横須賀海軍港務部

明治33年に設けられた横須賀海軍港務部が、ヴェルニー公園から海上自衛隊横須賀地方総監部にかけての、海岸造の庁舎の一帯にあった。
港務部は、各鎮守府ごとに置かれ軍港水域の警備、艦船の係留、出入渠、浚渫、運輸など港務全般を担当していた。
DSC00121_R_20130626204003.jpgJR横須賀駅のバスのロータリー前に逸見上陸場の営門(軍港逸見門)はある
DSC00131_R_20130626204006.jpgただし、位置は公園化の為に移動されている
DSC00132_R_20130626204004.jpg中に入る事は出来ない
DSC08837_R_20140616215429c86.jpg
右の「軍港逸見門」
DSC08838_R_201406162154300d6.jpg
左の「逸見上陸場」
DSC08839_R_2014061621543107c.jpg
案内板
逸見波止場衛門_R当時の写真
00011_R_20140620080209972.jpg
KURO様より頂いた右門柱の写真は、横の塀が写っており、位置はオリジナルと思われる
DSC00112_R_20130626204723.jpgショッパーズ側には国威顕彰の碑などが並んでいる
DSC00113_R.jpg戦艦山城は横須賀海軍工廠で起工した
DSC00650_R_20130626210112.jpg山城レリーフ
DSC00651_R_20130626210114.jpg山城艦暦
DSC00114_R.jpg国威顕彰の碑(左)
DSC00644_R.jpg重巡高尾の艦橋がモデルと言われる
DSC00643_R_20130626210109.jpg横須賀鎮守府所属の「長門」が連合艦隊旗艦に
DSC00641_R.jpg
DSC00642_R_20130626210743.jpg日本海軍の敷設艦。日本海軍初の大型敷設艦
DSC00645_R_20130626210744.jpg海軍の碑
DSC00646_R_20130626210746.jpg小艦艇用のイカリ
DSC00647_R_20130626211256.jpg建立趣意
DSC00648_R_20130626211258.jpg東京湾、横須賀近辺
海軍下士官兵集会所・米海軍EMクラブ_R海軍下士官兵集会所・米海軍EMクラブ
ガントリークレーンとEMクラブ_R海軍下士官兵集会所と住友ガントリークレーン
ガントリークレーン_R建造中の高尾
軍艦高雄の進水式_R高尾進水式
yokosuka21[1] URAGAのロゴ付きガントリー、もう1枚有ったので追加する
DSC00133_R_20130626215436.jpg横須賀駅ロータリーに有った、戦後住居利用の壕(マンション工事中)、中央はトイレ
DSC02125_R_20130626220400.jpg隙間からのぞき見る
DSC02126_R_20130626220402.jpg場所的に
DSC02127_R_20130626220404.jpg横須賀海軍港務部関連か?
DSC02128_R.jpg
DSC02129_R_20130626220408.jpg
DSC02130_R_20130626220735.jpg
DSC04355_R.jpg海上自衛隊横須賀地方総監部に行く
DSC04357_R.jpg昭和13年4tアンカー
DSC04359_R.jpg遺構ではないが、護衛艦あまつかぜのスクリュー
DSC00541_R_20130626221027.jpgNO22
DSC04622_R_20130626221026.jpg横須賀海軍港務部係船環表示板
DSC04365_R.jpg昔の大砲の尾部、砲身が埋っているのかは不明、繋船柱として使用
DSC08860_R_20140620080950899.jpg
新しい護岸が出来上がり、ボラードの役目は無くなったが、モニュメントとして残っている

他にも戦艦砲の砲弾、被帽付きの徹甲弾(白塗り)が二発、海軍用地の石柱も一般には見えない所にある
img142.jpg同期の櫻様から写真を頂いたので、追加します。
横須賀駅のバス停の裏側から昭和22年頃に撮影した写真だそうです、駅のホームの高低差が無い事が良く判ります、ガントリークレーンがまたいい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

初めまして、毎回楽しく拝見させて戴いてます。どういう訳か、私が昭和43年頃に汐入の山の上から撮影したガントリークレーン・遠景に戦艦三笠の写真が掲載されてました。住友重機械工業になる前の浦賀船渠の時代でした。写真の掲載は別に問題ありませんので遠慮なくお使いください。10月の2日の日に千代ヶ崎砲台跡で自衛隊の鉄塔撤去作業が行われており、送信所の中にいるのは解体業者だけで警備犬もいませんでしたので、送信所(砲台跡)の写真等を撮影して来ました。4年ほど前にも千代ヶ崎新砲台側に入り撮影していたら地主に怒られましたが、許可を取り撮影をしました。レモン・ブルーベリー等の植樹をしてました。では、これからも頑張って戦跡取材をお続け下さい。

失礼いたしました

>同期の櫻様
お名前はかねがね伺っております、自分の様な稚拙な所をご覧頂いて恐縮です。
写真の出所はyahoo検索の画像項目と、横須賀市役所の公式記録です、私利私欲ではなく純粋に戦跡及び歴史紹介の為なので、ご理解下さい。
自分がこの辺に居た時は、既にガントリーは無く靴下工場と引込線、EMクラブはありました、ガントリーを見て見たかったです。

千代ヶ崎旧砲台は自分が訪れた時は、埋められた2つ目の砲座は埋ったままでしたが、自衛隊サイドで復旧すると聞いています、もう掘り出されていましたでしょうか?
あそこは砲座には内部弾薬庫側からしか入れないのが特徴ですね、楊弾井も2つずつ良い状態で開口してますし、整備すれば観音崎より良いのでは無いでしょうか?
最後になりますが、写真の使用許可、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます