比与字地下壕 北側

横須賀市田浦にある、横須賀海軍軍需部本部地区管轄の、地下倉庫となる物の様だ
まぁ、細かい薀蓄は他のサイトを見て下さい、ググれば何かヒットするでしょう。
大雑把に紹介すると、軍用引込線の終点の一つ、比与字トンネル内において、荷降ろしをしていた南側壕のトンネル反対側に位置する地下壕で、こちらはトンネル内には開口していなかったと推測される。
もっとも小規模の通用口はあっても当然だと思うが、コンクリート噴き付けで、確認出来ない。
現在の自衛隊比与字弾薬庫の裏山に位置し、当時の炸薬弾丸庫(火薬庫2棟現存)の付近にある事から関連が伺える
当然だが現在自衛隊敷地内にあるので一般には入る事は出来ないが、壕口は今も開口している
DSC06181_R_201308122009395c6.jpg現代の自衛隊比与字弾薬庫施設
DSC06182_R_2013081220094064c.jpgたかが金網と有刺鉄線だが、センサーと監視カメラで警備している、弾薬庫だし!
DSC02411_R.jpg早速入る事にする
DSC02413_R.jpg壕口はかなり大きい、車の出入りが出来たのだろう
DSC02414_R.jpg壕内は途中から左曲がりになる
DSC02415_R.jpg左隣りの壕に横坑ではなく、直接曲げて接続している珍しい壕だ
DSC02417_R_20130812203223901.jpg途中、右側にある横坑だが、一旦無視する
DSC02418_R.jpg壕口を振り返る
DSC06816_R_201308122102230ea.jpg接続部
DSC06817_R_20130812210229106.jpgこっちの壕の方が大きい
DSC06818_R_20130812210230e7f.jpg壕はこの先左に直角に曲がる
DSC06819_R_20130812210232473.jpg小瓶が落ちている
DSC06820_R_201308122102345ce.jpg曲がって10mほどで閉塞、最深部にはナベが供えてあった(ちなみに中はカラ)
DSC02213_R_20130812211234421.jpg元の壕に戻る
DSC02217_R.jpg横坑に入る
DSC02250_R_2013081221123825a.jpg高さが合っておらず、掘削のミスであろう
DSC02419_R_20130812211810dfe.jpg右を見る
DSC02420_R_20130812211813790.jpg正面を見る
DSC02421_R_20130812211814552.jpg左を見る、掘削自体はこっちの狭い壕の方が綺麗だ
DSC02233_R_201308122128376a6.jpg精密機械油ビンが落ちている
DSC02236_R_20130812212938264.jpgベンチカット工法の途中
DSC02237_R.jpg綺麗に整形された突き当たりの部屋
DSC02238_R_201308122134432ce.jpgその手前のやはり掘削中の部屋
DSC02234_R.jpg土嚢で埋められた開口部?
DSC02232_R_201308122138564f8.jpg基本五番目の壕なので適当に回る(動画とは符合しない)
DSC02229_R.jpg端っこにある変な構造
DSC02230_R_20130812213852c38.jpg何故か狭い道が曲がる
DSC02231_R_20130812213854370.jpg最後まで狭い掘りかけ
DSC02218_R.jpg中央付近
DSC02219_R_2013081221485515c.jpg奥の狭い接続部
DSC02220_R.jpgこの通路は天井に釘が多い
DSC02221_R.jpg途中の掘りかけ通路
DSC02222_R_20130812214905133.jpg恐らくトタンでも巻いていたのだろう
DSC02223_R_2013081221535649d.jpg電路の跡
DSC02224_R_20130812215359c89.jpg盛大に外から埋め戻されている
DSC02225_R_20130812215400022.jpg何故かフライパン
DSC02226_R_20130812215402336.jpg土嚢封鎖
DSC02227_R_20130812215408b8c.jpg土嚢封鎖
DSC02228_R_201308122158058b1.jpg埋め戻し+土嚢
DSC02239_R.jpg五番目は回り難い
DSC02240_R.jpg接続部は微妙にずらしてある
DSC02241_R.jpg神棚
DSC02242_R.jpg碍子用木材
DSC02243_R_201308122204172ae.jpg多少の段差
DSC06832_R_20130812220420d9a.jpg階段にしてある
DSC02428_R_20130812220422290.jpg入り口付近の床は綺麗だが
DSC02429_R_20130812220423bed.jpg奥の方は多少ガレている
DSC02431_R.jpg歩くのには不住はしない程度だが多少は崩れている
DSC02432_R_20130812221204a9d.jpgこの壕の最大のポイントがこれである
DSC06825_R_2013081222120858e.jpg普通には判らない
DSC06828_R_20130812221210422.jpg武井、島田、笹木、坂木だろうか?
DSC02434_R_20130812221544a91.jpg年号は判らないが、十二月六日と彫ってある、縦横に入っている線は何だろう
DSC02435_R_20130812222054ca3.jpgでは、脱出する


比与字地下壕 北側
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ここ塞がれてなかったんだ!!

No title

>tonoamaさん
周りは変わり果ててしまいましたが、壕口は生きています。
今の所あえて塞ぐつもりは無いようです。

始めまして。楽しく読ませていただいております。先日こちらに向かったのですが北側の入口がどうしても見つかりませんでした。敷地内ということですがやはり分かりにくい位置にあるのでしょうか?ビビリなので周りの目を気にしてしまいます。

iga様

御訪問ありがとうございます!

比与字は北も南も自衛隊の敷地となってしまい、基本的には入る事が出来なくなってしまいました。
ただし、北側は開口部は敷地内に2ヶ所ともまだ開口しています、角度的に見えないけど・・・南は通常ルートはコンクリートで閉鎖されていますので無理でしょう。

その地区ではほとんどが塞がれましたが、まだ別の大型地下壕2ヶ所は敷地外に開口していますので、そちらなら入れますよ、がんばれば!

yakumoさん
やはり一般には入れなくなってしまったのですね。残念です。
夏島も壕口はあるもののフェンスで囲まれていると聞きましたがここは別に入る手段があるのですか?
なんか質問ばかりですみません^^;

iga様

残念ながら横須賀市は、壕口を塞ぐ傾向に走ってますね、特に最近は
夏島も以前は空いていたフェンスの継ぎ目も塞がれて、通過出来なくなりました、私的に行政にお願いしても、許可は難しいようです
たまに、夏島砲台の見学会があるようなので、公的にはそちらをおすすめします
私的には、頑張って下さいと応援しています!

遅くなりました!なるほど...
先日貝山緑地に向かい、入れる場所を幾つか確認しました。海軍食器や、壁にカタカナの彫り込みのある壕を無事発見できました。
またこれからもちょくちょく拝見させていただきますm(_ _)m
ありがとうございました!

iga様

発見出来て良かったです、貝山はまだ塞がれていない所が多いので
この時期が探しやすいですね、御健闘を祈ります。