堀の内 機銃砲台

京浜急行の車窓からも以前は見ることが出来たので、横須賀の人は見た事があるかも知れない
京急堀の内駅から少し横須賀中央の方向に進んだ海側にある、切り崩された丘がそれだ
開発計画の途中で、見えていた壕口などを切り崩した状態で、倒産となり現在まで放置されているらしい
駐車場側に山頂にあがる階段が見えているのだが、清掃会社の敷地を通らないと行けないので
今回は駐車場周辺のみの探索となった。
以前から存在は知っていたのだが、壕口が削り取られた時点で気が失せて忘れていたが、同期の櫻様より
写真提供を受けて、取りあえずは表面の探索を行った。
P1020111.jpgこれが現場である造成地だ、壕口は削り取られ元の形が判らない
DSC02112_R_20131121220441577.jpg工事現場入り口、ここから春日神社方面に向かう
DSC02113_R_20131121220443f9e.jpg問題の駐車場、スゴイデコボコの駐車場だ
DSC02114_R_201311212204453be.jpg問題なのは壁の方、ブロックで塞がれた跡が2つある
DSC02116_R_20131121220447aab.jpg左側の方、外縁はオリジナルなのか?
DSC02117_R_20131121221118965.jpg右側の方
DSC02118_R_20131121221120f9d.jpg右上に電気用の碍子が残っている
DSC02119_R.jpg随分と雑な出来栄えの碍子だ
IMG_4860.jpg同期の櫻様から頂いた写真には碍子が2つ写っている、欠落した様だ
DSC02120_R_20131121221616d92.jpg榴弾砲氏に立ってもらうと判るが、入り口は人の背よりも小さくなっている
DSC02121_R_20131121222220fa4.jpg他の入り口を探して見るとあった
DSC02122_R_201311212222220bb.jpg壕内はきれいに丸く掘削されているが浅い物だった
DSC02123_R_201311212222244ed.jpg内部は広く、4mほどある
DSC02125_R_20131121222226e27.jpgペンキやオイル缶などが投げ込まれ、油臭かった
DSC02126_R_2013112122275062a.jpgコンクリート擁壁の狭間に暗がりを発見
DSC02127_R_20131121222752a6d.jpg榴弾砲氏が登るも、金網で塞がれた浅い壕だった
DSC02128_R_20131121222754037.jpg他にも怪しげな所は有ったが、位置が高いので自然窟だろう

いずれ山頂に登れるルートを探してみたいが、今回は終了
先週末は頂いた情報を元に
重砲兵学校、校長邸防空壕
横須賀海軍空技廠浦郷地下工場深浦地区
池上 海軍貯水槽
浄地原砲台、鴨居洞窟砲台
堀の内 機銃砲台、鳥ヶ崎の壕口確認と1日で回ってきた。
この外に船越のガントリークレーン跡(変化無し)や、千代ヶ崎砲台の近況を見に行った
横須賀はまだまだ奥が深い、求む情報!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>HAL様
グラースの森ですね、こちらの方は実は調査済みなのですが、掲載するのを忘れていました!ってゆうか、掲載したつもりでいました!!
こちらの機銃陣地と海軍貯水池は合わせて近日中に上げたいと思います。

横浜市釜利谷地区センターそばの手子神社にも複数の壕口が見えますが、今は入れなくなってしまいました。
情報とご指摘ありがとうございました。
さらにこの下には、巨大地下壕が眠っています、壕内図を持っていますが結構な規模です。