横須賀海軍工廠沼間地下軍需工場

この地下壕は横須賀海軍工廠造兵部砲熕工場が疎開する目的で構築されたもので、対面に水雷工場、道を挟んで音響工場も疎開地下工場が掘られている。
ここに至る道は横須賀線「東逗子駅」や長浦港に繋がる県道24号線などで、非常にアクセスが良い所だ。
軍需工場として、理想的とも言えるだろう。
もっとも、現在は線路から沼間地下軍需工場のある山間部までは、住宅に埋め尽くされて、道は狭い
路上駐車には適さないので、バイクか東逗子駅から、場所を知っていれば1時間も歩かないだろうから
近隣に迷惑の掛からない方法をお勧めする、すれ違いすら困難な所もある。
音響工場は、行きずらい所にあるので未調査である。

砲熕工場は6本の主坑をアミダ状のずれた横坑で接続し、1本は掘削中か接続していない
水雷工場は、5本の主坑から成り、やはりアミダ状のずれた横坑で接続している。
DSC03389_R.jpg真昼間でさえ日の射さない山間部に分け入る
DSC03390_R.jpg壕口到着、非常に良い状態だ
DSC03391_R.jpgわりと幅広の通路、3X3以上ありそうだ
DSC03392_R.jpg排水溝の無い通路は、水溜りが目立つ
DSC03393_R_201310201937563d0.jpg人が写ると壕の広さが判るだろう
DSC03394_R_20131020193757eec.jpg若干の崩落跡
DSC03396_R.jpg掘削中のベンチカット
DSC03397_R_201310201938011f5.jpgここは排水が機能し、乾いている
DSC03398_R_20131020194456109.jpg掘りかけだが、両側に排水溝が切れれている
DSC03399_R_2013102019445871c.jpg発破穴を覗き込むとのさん、とのさんを見つめる榴弾砲氏
DSC03400_R_20131020194459ba6.jpg大傾斜の行き止まり地点、埋め戻しか?
DSC03401_R_20131020194501357.jpgこの壕で唯一工場らしい痕跡を見る事が出来るブロック
DSC03402_R_20131020200259158.jpgこの排水溝は非常に大きく、30cm四方ほどある
DSC03403_R.jpg四角く掘られた穴にコンクリート台座が残る
DSC03404_R_20131020200308b73.jpgこっちの方がキレイに残っている、しかし、手前に先の排水溝があるので非常に奥まった位置になる
DSC03405_R_201310202003100c1.jpg複雑な形の排水溝、明らかに人為的に整形されている
DSC03406_R.jpg天井に電気配線を通した様な直線の切り溝が見受けられる
DSC03407_R_20131020200955a1e.jpg水没の倉庫壕、きちんと整形されている
DSC03409_R_2013102020095764d.jpg出口に向かう、光線の感じが良い
DSC03410_R_20131020200959b11.jpg出口の前にある、うろ状の穴
DSC03411_R_20131020202149b03.jpg水雷工場に向かう
DSC03412_R_20131020202151b0a.jpg入り易そうな所から進入
DSC03413_R_2013102020215536d.jpgしかし、水雷工場の状態は良くは無い
DSC03414_R.jpg埋め戻しの天井すれすれを進む
DSC03415_R.jpg道路か住宅の裏手なのか、しっかり塞がれている
DSC03416_R_201310202043192b4.jpg尋常ではない量だ、
DSC03417_R.jpg途中まで掘って終戦、掘り出したズリを元に戻した感じか?
DSC03418_R.jpg弁当箱が落ちている
DSC03419_R_20131020205640a77.jpg外部から見てもこんな感じ
DSC03420_R_20131020205642e00.jpgましそうな所から入り直す
DSC03421_R_201310202056445fa.jpgこの辺は残土が少ないようだ
DSC03422_R_20131020205645a0b.jpg山の奥の方なので、運び辛かったのだろうか?
DSC03423_R_20131020215609780.jpg壕床が泥濘に変わる、気を付けないと底無しになっていて、足が抜けなくなる時がある
DSC03424_R_20131020215610109.jpg全員迂回する事にした
DSC03425_R_20131020215612b36.jpgこっちの壕唯一の構造物、機械据付跡か、クレーンの一部の様だ
DSC03426_R.jpg先の方も、埋め戻されている
DSC03427_R_20131020220524285.jpg開口はしているが、出入り不能な壕口
DSC03429_R.jpgみんなで僅かな残留遺構を探す
DSC03430_R_20131020220527bbc.jpgこの先水没
DSC03431_R_20131020220529409.jpg反対側に回ってみた
DSC03432_R_20131020220920b38.jpg一通り見たので脱出する
DSC03433_R.jpg外部から塞がれた壕口、鉄パイプとパネルで封鎖された所だろうか?
DSC03434_R_20131020220924e1a.jpg辛うじて道から見える壕口もあった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント