比与字地下壕 周辺遺構

比与字地下壕南に入る前に周辺壕、トーチカ状監視壕などを紹介しておく
比与字と言うと、地下壕ばかりに目が行きがちだが、防衛施設も色濃く残っている、地味に・・・
DSC04937_R_20130813212205b0e.jpg野球場側にあるトーチカ状監視壕
CIMG0487_R.jpg人物比、トーチカ手前の入り口にはコンクリート壁が備えてある
DSC04938_R_20130813212206f28.jpgこの内部には入れない、2ヶ所ともブロックで塞がれている
CIMG0488_R.jpgスリットから内部撮影
DSC04941_R.jpg脇にあるもう一つの入り口
DSC07864_R_20130813213412ce7.jpg旧神明社脇に階段があるので、これを登ってもいいが、保育施設が隣にあるので注意
DSC07865_R_20130813213414cfc.jpg山頂付近には海軍境界壁が張り巡らせてある
DSC07866_R.jpgここまで残っているのは珍しい
DSC04942_R_20130813214312bdf.jpg山頂部トンネル上には、塹壕が掘り巡らせてある
DSC04943_R.jpg大分埋もれているが
DSC04944_R_20130813214319a9b.jpg大半は確認出来る
DSC04945_R.jpg25mm連装機関砲座
DSC04946_R.jpg一つ目の壕口
DSC04949_R.jpg広くは無く、交通壕もしくは待機所であろう
DSC04950_R_20130813215023c65.jpg入り口を振り返る
DSC04951_R_20130813215024de9.jpg小さな部屋が一つ
DSC07893_R_201308132201350a9.jpg2m程度の物置か
DSC04952_R_20130813215026b66.jpg通路兼、生息部か?
DSC07892_R_201308132201349bf.jpg1ヵ所だけ広いが、後は通路の倍程度
DSC04953_R_20130813215029f9d.jpg反対側に抜けている
CIMG0478_R.jpgコンクリートで扉を付けていた跡がある
DSC07900_R_20130813220137a38.jpg支柱の台座状の物
DSC07901_R_20130813220139ab8.jpg幾つかある様だ
DSC07867_R_20130813220929773.jpgもう一つの壕口
CIMG0483_R.jpg入り口は小さい
DSC07868_R_201308132209314b5.jpg階段で下った分だけ高くなる
CIMG0484_R.jpg中はこの部屋のみ
DSC07869_R_201308132209330dd.jpg正面は、堀かけで貫通していない
CIMG0485_R.jpg部屋の左側に通路があるが
DSC07870_R_20130813220934714.jpg左の通路も途中までだ
DSC07871_R.jpg山の反対側に回ると、壕を繋げようと外から掘った跡がある
DSC00329_R_20130813223020844.jpg自衛隊官舎の駐輪場壁
DSC00330_R.jpg当時の排水施設と思われる
DSC00331_R_20130813223024794.jpg一応防衛施設内
米軍箱崎給油基地_R米軍箱崎貯油施設
DSC00333_R_20130813223026c7c.jpg守衛所の裏にも壕口がある
DSC00327_R.jpgシルバーセンター内の壕口
シルバー人材センター裏山の防空壕入口跡_R現在開口部があるのは、ここだけだ
DSC00336_R_20130813223845ab1.jpgしかし警備隊の隊門の前だ
DSC00335_R_201308132238435ae.jpg無理は出来ない、24時間体制で守衛がいる
DSC00337_R_20130813223847b96.jpg空き地にある壕口
DSC00338_R.jpg塞がれているがコンクリートで巻いてあった様だ
労働基準監督署裏のレンガ積防空壕倉庫跡_Rこの煉瓦構造物に付いては、後ほど内側から紹介する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。いつも拝見し参考にさせて頂いております。

先日、ちゃんとリサーチしない状態で比与宇地下壕に行ったのですが南側で潜入可能とされる箇所は自衛隊の施設になっており潜入できませんでした。
もし差し支えないなければ教えて頂きたいのですが比与宇(南、北)や船越地下軍需工場跡(こちらも、こちらのブログで周辺の整備が急ピッチで行われてると知りました)はもう入れないのでしょうか?

ちなみに比与宇は入れず仕方ないので山中を数時間彷徨い、上層の壕を探しましたが、塞がれた壕とトーチカの発見まででした。
24時間監視員の目の前でガサガサと相当怪しかったのではないかと思います。
地下壕に入れませんでしたが廃線や倉庫地帯など大変興味深い地区ですね。

はじめまして

>ウィリアム 様

参考にして頂いて、恐縮です!
自分の比与字の記事は、トンネルより田浦駅側がまだ魚雷倉庫などが建っていた頃から、今の状態になるまでの物になります。
基本的には南側は敷地内ですが、開放したままです、北側はほぼ完全封鎖です。
山頂の海軍境界壁は、見つけましたか?、それ沿いに行けば1つは上部壕が見つかります。

船越に関しては、昔はガントリー側から普通に入れたのですが無理になりました、今でも体力に自信がある人なら何とか進入出来る所はあります。
勿論この場で公表する訳にもいきませんがね、危険なのでいろいろと・・・
もっとも、山の中のここに穴が有りますよ!なんて説明も出来ませんしね!
条件付で案内は可能です(別に金銭や体ではないです)。
侵入口の秘匿などです。
自分は、知りたい人に隠すつもりはありませんので、その他何かあれば聞いて下さい。

お返事ありがとうございます

yakumo様

早速、ご回答ありがとうございます。大変恐れ入ります。

比与宇の南側はトンネルから田浦側が入口という認識でしたので、そこが既に自衛隊施設になっていて山肌もコンクリートで補強されておりしたので当然その周辺の入口も塞がれていたと思っておりました。(まだ別の入口があるんですね!

上層部は幼稚園の裏手より登り、畑のある辺りからトンネル上部あたりまで、自衛隊施設側の新しいフェンスと海軍境界壁の間を縫って進んだり、緑色の破れたフェンスからトンネル北側方向まで少し進んだりし、山中に埋れる海軍石柱はいくつか見つかったのですが壕口までは見つかりませんでした。
境界壁はかなりの範囲で張り巡らされているんですね。民間人の侵入防止との事ですが、壁の内側に特別な施設があったようにも思えませんし大変不思議な存在に感じました。

山中の壕を見つけるには感とコツが必要だと思いますがその辺がまだ未熟だったのかなと思います。
南側地下は相当な規模のようなので、上層部とあわせてまたチャレンジしたいと思います。

船越軍需工場跡の方もまだ完全封鎖ではないとの事なのでなんとか無事な今のうち見ておければと思っています。

また、助言を乞う事あるかと思います、差し支えないない範囲でよいのでご回答頂けたら幸いです。

ありがとうございました。

比与字

>ウィリアム 様
シルバーセンター内に開口部は有りますが、管理下に有る為進入は無理でしょう
また、旧労基跡の裏には、レンガ巻きの壕入り口が見て取れます。

お互い探索時は怪我のない様に気を付けましょう!

比与宇は厳しいようですね

yakumo様

こんばんは。
24時間警備前の壕口、確認しました。こちらの元記事にも写真掲載されていましたね。
比与宇は諦めます。船越の方も残っている潜入可能な箇所は危険な感じのようですね。
しっかりとリサーチして安全優先で次の目標を定めたいと思います。
ちょくちょくと覗かさせて頂いていますので、よろしければ今後ともよろしくお願い致します。

こちらこそ

>ウィリアム様

田浦駅近辺にも、比与字ほどでは有りませんが、入れる壕がいくつかありますので、チャレンジしてみては?
船越もそうですが、グラスウールの様な産廃が不法投棄されている壕がありますので、長靴装備をお勧めします。

個人のスキルと相談するのは大事な事ですので、無理と判断できるのは良い事です、自分は中々出来ずに困っています。

それでは、また覗いていって下さい!

No title

警備隊門前の駐車場が刈り払いされて擁壁されそうですね。

ルルル様

自分も先週の日曜に見ました
潰れたロウキの建物共々何か出来るのかも知れませんね?
田浦駅付近の城の台砲台の上り口が削られて、住宅が建っていました。
どんどん遺構が入れなくなりますね。