油壺震洋特攻基地(諸磯湾側)

油壺油壺震洋特攻基地を再訪した、今回はまだ行っていない諸磯湾側がターゲットである
先に、油壺湾側から見て回る事にした。
前回訪れた所なので詳しくは上げない、油壺震洋特攻基地の記事シリーズを見てもらえばいい
DSC01842_R_20131215214543c6d.jpg油壺験潮所へ降りて行く
DSC01845_R_20131215214545896.jpg験潮所前の震洋接岸用桟橋
DSC01846_R_2013121521454608b.jpg桟橋先端から油壺験潮所を望む
DSC01852_R_201312152145491dd.jpg当時の対岸への橋の跡
DSC01848_R_2013121521544940f.jpg何故かメンバーはこっちに来ない
DSC01847_R_201312152154478b7.jpg70年を経てもしっかりした桟橋なのだが・・・
DSC01862_R_20131215215450c0a.jpgさらりと震洋壕を見て行く
DSC01865_R_201312152154524bb.jpg1本に3隻は入るだろう、詰めれば5隻いけるかな?
DSC01868_R_201312152201104b7.jpg木漏れ日の司令部壕に来た
DSC01869_R_201312152201128e7.jpg前に紹介したので、かるく流す
DSC01872_R_20131215220113ffc.jpg
DSC01873_R_20131215220115e75.jpg
DSC01883_R_20131215220116343.jpg
DSC01887_R_20131215220444311.jpg不明の台座
DSC01888_R_20131215220446711.jpg隣の穴、L字の掘りかけ
DSC01889_R_2013121522044760d.jpg直角に曲がっているので、震洋は入れない
油壺震洋特攻基地の司令部壕
DSC01891_R_201312152213177c4.jpg近くに3本が接続した壕がある
DSC01892_R_201312152213190de.jpg
DSC01895_R_201312152213208f6.jpg
DSC01901_R_201312152213227ed.jpg
DSC01902_R.jpg
DSC01906_R_201312152217591ef.jpg
DSC01908_R_20131215221801331.jpg油壺震洋特攻基地、震洋壕
DSC01911_R_20131215221802e15.jpgこちらは油壺公園の海竜壕
DSC01912_R_201312152218049ac.jpg保存活動の為か、掘り返されている
DSC01929_R_201312152225406e6.jpg今回の本命、諸磯湾側に移動する
DSC01924_R_20131215222535044.jpg近くの水産加工業者が使用している
DSC01926_R_201312152225363a7.jpg
DSC01927_R_20131215222538e96.jpgいずれも震洋壕である
DSC01931_R_2013121522300667e.jpg1本目のトンネル
DSC01932_R_2013121522300888d.jpg現在使用されていない
DSC01933_R_201312152230105fb.jpg抜けた所に、古い井戸がある
DSC01934_R_20131215223413992.jpg2本目のトンネル
DSC01936_R_20131215223415db7.jpgトンネルの中央付近で
DSC01937_R_2013121522341626e.jpgなんと車が通行して来た
DSC01938_R_20131215223418802.jpgとっさにくぼみに避けたが、なんとトンネル内に横抗がある
DSC01939_R_20131215223905e50.jpg枝道を戻る方向に出る
DSC01941_R_20131215223907b51.jpg海岸に出たので戻る
DSC01944_R_20131215223909c52.jpg元のトンネルと合わせて、H型をしている
DSC01945_R_201312152239105e3.jpgもう一方は、廃屋で行き止まり
DSC01952_R_20131215224345ceb.jpg元のトンネルから出る、これらは震洋の移動用に掘られた物だろう、秘密裏に対岸に出れる
DSC01949_R_201312152243448f9.jpg出口に人工的な丸い掘りこみがある
DSC01953_R_201312152243470ed.jpg上の四角い構造物とセットだろうか?
DSC01955_R_20131215224348788.jpg油壺側に出た
DSC01956_R_20131215224834716.jpg戦時、特攻隊司令部があった地上施設が見える
DSC01957_R_20131215224836f6d.jpgこの奥にも震洋壕がある、さらに奥にも海龍壕があるが工場使用中で撮影出来なかった
DSC01958_R_201312152248377eb.jpg仕方が無いので引き返す
DSC01959_R_2013121522483805b.jpg場所はここ

おまけ
DSC02070_R_201312152311369ac.jpg帰りに汐入のファミマに立ち寄った
DSC02071_R_2013121523113803e.jpg何かすごい事になっている
DSC02074_R_20131215231139b1b.jpg
DSC02075_R_20131215231140b66.jpg
DSC02076_R_20131215231142d03.jpg店内にも一面の艦これだった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント