FC2ブログ

瑞浪市民公園

三菱発動機可児久々利地下壕(東側)その1に行ったついでに、瑞浪市民公園に寄った。ここは川崎航空機の地下疎開工場として作られた壕だった。
この日は雨なのは分かっていたが、三人とも傘を持っていない、男ってそんな物だ。
車を無料駐車場に入れて、小降りを見計らい、目の前の地球回廊を目指すDSC06525_R.jpg各所に無料駐車場があるので、混んでなければ車移動が楽そうだ(高低差あり)DSC06527_R.jpg美術館脇に職員用の様な駐車場がある、その賭場口に再利用されている壕があるDSC06528_R.jpgそのすぐそばに、見るからに怪しい窪みがDSC06529_R.jpgやはり壕があるが、雨なので無理はしないDSC06530_R.jpgさらに奥に壕が隠れている、戸狩地殻活動観測点と書いてあるDSC06532_R.jpgDSC06535_R.jpg中は奥まで続いていたが、沈みそうなので行かないDSC06537_R.jpgここのユルキャラ昔からいるマスコットのデスモくん、2010年に瑞浪Mioとゆう萌キャラも有るらしいDSC06540_R.jpgここだけなら、200円で入れるDSC06541_R.jpg前部周るなら共通券が100円お得DSC06543_R.jpg入り口は近代的な通路DSC06542_R.jpgこんな感じDSC06545_R.jpg蛍光灯ではなく、蛍光塗料を塗ったパイプを下からブラックライトで照らしていた(飛散防止?)DSC06547_R.jpg残念ながらここは全体がコンクリート吹き付けで覆われていた、この窪みはほぼ全体に見受けられた、工場系地下壕では良く見かける、機械を据え付けた時の後の空間(機械自身の出っ張りや、メンテ用)DSC06549_R.jpg地球創世記から人類誕生的なサイエンスがつづくDSC06550_R.jpgDSC06551_R_20121125181210.jpgDSC06553_R.jpgもちろん模造品であるが、でかかったDSC06555_R.jpgおしりからDSC06556_R.jpgトリケラトプス(動くぞこいつ)DSC06559_R.jpg化石展示室DSC06561_R.jpgシアター天井は、5m以上か?DSC06562_R.jpg相当に広い、当時はクレーンでも有ったのか?DSC06565_R_20121125182416.jpgここを抜ければ出口であるDSC06539_R.jpg出口を出たら、雨が酷くなっていた、天候が悪いので本来は化石博物館側の壕(無料開放)に行きたかったがやむをえない、
img_1495127_60100975_4.jpg
こちらは化石の層を見る為にコンクリートの吹き付けを行っていない。
他にも2ヶ所は壕がある、不戦の誓いの碑も山の上にある、
機会があれば、また行ってみたい。
今回はほぼ観光で終わってしまった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント