披露山砲台、北鎌倉銃眼、逗子久木大池壕

今回はこの地域のただ見るだけの遺構を、かいつまんで紹介する
観光名所の披露山公園は、戦時中は海軍の小坪高角砲台として連装12.7cm高角砲3基と高射装置(Director)を備えた指揮所が存在した。
指揮所跡にレストハウスを設け、砲台のすり鉢型の砲座跡を猿檻と展望台、花壇に利用している。
猿檻が砲座なのは現在も見て分かるが、展望台と花壇は埋められてしまっているので、直径12mの円形のみが
確認出来る。
P1020121.jpg下が猿檻で真ん中が展望台その上が花壇、指揮所は一番上
CIMG0684_R.jpg披露山公園案内
DSC03174_R_201311272208231a1.jpg猿檻のドーム
101107_163153_R.jpgこちらは砲座のまんま、使用しているので判り易い
DSC03172_R.jpg夕暮れに染まる展望台、コンクリートに埋っていて判らない
DSC03173_R_20131127220821e9a.jpg後のアンテナが司令部跡、ここに高射装置があったが、今は基礎しかない
DSC03175_R_20131127221408a9e.jpg眺めは良い、ここから江ノ島を砲撃出来る
DSC03170_R_20131127221404c7a.jpg塞がれた多分弾薬庫の壕
DSC03171_R_201311272214062d6.jpg司令部は売店と化し地下部分の基礎にのみ、面影を見出せる
この付近には砲台防衛用の狙撃陣地が存在するのだが、諸事情により紹介はしない
DSC03005_R_20131127222127230.jpgモノレールの西鎌倉駅前にある機銃陣地の銃眼である
DSC03006_R_20131127222129ea3.jpg通りからも良く見える位置に開口している
DSC03008_R.jpg問題はこの高さ、人物比東雲みょん氏
DSC03007_R_20131127222130925.jpgこの銃眼は非常に崩れやすい風化した岩盤で登れないが、中は水没らしい
DSC01308_R_20131127222856ff8.jpg横須賀海軍工廠久木地下弾薬貯蔵壕にやって来た
DSC01307_R.jpgこの辺り
DSC01310_R.jpgこの斜面に壕口が在るのだが、防護ネットが張り巡らされ、入壕不能になってしまった
DSC01309_R_20131127222858ce8.jpgうろうろしていたら、住人に変な目で見られているので、撤収する事にする


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント