fc2ブログ

海軍軍需部長浦倉庫郡

JR田浦駅を降りた一帯が全てそうである、主に相模運輸倉庫が占め、海自、海保、中小企業が混在する倉庫地帯を構成している。
最近は国有地として、一部売りに出されている(金さえあればF号倉庫が買える)
相模運輸倉庫_R
こんな感じにちらばっている、番号アルファベットとバラバラに点在する。
DSC03081_R.jpg
まずは、駅を16号線側に出るとロータリーに倉庫壕がある
DSC03084_R.jpg
廃材だらけで危険である、入らない様に
untitled_R.jpg
駅構内にある、案内板
軍用引込み線二本_R
左が昭和の引込み線(この一枚の為に、山を登る)
DSC08281_R.jpg
駅前にある、7号倉庫(第一水雷庫)
DSC08285_R.jpg
海自施設、左から第二電気庫、第二計器庫、第一兵器庫らしい(不確定)
DSC08280_R.jpg
F号倉庫(第三水雷庫)、参考にしている

田浦をあるく
では、軍需部修理場となっている。
軍需部修理場跡_R
現役時代のF号倉庫、横にベルトコンベアーが付いている、モルタル張りだが、一部剥がれて中のレンガが見えている所がある(結構有名な建物)
DSC08276_R.jpg
G号倉庫(第三電気庫)
H号倉庫_R
H号倉庫(通信兼電気兵器庫)
E号倉庫_R
E号倉庫(兵器修理場)
CIMG0658_R.jpg
現在庇や周りをかたずけられ、売却を待つ
CIMG0659_R.jpg
同じ状況のE号倉庫(光学兵器倉庫)
k号倉庫_R
最近まではギャラリーっぽい事をやっていた。
運河と連絡橋_R
アーチ橋(当時物)、手前のガーター橋は撤去された
DSC08268_R.jpg
3号倉庫(第一兵器事務所)
DSC08252_R.jpg
B倉庫、Aは解体された
DSC08250_R.jpg
C倉庫、Bの先にAがあった
DSC08253_R.jpg
Cの先がD倉庫
DSC08099_R.jpg
5号倉、庫奥は本社建物
DSC08097_R.jpg
昔を思わせる落書き
DSC08269_R.jpg
当時のボートダビッド
DSC08270_R.jpg
寄って来たぬこ
DSC08257_R.jpgDSC08111_R.jpg
バックヤードを歩くと柵越しに見慣れた形状の物が・・・
DSC08112_R.jpg
捨てるならくれ、3インチ砲
DSC08264_R.jpg
5号倉庫
DSC08263_R.jpg
15号倉庫
火工工場全景_R
左側6号倉庫(現在撤去済み)
DSC08262_R.jpg
奥のサイロは後からの物だが、手前の倉庫は当時物
DSC06193_R.jpg
使われなくなって久しい、錆び具合がノスタルジックだ
DSC06184_R.jpg
では、中に入ろう
DSC06188_R.jpg
二階の窓が眩しい
DSC06187_R.jpg
鉄骨のリベットが時代を感じる、溶接なんか一つも無い
DSC06189_R.jpg
鉄骨萌えしそう

この先については、また後日触れる事にする
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント