーカーが沈黙している
DSC03096_R.jpg
ここに店の看板が貼ってあったのだろうか
DSC03097_R_20130614225222.jpg
ここから前回の壕口がちらりと見える
DSC03098_R.jpg
厨房の外側
DSC03099_R.jpg
食事用の座卓が積み重なっている
DSC03101_R.jpg
こじんまりとした、二階の厨房
DSC03102_R.jpg
その隣には
DSC03103_R.jpg
トイレがあった
DSC03105_R.jpg
大の通路は三角になっていた
DSC03107_R.jpg
屋上に登る
DSC03106_R.jpg
当然だが、何も無い!だが満足だ!!  廃墟 山本園大谷グランドセンター①
DSC03072_R_20130614230335.jpg
降りて渡り廊下を渡る
DSC03108_R.jpg
廊下は板張りになっている
DSC03110_R.jpg
階段を降りて、少しさがった所に風呂がある
DSC03112_R.jpg
体育館の放送室の様な部屋
DSC03114_R.jpg
やあボクヘルメス
DSC03115_R.jpg
トイレと冷蔵庫、牛乳でも入っていたのか
DSC03117_R.jpg
大の部屋
DSC03118_R.jpg
右が男湯
DSC03120_R.jpg
家族風呂か?狭い
DSC03121_R.jpg
左が女湯なのだが、丸見えでは?
DSC03122_R.jpg
レンタルタオル
DSC03123_R.jpg
展望風呂になっているが、観音は見えなかった
DSC03124_R.jpg
懐かしい蛇口
DSC03125_R.jpg
天井の穴、采光用か
DSC03126_R.jpg
点滴?
DSC03127_R.jpg
女湯に入る
DSC03128_R_20130614232259.jpg
狭く、窓もこれだけ
DSC03129_R.jpg
これではあまり、客は来ないかも
DSC03139_R_20130614232627.jpg
一通り回ったので、撤収する
DSC03140_R_20130614232629.jpg
次なる目的地へと  廃墟 山本園大谷グランドセンター②

半年後の再訪レポート
大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)冬季再訪おまけと山本園大谷グランドセンター
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント