甘縄神明宮

本日を持ちまして、基本的毎日更新を終了します。
ネタはまだまだあるので、今後不定期に更新していきます。
当初すっぱり閉鎖しようかとも思いましたが、カウンターを見てみると毎日200人近くの人が見に来てくれている様なので、しばらくはまともな更新は出来ませんが、不定期続行とゆう中途半端な状態でやろうと思う。
規模も縮小版になるかも知れないが、がんばって書いていきます。

風光明媚な観光の町鎌倉にも、観光と紙一重の所に戦争の傷跡が隠れている。
仏閣には詳しくは無いが(興味も無い)、甘縄神明宮は甘縄神明神社に改称しているようだ
甘縄神明宮は鎌倉で最も古い神社といわれていて、由緒がある様だが良く判らない
DSC04730_R.jpg観光地なので壕口位置ぼかす
DSC04733_R.jpg入ってすぐに変わった物入れの様な物がある
DSC04734_R_201309141858445ac.jpg右には歩哨でも入りそうな窪みがある
DSC04735_R_20130914185846a8a.jpg奥に進む
DSC04736_R_20130914185848841.jpg分岐も無い直線をひたすら進む
DSC04737_R.jpg緩やかな階段を下る
DSC04738_R_20130914190506758.jpg初めての分岐
DSC04739_R_20130914190508f7b.jpg直進は水没で不能となる
DSC04740_R_20130914190510856.jpg更に鋭角な分岐になる
DSC04741_R_2013091419051105c.jpg楽に立って歩けるし幅も快適
DSC04742_R_20130914191253301.jpgだが、こっちの道は水没に終わる
DSC04743_R.jpg反対側は軽く登っているようだ
DSC04744_R_20130914191256384.jpg奥に進む
DSC04745_R_2013091419125849a.jpgひたすら進む
DSC04746_R_20130914191259b8a.jpgすれ違い場に固まったコンクリート袋が転がる(コンクリートの部屋など無いのだが?)
DSC04747_R_20130914192122906.jpg通路にも転がっている
DSC04748_R_2013091419212336a.jpgこの部屋は上から何か垂れ下がっている
DSC04749_R_20130914192125919.jpg何やら直線的な通路が多い
DSC04750_R_20130914192138f5f.jpgだんだん床がごろついてくる
DSC04751_R.jpgズリが溜まり出す
DSC04752_R.jpg最深部到着
DSC04753_R.jpg左側
DSC04754_R_201309141931214b8.jpg銃眼か?
DSC04755_R_2013091419312353a.jpg右側開口部
DSC04756_R_20130914193711958.jpg外に這い出す
DSC04757_R.jpg軽くトタンを立てかけてある壕
DSC04758_R_20130914193822113.jpgそれほど大きな壕ではないが、それなりだ
DSC04759_R_20130914193823dae.jpg神社に近いのでゴミが多い
DSC04760_R_20130914193825094.jpg
DSC04761_R_2013091419382785a.jpg焼却炉の炭が捨てられている
DSC04762_R_20130914194334839.jpg先にはまだ分岐がある
DSC04763_R_20130914194335fc3.jpg曲がると部屋の様だ
DSC04764_R_20130914194337098.jpg大型の棚が複数ある
DSC04765_R_20130914194338bef.jpg長方形で、多少いびつな部屋
DSC04766_R_201309141943443c1.jpg奥は埋っている
DSC04767_R_20130914194813b9e.jpg棚とゆうよりは、椅子?
DSC04768_R.jpg簡易ベットにもなりそうだ
DSC04769_R.jpg撤収する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント