千駄ヶ崎砲台 その1

千駄ヶ崎砲台と言っても、砲台遺構自体は久里浜火力発電所の埋め立て工事によって、失われた。
今あるのは、大正15年に竣工した千駄ヶ崎隧道、通称お化けトンネルと、石柱群ぐらいな物だ。
大正13年竣工、関東大震災後の応急砲台として建設された。第三海堡から撤去された七年式10cm速射カノン砲4門が据付けられた。
昭和16年、東京湾要塞重砲兵連隊第一大隊第三中隊が守備についたが、昭和19年2月剣崎砲台へ移転した。
その後、速射カノン砲4門は昭和20年に房総鴨川陣地へ移されて、何も無くなった。
DSC06998_R.jpgこれは県道にある新千駄ヶ崎隧道
DSC06997_R.jpg
DSC06996_R_20130726205421.jpg標柱が草の中に埋もれている
DSC06995_R_20130726205419.jpg県道からの山側への分岐路、当時物と思われるコンクリート壁
DSC06991_R.jpg民家の脇に古びたコンクリート壁の坂道がある
DSC06992_R_20130726210524.jpg付近には変な物が多い、無料温泉スタンドとして奉仕されていたが、マナーが悪い人が多く、閉鎖された
DSC06993_R_20130726210526.jpg未知の生物その1
DSC06994_R_20130726210527.jpgその2、なんでこんな所にジンギスカンが?
DSC06912_R.jpg砲台への弾薬運搬用に築かれたトンネル、旧千駄ヶ谷遂道
DSC06913_R_20130726211301.jpg入り口から少し入った辺
DSC00030_convert_20090923112033_R.jpg昔はこうだったが、補修されてしまった様だ
DSC06914_R_20130726211302.jpg車1台がやっと通れるトンネル、歩行者も通る
DSC06915_R_20130726212706.jpgくりはま花の国側の出口、銘も無くただ苔生している
DSC06934_R_20130726212708.jpgでは、山に入ろう
DSC06935_R.jpgこの辺は横須賀海軍軍需部久里浜倉庫の敷地境界線だ
DSC06936_R.jpg海軍用地
DSC06937_R_20130726212714.jpg簡単に撮っている様でも、割りと苦労してるんです!
DSC06938_R_20130726213708.jpg草むらも丹念に探すので、時間も掛かる
DSC06939_R.jpgこれから先はいっぱい有るのでただ貼る
DSC06940_R_20130726213711.jpg
DSC06941_R.jpg
DSC06942_R.jpg
DSC06943_R_20130726214121.jpg
DSC06944_R_20130726214122.jpg
DSC06945_R_20130726214124.jpg
DSC06946_R_20130726214125.jpg
DSC06950_R.jpg
DSC06955_R.jpg
DSC06957_R.jpg
DSC06958_R_20130726214332.jpg
DSC06959_R_20130726214334.jpg
DSC06960_R.jpg
DSC06961_R_20130726214515.jpg
DSC06962_R_20130726214516.jpg山頂の高圧鉄塔は海軍機銃陣地の跡に建てられている
DSC06963_R_20130726214519.jpg中央部にあるコンクリート基礎
DSC06964_R_20130726214522.jpg機銃固定用のアンカーボルト
DSC06967_R_20130726215158.jpgボルトが円形に並んでいるのが、判るだろうか?
DSC06970_R_20130726215200.jpgここから石柱の形が変る
DSC06971_R_20130726215201.jpg材質も御影石になる
DSC06972_R.jpg文字も波2本と海軍になる、恐らく軍需部管轄区域ではなくなったのだろう
DSC06973_R_20130726215204.jpg上から見ると、角が全て面取りされており非常に珍しい
DSC06974_R.jpg
DSC06975_R.jpg
DSC06976_R_20130726220051.jpg
DSC06977_R_20130726220053.jpg
DSC06978_R_20130726220054.jpg立派過ぎて、お墓の様だ
DSC06979_R.jpg2本目の鉄塔
DSC06980_R.jpg一部の人には鉄塔結界と言われて、ありがたがられるそうだ
DSC06969_R_20130726220333.jpgここのも銃座の様だ
DSC06981_R_20130726220754.jpg
DSC06982_R.jpg
DSC06984_R_20130726220758.jpg
DSC06985_R_20130726220800.jpg
DSC06986_R_20130726220802.jpg
DSC06987_R_20130726220918.jpg
DSC06988_R.jpg
DSC06989_R.jpg
DSC06990_R_20130726220924.jpg最後の方は、人里に近いせいか状態が悪かった

基本標石しかないのだが、枚数が多くなったので分割する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント