浜諸磯狙撃用洞窟陣地

前回紹介した浜諸磯洞窟砲台のすぐ近くに、砲台防衛を主眼としたであろう、狙撃口を
2ヶ所持った浜諸磯狙撃用洞窟陣地がある。
こちらも浜諸磯洞窟砲台と同じく、別荘に飲み込まれてしまい、2つある狙撃口の内1つは外部から見る事は出来ない、しかし内部からは狙撃口は可愛そうな日の目を二度と見ない状態を見れる。
DSC01213_R_20130823190429e16.jpg浜諸磯の灯台に向かう
DSC05034_R_20130823190637298.jpg狙撃口はこの茂みにある
DSC05033_R.jpg水が染み出している事が多いから、滑りやすくなっている
DSC05036_R.jpg榴弾砲氏に狙撃口に立って貰った、狙撃口の巨大さが判るだろうか
DSC05037_R.jpg狙撃口より外を見る
DSC01214_R_20130823191430876.jpg邪魔が無ければこんな風景が見える
DSC01219_R.jpg中から狙撃口の段々を見る
DSC01220_R.jpg狙撃室への通路
DSC01221_R.jpg入ってすぐ左に分岐があるが
DSC01222_R_20130823191717dc5.jpgクランクしてすぐ行き止まり
DSC01223_R_2013082321064027a.jpg
通路に戻るが、別荘建築時に投げ込まれただろう、瓦礫が大量にあり、歩きづらい
DSC01224_R_2013082319285282b.jpgこの猫車で運んで来たのだろうか
DSC05041_R_2013082319332137b.jpg右にも分岐がある
DSC05043_R.jpgしかし、こっちも行き止まり
DSC01225_R_20130823192854bba.jpgメインに戻るが、右側は行き止まり
DSC01226_R_20130823192856de2.jpgもどって左に進むと
DSC01227_R_2013082319285736e.jpg右側に瓦礫で埋った大きな部屋がある、兵員棲息室だろう
DSC01228_R_20130823192859666.jpg部屋の反対側に抜ける
DSC01229_R_201308231940448be.jpgT字路にでる
DSC01230_R_201308231940459db.jpg右に曲がる
DSC01231_R_20130823194047919.jpgすぐに左の分岐を曲がる
DSC01232_R_201308231940492b0.jpg外部から埋っている様だ
DSC01233_R_20130823194051129.jpg元に戻る
DSC01234_R_20130823194715375.jpg奥に進むが
DSC01235_R_201308231947171e4.jpg階段状に少し登って掘りかけ、行き止まり
DSC01236_R_20130823194718772.jpgもと来た道を、分岐に戻る
DSC05043_R_20130823195357123.jpg分岐から右に進み左に折れると
DSC01238_R_2013082319570410d.jpgまた、埋っている
DSC01240_R_20130823195359f15.jpg戻って、長い直線を進むと
DSC01241_R_201308231954018d5.jpg2つ目の狙撃室に着く
DSC05046_R.jpg左の道は何故かロープして狙撃室に戻って来る
DSC01242_R_20130823195402cb5.jpg問題の狙撃口、何かがおかしい
DSC05049_R_20130823201723639.jpg狙撃室の天井の通気孔、塞がっている
DSC05050_R.jpg狙撃口の外は真っ暗な密室になっている
DSC05054_R.jpg狙撃口を振り返る、極普通の風景だ
DSC01243_R_20130823202202341.jpgちょっと引くと異常な風景になる
DSC01245_R_20130823202204045.jpgコンクリートだらけだ
DSC01246_R_20130823202206706.jpg唯一の外部接続部位、当然開かない
DSC01247_R_201308232022075fb.jpg非常に興ざめする一方、異常さが面白くもある
DSC01248_R_20130823202209b07.jpgさて戻ろう
DSC05055_R.jpgこっちの狙撃口はもう一つより小さい
DSC01256_R_20130823202935b47.jpgまた、瓦礫の山を越えて行く
DSC01257_R_20130823202937d89.jpg最初の狙撃室に戻って来た
DSC05060_R.jpg去り際に狙撃室を振り返る、右側が壕内への連絡口
DSC01258_R_2013082320365164d.jpg無事脱出
DSC01260_R_20130823203655d5e.jpg位置的に、この下に第二の狙撃口が隠されているのだろう、来る日の為に


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント