江奈湾震洋壕、金田港用途不明壕

三浦市松輪にあった第五十六震洋隊岩館部隊のものと思われる震洋壕に訪れた
県道215号沿いに江奈湾をまわり、剣崎小学校を越えた先のくの字に湾曲した道の所に
震洋壕がある、東西に2部隊ずつ計181名の部隊が配置されていた様だが、これが東西のどちらの部隊の物かは、判らない。
県道215号から少し山側に入った「福泉寺」には岩館部隊の、本部が設置され現在は「第五十六震洋特別攻撃隊岩館部隊の碑」が立っている。

水上特攻艇「マル四艇」、「マル4金物」、(陸軍ではマルレ)などと秘匿名で呼ばれ、艇首に250キロの爆薬を詰めたベニヤ製の高速ボートを駆り、敵艦船に体当たり攻撃を行なうもので、現実としては当時の自動車用エンジンを使用し、音もうるさく低速なものだった、また、武装(装備)も派生型が存在する。
DSC06136_R_201308302105084fb.jpg気を付けないと、素通りしてしまいそうな所にある
DSC06137_R_2013083021050967b.jpg漁具の置き場とゆうよりは、捨て場となっている
DSC06138_R_20130830210511da1.jpg付近には埋められた壕が点在する
DSC06139_R.jpg海側は、干潟の実験をしているらしい
DSC06142_R_20130830211031e9f.jpg壕の周辺はコンクリート吹き付けがなされ、他の穴は無くなったのか?
DSC06140_R_20130830211028292.jpg奇蹟的に残ったこの穴もこの有様で進めない
P1310878_R.jpg2~30m程度の穴だった、カーブ裏手の民家裏にも在りそうだが、見えない
DSC00273_R_20130830211639cb2.jpg近くにある金田漁港に寄る
DSC00274_R.jpg以前から気になっていた穴がある
DSC00275_R_20130830211651185.jpg割と目にした事がある人が多いと思う
DSC00276_R_20130830211653a79.jpg見上げると、えらい高い所に何かが祭ってある様だ
DSC00277_R.jpgそれでは、お邪魔します
DSC00278_R_20130830212510e3f.jpg入り口部は広く、水洗トイレ付だ
DSC00279_R_20130830212512ffe.jpgライトをハイモードにすると、階段スゲー
DSC00281_R_20130830212514f92.jpg早速登り始める
DSC00282_R.jpg一段登った先に、右側に分岐があって階段で下る
DSC00283_R.jpg割と落差はある
DSC00284_R.jpg小部屋になっていて、木製の棚でも有ったのだろうか?
DSC00285_R.jpg通路に戻る
DSC00286_R_2013083021351846b.jpg更に先に上る
DSC00287_R_20130830213520b4d.jpgこの壕は待遇が良く、碍子が多い
DSC00288_R.jpg登り階段は続く
DSC00289_R_2013083021405986d.jpg上階の高さに階段上に空間がある、下の壕と無理に接続し、階段で繋げた様だ
DSC00290_R.jpgまた、上った右側に下り階段の部屋がある
DSC00292_R.jpg更に階段を登ると
DSC00293_R.jpg行き止まり、開口部は埋ってしまっている
DSC00294_R.jpgそれでは、引き返す
DSC00296_R_2013083021494924e.jpgちょっとハイモードにしてみる
DSC00298_R.jpg下り階段が先の先まで続いている
DSC00300_R.jpg測量ミスの招いた、おもしろ空間(人間ぽくて結構好きだ)
DSC00301_R_20130830214954502.jpg人ん家の玄関みたいな所から脱出

金田洞窟陣地
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

そこは、私も知っていましたがすんなりお邪魔できる穴だったんですか?
中は階段があってかなりいい感じですね。
同じような穴がその先の「釣りの浜浦」というボート屋さんの手前(三浦海岸側)にあります。少し上に上がるところに、漁具の倉庫のような穴がありますが、結構人が見ているところなので入り難く入ることをしませんでしたが。

No title

>HAL様
階段のある、他階構造は萌えます!