荒崎高角砲台

横須賀のソレイユの丘の更に先にある荒崎公園は、荒崎高角砲台だった。
公園化に伴い、砲座はもとより探照灯や兵舎跡は完全に失われている。
昭和十六年に8cm高角砲4門から始まり終戦時には12.7cm連装高角砲2基になっている
引渡し目録には砲弾492発しか記載が無い、連装2基で、1門120発しかない
へたをすると1回戦で、弾切れになってしまう・・・
他に25mm機関砲4門もあった様だ、これは一部確認出来た。
DSC09297_R_2013080221023826b.jpg荒崎バス停から陸側に路地を遡って行くと、民家の庭先に東京湾要塞地帯標がある
DSC09299_R_201308022102404ab.jpgFZ.IZ東京湾要塞地帯標、裏は海軍省になっている
DSC09301_R_20130802210242bd2.jpg付近の道には防空壕が沢山ある
DSC09302_R_20130802210244343.jpg一部開口している
DSC09303_R_20130802210246dc7.jpg内部は繋がっているのだろうか?
DSC09304_R_20130802211743700.jpgほとんどはこの様に埋められている
DSC09305_R_201308022117447ec.jpgバス停から荒崎公園方向に少し行くと壕口があるがフェンスで塞がれている
DSC09307_R_201308022117468ec.jpg中は2つの壕口で繋がり、広くは無かった
DSC09309_R_20130802211747e97.jpg壁面は紫がかっていた
DSC09310_R_201308022129169c3.jpg荒崎公園に着いた、夕日の丘が砲座で潮風の丘が探照灯の有った辺りだ
DSC09311_R_20130802212917186.jpg夕日の丘、砲座の痕跡は全く判らない
DSC09312_R_20130802212918465.jpg眺めは良し
DSC09313_R_2013080221292090c.jpg下を見ると、先端に標石が見える
DSC09315_R_201308022129222af.jpg降りれそうな所があったので降りてみる
DSC09314_R_20130802214453ca4.jpgひたすら斜面を落ちて行く
DSC09316_R_201308022144551cb.jpg下まで落ちて来た
DSC09317_R_20130802214457659.jpg海食洞の様だ
DSC09318_R_20130802214459527.jpg石柱が有る
DSC09319_R_20130802214501477.jpg風化しているが、海軍境界石だろう
DSC09322_R_20130802215501aae.jpg先端にも標柱が立っている
DSC09323_R_201308022155039f7.jpg海没するのか変色している
DSC09324_R_201308022155056f1.jpg潮が満ちているのか、渡れない所にある
DSC09325_R_20130802215506af4.jpgいくつかは、2本組みだ
DSC09326_R_201308022207528fc.jpgボロボロのコンクリート柱
DSC09327_R_20130802220604d64.jpg何本か立っている
DSC09328_R_20130802220607780.jpg陸にもある、民間地との境界柱だろう
DSC09329_R_20130802220609bf1.jpg隠し入り江
DSC09330_R_20130802220611583.jpg小艇を隠せるような穴もある
DSC09331_R_20130802221325532.jpg入り江への水路
DSC09332_R_20130802221327133.jpg先端に怪しい形の物がある
DSC09341_R_20130802221328027.jpg砲台には憑き物の潮位計測柱だろう
DSC09339_R_20130802224344bb1.jpg大きな海食洞がある
DSC09337_R_20130802224340178.jpgその手前の崖に明らかに人為的な穴がある
DSC09335_R_201308022243362c1.jpg人為的にゴミが入れられている
DSC09342_R_2013080222461018f.jpg木に侵食された石柱
DSC09343_R_20130802224612f01.jpg広場の垣根の中に隠れている、測遠機台座と思われる遺構
DSC09344_R_20130802225002f04.jpgこの様に埋まっている
DSC09346_R_20130802225004d16.jpg取り付け金具が確認出来る
DSC09347_R_20130802224617e0b.jpg下界に下りてきた
DSC09348_R_20130802225327d2f.jpg境界石の頭だけ
DSC09349_R_201308022253285e7.jpg斜面にコンクリート構造物が見える
DSC09351_R_20130802225330c32.jpg近くには素掘りの壕もある
DSC09352_R_20130802225331c99.jpg中はたいして広くない
DSC09353_R_20130802225332a35.jpg上面に燃料庫と彫ってある、非常に珍しい
DSC09355_R_20130802225840c8a.jpg燃料庫の手前にコンクリートの台座がある
DSC09357_R_20130802225926b4b.jpg25mm単装機銃の台座の様だ、武山高角砲台にも似た様な物がある
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント