城ヶ島砲台及び周辺遺構 その2

DSC04731_R.jpg城ヶ島大橋を渡り、右に行く分岐を登るとユースホステルの廃墟がある
DSC04732_R_2013080520114150b.jpg城ヶ島公園に向かい駐車場に入る、下に車を停めて歩いて登れば無料だ
DSC04734_R_20130805201142df4.jpg中央の花壇が砲座の跡だと言われている
DSC06020_R.jpgこっちは西側砲座の地下施設の副出入り口
DSC06021_R.jpg一見子供の落書きの様な迷彩がくっきり残っている
DSC05646_R_20130805203919466.jpg副出入り口付近
DSC06022_R.jpg主出入り口
DSC06023_R_20130805201928dcb.jpg電気配線の跡がある
DSC05648_R_20130805203921c0c.jpg主入り口付近は少し乱雑
DSC06024_R_201308052019302e8.jpg東砲台地下施設に向かう
DSC06025_R_20130805204452113.jpg東砲台地下施設の主出入り口が見えてくる
DSC06026_R_20130805204454180.jpgこっちの入り口は逆に左ズレだ
DSC06027_R_20130805204455aac.jpg入り口はこの様にしっかりと塞がれている、見学会などの時のみ開けられる
DSC06028_R.jpg半没した境界石が2つある
DSC05673_R_20130805205223533.jpg東砲台地下施設の副出入り口
DSC05672_R_201308052053021d7.jpg結構急な階段になっている
DSC04780_R_20130805205507fe9.jpg真上から見る
DSC06029_R.jpg迷彩がステンドグラスの様だ
DSC06030_R.jpgがっちりと塞がれて入れない
DSC04781_R.jpg上に上がるとゴミ籠が逆さまに置いてある
DSC04782_R_20130805205908c9c.jpg避けて見ると、地下施設の通風坑だった
DSC04783_R_20130805205909135.jpg他にも有る(ゴミ籠は無いが)
DSC05651_R_2013080521320358f.jpg取りあえず中に入る
DSC05652_R_201308052132053dd.jpg砲側庫入り口、砲側庫は3つある
DSC05653_R_2013080521320614b.jpg正面は副出入り口、手前の長方形の穴は不明
DSC04771_R_20130805222108602.jpg壁にスイッチの様な跡がある
DSC05655_R_20130805213208782.jpg砲側庫は内部で3部屋とも繋がっている
DSC04750_R_20130805214238e7a.jpg砲側庫内部より入り口方向
DSC05658_R_20130805214512de8.jpg砲側庫は綺麗だが何も無い
DSC05656_R_20130805213209fc2.jpg右側は入って来た主出入り口
DSC05659_R_201308052145140a4.jpg左主入り口、正面副入り口、右砲側庫X3
DSC05660_R_20130805214515d65.jpg主坑道にすれ違い所なのか、窪みが数箇所ある
DSC05662_R_2013080521451827b.jpg中には通風坑か伝声管か不明の穴が開いている物もある
DSC05661_R_2013080521451776c.jpg主通路の通風口、天井に3箇所ある
DSC04758_R.jpg奥に行くと落書きが増える
DSC05663_R_201308052200362bf.jpg上に網目が見える、さっきのゴミ籠だ
DSC05664_R_2013080522003871e.jpg主通路を30mほど進むとエレベーター室がある
DSC04760_R.jpg足元の不明な穴はこっちにもある
DSC05665_R_20130805220040613.jpgドリルマン
DSC05666_R_20130805220640f00.jpgなんか、年と月が変だ
DSC05668_R_20130805220643f00.jpgエレベーター室は落書き部屋と化していた
DSC05667_R_20130805220642863.jpgかの有名な横須賀ピエロか?
DSC04762_R.jpgエレベーター室は上から落ちて来た土が溜まっている
DSC04763_R.jpgここに昇降機があり、弾薬の上げさげを行っていた
DSC04764_R.jpg上に砲座への通路が見える
DSC04765_R_20130805221240e38.jpgよじ登る
DSC04767_R_20130805221241c24.jpgここまでが限界の様だ、何か丸い窪みがある
DSC04766_R.jpgひび割れに、調査の跡が書き込まれている
DSC05669_R_20130805222104c44.jpgそれでは撤収する
DSC05675_R_201308052059112f2.jpg帰りがけにヌコが日向ぼっこしていた
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変失礼な物言いですね

>H〇〇さま
過去に探索した物なので、現状ではない物、民間人の入れない所などもあるのでとプロフィールにも書いてあります。
ピッキング技術などは、持ち合わせていません。
城ヶ島砲台は5年以上昔は扉は無く、管理等側の地下にはそのまま入れる状態でした。
写真は近年再訪した時の現状で、これから訪れる人の為にあえて扉の付いている現状の写真を掲載しています。
地下壕に関しては、基本2ヶ所以上の壕口を設けるのが軍の常識ですので、山狩りをして塞がれていない壕口を探して入っています。

No title

大変失礼をいたしました。
時期の違う写真を組み合わせたのですね。
私の勘違いでした。

とはいえ

ピッキング技術は欲しいなと思う場面が無い訳ではありません
そんな技術があれば、日吉艦製本部壕や蟹ヶ谷送信所など入りたい所てんこ盛りですが、反則でしょう。
現在戦跡、地下壕はどんどん老朽化を理由に破壊、擁壁による閉鎖が進んでいます、自分は体力スキルの方でこれからも攻略して行きます。
なお、自分の写真は最大10年ぐらいの幅がある場合がありますが、なるべく近況で紹介し、ブログを見て訪れたのに、無かったって事にならない様に構成しています(知らない間に塞がれた物はしかたないですが)