城ヶ島砲台地下施設(駐車場側)

最近城ヶ島砲台の見学会が、月に1回程度行われている様だ、参加者の中から情報をもらった
早速見に行ってみたので、その様子を紹介する。
久しぶりに訪れた城ヶ島砲台は、すっかり整備され、何の苦も無く近寄れる様になっていた。
DSC01756_R_2013121720550384b.jpg城ヶ島と言えば、ぬこである
DSC01839_R_20131217205459856.jpg駐車場にある砲座と言われる物、地下施設とはまったく接続していない
DSC01840_R_201312172055015ba.jpgわずかに残る、遺構らしき痕跡
DSC01838_R_20131217205458459.jpg歩道脇にある石柱
DSC01835_R_20131217205456510.jpg離れた所にもう1本あったが読めない(戦後の物の可能性も否定出来ない)
DSC01823_R_20131217210945adc.jpgこのように、すっかり整備されている
DSC01824_R.jpg相変わらず、当時の迷彩もしっかり残っている
DSC01828_R.jpg南京錠もしっかり残っている
DSC01763_R_20131217213927e08.jpgでは、ご開帳
DSC01765_R_20131217213928af5.jpg入り口直後の罠、明治砲台には千代ヶ崎砲台にも見られるが、侵入者対策がとられている
DSC01766_R_20131217213930e05.jpg主、副入り口のすぐ側に弾薬庫が3つある、その1つ目
DSC01767_R_20131217213931407.jpg奥から見る
DSC01768_R_201312172139320af.jpg内部で扉を付けずに、すべて繋がっている
DSC01772_R_20131217215441333.jpg2つ目の弾薬庫
DSC01773_R_20131217215442531.jpg隣に移動
DSC01774_R_2013121721544450b.jpg3つ目奥から、構造は似たような物だ
DSC01775_R_2013121721544570e.jpg真ん中の弾薬庫前には、主出入り口がある
DSC01776_R_2013121722012854d.jpg全ての金属扉はヒンジごと盗まれている
DSC01771_R_2013121722012758f.jpgこの床面のガレキも床のレールを掘り起こした跡だそうだ
DSC01779_R_201312172201300d9.jpg壁面にもレールを外した跡が続いている
DSC01780_R_20131217220925fdf.jpgすれ違い所とも言われる1mほどのくぼみ
DSC01805_R_20131217221632dd6.jpg中央のものには、伝声管が付いている
DSC01829_R.jpg地上で見ると、籠が乗っているのが通風口でブロックが乗っているのが伝声管
DSC01783_R_201312172209285ed.jpg3ヶ所あるようだ、通路中央に換気口が見える
DSC01782_R_2013121722092756a.jpgこの換気口の下には地上から落ちて来た砂が溜まっている
DSC01786_R_2013121722162970c.jpg天井の電燈跡、線は戦後の調査時のもの
DSC01789_R_20131217222726273.jpg最深部、エレベーター室前にはレールの痕跡が見て取れる
DSC01790_R_201312172227282e0.jpg昇降機の跡
DSC01791_R_2013121722272941f.jpg
床に落ちている電気パーツ、スイッチか?
DSC01794_R_2013121722273252e.jpg昇降機上部を見上げる、ここから砲弾を上げ、砲座に運ばれる
DSC01792_R_20131217222730cde.jpgエレベーター室全景
DSC01799_R_20131217223652518.jpgめずらしく上部に金属の枠が残っている
DSC01795_R_20131217223650290.jpgと、思ったら扉の塗料が付着しているだけだった
DSC01800_R_20131217223653a42.jpg
めずらしく床面が一部だけ見える
DSC01803_R_20131217223654b34.jpg電気配線を通す穴、塩ビではなく陶器製のパイプ
DSC01811_R_20131217224659047.jpgさて、出るとしよう
DSC01817_R_201312172247012f8.jpg漆喰がきれいで、実に明るい感じがする
DSC01820_R_20131217224702de7.jpg地下を出て、ぬことたわむる
DSC01821_R_2013121722470474d.jpg至福の時間

城ヶ島砲台 地下施設
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント