野比海岸その他遺構 その1

少しこの地にあった、伏龍訓練基地に付いて触れておこう

横須賀鎮守府では、第1特攻戦隊嵐部隊第71突撃隊(嵐部隊)として、7月上旬以降、順次3ケ大隊約1500名が横須賀の野比、対潜学校、工作学校に集められ、潜水訓練が始まった。
 久里浜港から三崎に向かって千駄ケ崎のトンネルを出ると野比海岸になる。
トンネルを出てすぐ右手に大隊本部があったようだ。
 その先の海軍病院(現久里浜アルコール症センター)から久里浜寄りが第一実習場、三浦寄りが第二実習場。兵舎は病院の先で近くの小学校の分教場(今の横須賀第一老人ホームのところ)の一部も兵舎とされていた。
大分地域的には、海軍病院と伏龍訓練基地は被る所が多い様だ、事実事故が起こる度医師が呼び出されていた。

今回はブログに書き込みのあった遺構を探しに行った、予測していった場所とは大分違うが、それらしい物は発見出来た、その他に不明な遺構を山狩りの経過で見つけたので、紹介する。
なお、今回も榴弾砲氏を、山狩り行くよの一言で連れ出した、不明な物は複数で見た方が良い
DSC03701_R_20130728193239.jpgこんな本も出ているので、気が向いたら読んで見るのも良いだろう、3日で読める
DSC03622_R.jpgまず、前回の要塞地帯標付近を見る
DSC03626_R_20130728192430.jpgトーチカのあった所には、老人ホームを建築中
DSC03627_R_20130728192431.jpgこの石柱は他に見やすい物を発見したら、道界だった戦跡では無い様だ
DSC03632_R.jpgこっちの門柱だけは残っていた
DSC03692_R.jpg昭和22年米軍航空写真、「アルコールセンターの東側の山のふもとにある壕は入りましたか?
くりはま花の国から下へ降りてくる道?があります。シャレにならない急坂を降りると階段がありますその北側に壕口があいています。米軍の空中写真ではV字に山の上から下へ降りてくる道が見えます。
コンクリートの半円形のきれいな壕です。」の文面から3箇所に絞る
DSC03694_R.jpg昭和52年の航空写真、中央にV字らしき物がある
DSC03653_R.jpg第1アタックポイント
DSC03699_R.jpg登れるだけ登って見たが、藪に道が絶え、断念
DSC03654_R.jpg第2アタックポイント
DSC03698_R_20130728195253.jpg見た目より藪に覆われており、とても柵の上に登れる状態では無かった、それでも登ろうとしたが老人ホームの団体が道路端にたむろし始め、断念(ここが階段もあり、もっとも濃厚だと思われた、文面的にはこの階段を降りて北の第1アタックポイント方向かと思われたが、時期が悪くポイントが判らないと探せない)
DSC03629_R_20130728200645.jpgしかしこの付近で、思わぬ物を発見した
DSC03630_R_20130728200647.jpg前回見つからなかった消火栓だ!
DSC03631_R_20130728200648.jpg草が刈られて、良く見えた
DSC03633_R.jpg門柱まで戻って来た
DSC03700_R.jpg第3アタックポイント
DSC03634_R_20130728201253.jpg道を遡ると、階段のあるパイプの飛び出たコンクリート構造物がある
DSC03635_R.jpg上には貯水槽がある、ここまでは前回調査済み
DSC03636_R.jpg分岐のある上り口
DSC03637_R_20130728201827.jpg左がくりはま花の国への登山道だ(以前の調査で知っていたので候補地となる)
DSC03638_R_20130728201829.jpgしかし天邪鬼な自分は右に行く、草むらにかすかにコンクリートが、見えたのだ
DSC03639_R.jpg20mほどで階段があった
DSC03641_R.jpg上にはコンクリート基礎が大量にある
DSC03642_R.jpg
DSC03643_R.jpg
DSC03644_R.jpg
DSC03647_R_20130728202740.jpg
DSC03648_R.jpg
DSC03649_R_20130728202918.jpg
DSC03652_R.jpg最初は民家かとも思ったが、50mほどに渡って遺構があるので、兵舎だろう、貯水槽含み伏龍関連か?
その後かなりの時間山狩りを行うが、何の戦果もなかった・・・・
DSC03660_R.jpg下山して近くの円形台座を見に行くと
DSC03655_R.jpg近くに灯篭?門柱の台座?の様な物があり、奥には石垣も見えた
DSC03657_R_20130728204915.jpg付近を見渡すと、鉄の枠の付いたコンクリートの穴がある
DSC03659_R.jpgコンクリートの半円形のきれいな壕だ
DSC03665_R.jpg内部の造りは非常に綺麗な様だ、ただ・・・
DSC03663_R.jpg足元のこれ、病院の医療ゴミの不法投棄場所になっている
DSC03664_R.jpg天井の通気孔
DSC03668_R.jpgここから医療ゴミを投げ込んでいたのだ
DSC03669_R.jpg上にはまだゴミが張り付いている、一度天井までゴミが達し、埋めて隠した後に重みで沈下してこうなったのだろう
DSC03674_R.jpgこんな状態
DSC03666_R_20130728210239.jpg4mほどの小さな部屋だった
DSC03667_R_20130728210241.jpg天井には碍子が残っていた
DSC03670_R.jpg終わりと思ったら隣にも部屋がある
DSC03673_R_20130728210940.jpgこの木に碍子でも打って有ったのだろうか
DSC03672_R_20130728210938.jpg隣の部屋も構造も惨状も同じ様な物だった、無理すれば隣に行けそうだが、硝子、点滴ビン、注射器、アンプルなどが踏みしめるたびに割れるので、止めておいた、先が更にあるかは不明

帰りがけに、富士壕、桜壕を見に行った。
DSC03678_R_20130728212921.jpgなんと工事中ではないか!
DSC03679_R_20130728212923.jpg唯一の入り口
DSC03680_R_20130728212924.jpg上部監視窓
DSC03682_R_20130728212926.jpg近くの海軍病院の門柱は無事だった
DSC03683_R_20130728213352.jpgついでに陸軍所轄地の石柱を確認する、この裏山に最大規模の壕があった様だが跡形も無い
DSC03686_R_20130728213354.jpg今更上部の矢印に気づく
DSC03687_R_20130728213355.jpg所轄地の石柱に防三六がある、非常に珍しい

ついでに船越のガントリーも見て行く
DSC03610_R_20130728214126.jpgやっぱり無い
DSC03615_R.jpg金属部分は何も無くなった
DSC03619_R_20130728214129.jpgその内これも破壊して、船着場になるのだろうか・・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

えっ!やめちゃうんですか?

No title

>kan様
割と前から告知は張ってあったんですが・・・
ネタはまだまだ有るのですが、探索の為の資料整理などが滞ってしまいがちで
自由度がなくなって来ました。
1年の節目を持って閉鎖し、元の一探索者に戻ろうと思います。
最近はブログを書くのが仕事めいた所もあるので、少し考えようと・・・
ブログの為に探索してる気がするので、なんか違う気がします
あくまで好きで探索する事が大事です。

準備段階の非公開時期を合わせて、9月14日で一時閉鎖します。
なお、閲覧は当面可能です。

No title

お考えは解りました。
確かに、私自身もブログに追われていると感じていますし、言われてみると、ブログの為に探索しているのかもしれません。
ただ、私は可能な限り情報発信をしていこうと思っています。

No title

>kan様
確かに情報配信とゆう面では賛同します。
この世界は情報が無ければ、何も判りませんし、自分自身も情報を得て探索しています。
HSL様や7743様の様に新たな情報を下さる方も、非常に助かります。
もちろんkanレポートもかなり活用させてもらっています。

一息着いたら、また小規模に始めると思います。

No title

hh失礼しました、出がけにあわてての書いたので、ネームを間違えましたHALさまでした、お詫びします。

Re: No title

> 失礼しました、出がけにあわてての書いたので、ネームを間違えましたHALさまでした、お詫びします。