鳥ヶ崎大砲試射場

横須賀市鴨居2丁目のかもめ団地の手前にある、海上自衛隊鳥ヶ崎官舎及び東京湾海上交通センター鴨居宿舎に道を挟んで遺構がある。
ここは横須賀海軍工廠造兵部 の砲熕工場で造った砲の試射を行う目的で造られた。
大砲試射場としては呉海軍工廠の亀ケ首試射場が有名であり、こちらはかなりマイナーで知名度は無い。
陸軍試射場としては富津射撃場が有名である。
ここに関しては、海上から試射するだの間違った情報が良く見られるが、横須賀海軍工廠造兵部の砲熕工場で造った砲を船に乗せ、鳥ヶ崎に移動しガントリークレーンで吊り上げ仮砲架に据えて射朶に打ち込む。
グーグルで上空から見てみると判るが、海自官舎の奥が射朶(的)でクレーンのコンクリート跡が数10m見て取れる、良く見れば的に直角ではなく、斜めになっているのが判る。
また、横須賀防備隊の鳥ケ崎防備衛所が丘を挟んで隣にあった様だ
DSC07086_R.jpg陸軍富津射撃場射朶
CIMG1672_R.jpg海軍洲崎航空隊航空機銃試射場X5
DSC05665_R_20130715211015.jpg奥の官舎の4階付近に射朶が口を開いている
DSC05668_R_20130715211018.jpg東京湾海上交通センター鴨居宿舎前のガントリーのコンクリート基礎
DSC05670_R_20130715211021.jpgガントリーのレールの形に草が2列生えている
DSC05667_R_20130715211017.jpg斜面を覗くと別の基礎がある
DSC05669_R_20130715211020.jpg砲架を組み立てる為の小型クレーンだろうか、砲架がここだと砲手が後に回れないし
DSC05671_R_20130715212342.jpg振り向くと射朶が見える、位置は間違いない様だ
DSC05672_R_20130715212343.jpg右側のガントリーレール基礎
DSC05673_R_20130715212344.jpg左側のガントリーレール基礎
DSC05675_R_20130715212346.jpg下から見ると桜が咲いている
DSC05676_R_20130715212957.jpg岩壁にあるコンクリートパネルの遺構
CIMG1344_R.jpgこの先に門柱があるが
CIMG1345_R.jpg横須賀防備隊の鳥ケ崎防備衛所の物か試射場の物か不明、奥の斜面に壕口がある
DSC03531_R.jpg鳥ケ崎防備衛所関連遺構と思われる
DSC03534_R.jpg壕内図
DSC03535_R_20130715213814.jpgK1出口
DSC03537_R_20130715213816.jpgコンクリートで閉鎖される直前の調査
DSC03538_R_20130715214233.jpgなぜこんな所に掘った?
DSC03539_R_20130715214235.jpg裏側から掘って貫通してしまったのだろうか?
DSC05678_R_20130715214528.jpgガントリーに戻り反対側に行く
DSC05677_R_20130715214526.jpg当時の壁が申し訳程度に残存
DSC05679_R_20130715214530.jpg先ほどの基礎、以外に大きくしっかりしている
DSC05680_R_20130715214531.jpg登ってみたくなった
DSC05681_R_20130715214533.jpgカメラ片手に以外ときつかった、結構滑って登り難いので注意!
DSC01522_R.jpg射朶に来た、比較にバイクを置いて見る
DSC01523_R.jpg射朶全景
DSC01524_R.jpg天井には鉄筋がむき出しになっている所もある
DSC01525_R_20130715215540.jpg射朶外縁部には機銃痕の様な物もある
DSC01526_R.jpg内部全景
DSC05685_R_20130715220603.jpg何かある
DSC05686_R_20130715220605.jpg回る込む、斜面は崩れて危険だ
DSC01528_R_20130715220803.jpg横から見るとかなり分厚い
DSC01529_R_20130715220806.jpg中々綺麗に作ってある、陸軍とは作りが違う(口径が違うから当たり前だが)
DSC01530_R_20130715220808.jpg天井めっちゃ滑る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

アジ歴の図面を見ると検速所(82平米)、山の上に観測所(11平米)などの記載もありますね。

No title

>榴弾砲さん
うん、でも住宅が出来てしまって、なくなってしまってますね、ほとんど
観測所はいずれ探して見ようかと思いますが、場所柄富津の様な物ではなく
簡易的な物の様な気がします。
鳥ケ崎防備衛所再調査もしてみたい。

No title

Google Earthで見ると、東洋通信社の下にコンクリートの壕口が見えますが何でしょう?

通りすがり様

コメントありがとうございます
当方ではこの記事以上の事は分かりかねます
道路側から射朶が官舎越しに見えるので、これだと思いますが、それ以外は残念ながら把握していません。

検索で通りすがりました

>岩壁にあるコンクリートパネルの遺構
ここなんですが、私が子供の頃は建物が建っていて、すぐそばの岸壁には海自のヨットやカッターが泊まっていました。
更地になったのは十数年前だった筈です。
海自発足後は、走水海上訓練場関連だったのかなと思います。

地元民です 様

コメントありがとうございます
自分も馬堀方面に住んでいたのですが、カモメ方面にはあまり行ってませんでした。
意外と近年まで建物があったんですね。
情報ありがとうございました。