掛川市高田の倉庫壕群(4連隧道)

白谷新道と呼ばれる4連隧道に行って来た、 -廃虚日常記録帳-の空母欲奈様に案内してもらった
天竜浜名湖線の原谷~細谷の付近には、中島飛行機の疎開地下工場(マルハ工場)が稼動していたので
その関係の倉庫壕ではないかと推測するが、確証は無い。
袋井市と掛川市の境界に位置し、サカタのタネ掛川総合研究センターの上にひっそりとある
DSC01468_R_201312032149378b6.jpg掛川市側より進入する
DSC01469_R_2013120321493973f.jpg元々4つとも、素掘りのトンネルだったがここだけセントル巻きで補強されている
DSC01470_R_201312032149404ef.jpgおかげで中は殺風景な事この上ない
DSC01474_R_20131203214942ecc.jpgこの辺りから、若干左に曲がっている
DSC01475_R_20131203214945ca5.jpg出口は入り口と異なり、石積みになっている
DSC01480_R_201312032201104cf.jpgトンネルを抜けると、そこには地下倉庫の壕口が口を広げていた
DSC01477_R_201312032201063d1.jpg入り口にはネットがしてあり、入る事は出来ない
DSC01478_R_20131203220108c0e.jpg最深部まで30mほどだろうか、造りはしっかりしている
DSC01479_R_2013120322103758d.jpg大き目の倉庫壕で、ヘタをすると次のトンネルよりも大きそうだ、民間壕ではありえないだろう
DSC01481_R_20131203221039732.jpg2つ目のトンネル
DSC01482_R_20131203221040204.jpg素掘りだが、崩れは無いようだ
DSC01484_R_201312032210420ff.jpg振り返ると、トンネルを作る前の切り通しが上に見える
DSC01517_R_20131203221748d4e.jpg登ってみた、何十年ぶりの通行人だっただろうか
DSC01516_R_2013120322174649c.jpg見下ろして見ると、結構高いかも
DSC01518_R_20131203221750c29.jpg短すぎるトンネルからカーブミラーが覗いていた
DSC01485_R_20131203222238446.jpg抜けた所に新たな壕口がある
DSC01487_R_2013120322224137d.jpgサイズはさっきと同じなようだ
DSC01489_R_201312032222430f2.jpg小森さん、とのさんがもふもふして美味しそうだとかな何とか言っていた
DSC01490_R_20131203222244772.jpg次に行く
DSC01491_R_20131203222730343.jpgすぐそばにまたある
DSC01492_R_20131203222731fa4.jpgサイズはいっしょ
DSC01493_R.jpgなんか、そこら中にある気がしてきた
DSC01494_R_201312032227366d8.jpgもう入らない
DSC01495_R_201312032233370c4.jpg3つ目のトンネル、やはり上には切り通しの跡らしき物が見える
DSC01497_R_20131203223339f36.jpg反対側から、とんがった形が面白い
DSC01498_R_20131203223342a4f.jpg藪の先に、壕口が見える
DSC01499_R_20131203223344c28.jpg水没の壕があった
DSC01500_R_2013120322334789b.jpg奥行きは短く、作りかけの様で、ベンチカットだった
DSC01504_R_20131203224159a60.jpg手前にももう一つあったが、埋もれてしまっている
DSC01501_R_2013120322415555c.jpg4つ目のトンネル
DSC01503_R.jpg入り口左右には、人工的な掘り込みが付いている所があった
DSC01507_R_20131203224201f27.jpg内部は丸く、標準的な素掘りトンネルだった
DSC01509_R_201312032242035ba.jpgこちら側の写真はいろんな所で撮られているアングルだ
DSC01510_R_20131203224950c30.jpg下まで降りてみたが、これ以上は無い様だ
DSC01513_R_20131203224953062.jpg撤収する事にする
DSC01475_R_201312032249481ef.jpg最初のトンネルに戻って来た、ここで驚愕の事実が判明する
DSC01521_R_20131203225351d83.jpgなんと、大谷石か何かと思っていたら、なんと発泡スチロール!やるな袋井市
DSC01476_R_20131203225345521.jpg登ってみると、余った発泡スチロールが捨ててある
DSC01520_R_20131203225349e45.jpg下を覗く、軽い発泡スチロールが崩れない様に土嚢で重石をしてある
DSC01519_R_20131203225347355.jpg上の方には、空間があったが入れない
DSC01522_R_20131203230045ad3.jpgなかなか楽しませてくれたトンネル達であった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント