浄地原砲台、鴨居洞窟砲台

鴨居2丁目にある、浄地原砲台に行って来た、この砲台は未成砲台で備砲前に終戦を迎えたようだ
資料はほぼ無く、農地所管換財産の一覧表に載っている程度だ
直径4mほどの円形砲座は人間の目で見ると識別出来るが、カメラのレンズでは判りにくい
以前はコンクリート基礎も部分的に見えていたようだが、今は全く見えない
今回の2ヶ所も同期の櫻様から情報を頂いた。
P1020101.jpgまずは砲台の近くにあるとゆう、地下式タンクを見に行った
P1020102.jpgグーグルマップにはくっきりと写っているのだが
DSC02201_R_201311202141518c0.jpg駐車場の上に登ってみると、あれ?
DSC02202_R_201311202141525ce.jpg一面の野原となり砂利が敷かれていた、埋められてしまった様だ、つい最近
IMG_0040.jpg壁面がキレイなので重油などではなく揮発油か水のタンクと思われる(写真提供同期の櫻様)
DSC02211_R.jpg少し引き返しこの電柱辺りの細い路地を上がって行く
DSC02209_R.jpg眺めは良く花立台演習砲台
DSC02210_R_201311202158267ca.jpg観音崎の海軍聴音所も遠方に見える
DSC02207_R.jpg住宅の隙間の微妙な道?を通って砲座へ向かう
DSC02203_R_201311202208338f6.jpgまったく判らないと思うがこれが砲座で、円形になっている
DSC02204_R_2013112022083524d.jpg木の左側に50cmほどの窪みが判るだろうか
DSC02205_R_201311202208372fb.jpg角度を変えて全景を撮ってみる、やっぱり判らん、人の目ってすごい
DSC02206_R_20131120220838a0d.jpg砲座から海方向を見てみるが、さっぱり見えない、完璧な偽装だ

次は鴨居3丁目にある鴨居洞窟砲台に向かう
こちらは洞窟式の砲台で砲室前縁はコンクリート製で、詳細は不明だが砲の据付までは完了していたと、近所の住人の証言もある、戦後放置された洞窟砲台は、鴨居老人福祉センター側に貫通していたので、格好の通路として子供たちが通学に使用していたそうだ
この遺構は残念ながら海側砲室は殆んど埋っており、辛うじて砲室上面部分のコンクリートが確認出来る程度だ
反対側の鴨居老人福祉センター側は擁壁工事により埋められてしまい、開口部分は特定出来ない
砲室部分はすぐ横の擁壁工事により出た岩盤の捨て場所として埋められてしまったのではないか?
見る限り前縁のコンクリートは残っているし、上面部もそれほど崩れてはいないのだ
IMG_0034.jpg上の擁壁の切れ間に、奇跡的に残っている
DSC02212_R_20131120225244fc2.jpgこれが全体である、幅3mほどは有るが下の方は判らない
DSC02213_R_2013112022524630b.jpgなんとか覗き込んでみる
DSC02214_R_201311202252474b6.jpg見えた!コンクリートだ
DSC02216_R_20131120225248713.jpg20cmほどの厚みがあるようだ
DSC02220_R_201311202259039c2.jpg角度を変えて見ると、僅かに隙間も見えるがとても入れない
DSC02221_R_20131120225905fad.jpg今では2階建ての家が立ち並び、あまり海は見れない
今度来る時まで、埋って仕舞わないだろうか?しんぱいだ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> こういう戦績も調べているんですね。
> そこで、八景山の監視所の遺構を右に尾根を伝っていくと両側に正方形の彫り込みが2つずつあるのですが何でしょうかという話です。
との事ですが、自分が掘ったのでは無いので判りません、尾根道にその様な遺構が有った覚えはありますが
稜線を守る為の蛸壺的な物だと思っています、ここは土ではなく岩盤の地層なのであのような形状が取られたものと想像しています。
自分は現横浜私大に当たる部分の空技の地上地下施設の分布図は有していますが、陣地図は持ち合わせていませんので、確たる用途は不明です

No title

ありがとうございます。
機銃座ならば円形なのかなと思っていたので何だろうと疑問に思ったのですが、間隔が近いので不思議な掘り込みだなと感じたのですが、日本の歴史などとわかったつもりになっていても、ほんの70年ほど前のこともわからないなんて、戦績を見てまわっているとつくづく、いかにも皆わかったつもりになっていると言うことがよくわかります。

No title

>HAL様
あくまで想像での判断です、稜線の左右の斜面及び尾根道と全て見通せる位置ですので
現場での応急蛸壺と違い、永久陣地構築の場合は掘っただけではなく、木枠や土嚢で固めるのが普通ですが硬い岩盤ですとあのままで十分なのでしょう。
しゃがめば丁度いいぐらいの深さだったと思います