大井川本線廃引込線、廃SL

平成26年は午年らしいと言う噂を聞いたので、今年の締めくくりに鉄の馬を紹介する
自分的には鉄の馬と言えば当然「戦車」なのだが、昨日たまたま機会を得たので逝って来た
牧の原の大井海軍航空隊の遺構を探索の後に、ー廃墟日常記録帳ーの空母欲奈氏に案内してもらった
 大井川本線は、静岡県島田市の金谷駅と静岡県榛原郡川根本町の千頭駅とを結ぶ大井川鐵道の鉄道路線である。
蒸気機関車 (SL) の動態保存・運行が行われている路線として知られる。また、元京阪、元南海、元近鉄の特急用車両が移管前の塗色のままで運転されている。
大井川本線名物の蒸気機関車牽引列車(SL列車)はSL急行「かわね路号」の名で、臨時列車の扱いだが原則毎日新金谷駅 - 千頭駅間に1日1往復運行される。休日など期間によっては2往復または3往復に増便されることもある。「かわね路号」のほか、臨時SL急行、日本ナショナルトラスト所有の「トラストトレイン」も運行される。列車愛称は「南アルプス号」などもあったが2011年10月1日のダイヤ改正で「かわね路号」に統一されている。主に冬季には検査などで運休になる日もある(主に火・木曜日)。SL急行に乗車するには運賃に加えて急行料金800円(2013年4月現在)が必要である。
静岡県島田市金谷東2丁目3483付近の川沿いに、大井川鉄道大井川本線、新金谷から分岐する廃引込み線がある。
そこには、引退したSLや客車、貨物車などが野晒しになっている、しかしこれらの車両は人が見てない時に、勝手に動き出すようで位置が変わる。
空母欲奈氏の訪問時、グーグルストリートビュー、今回の訪問時と車両位置が変動している。

通りすがりの道端に払い下げ車両と思われる物が落ちていたので、ついでに寄って見た
牧之原市勝田324付近の県道79号線沿い、勝間田小学校川向こうになる
DSC02291_R_201312311313386f6.jpg
移動中、ふと見たら黒い列車が・・・
DSC02292_R_2013123113165024c.jpg
遮断機付き
DSC02295_R_201312311313434ca.jpg
取り合えず見学をことわりに行く
DSC02296_R_2013123113134488d.jpg
しかし、誰も居なかった
DSC02294_R_20131231131341880.jpg
この後ろ側の車両は、工房のような感じだった
DSC02297_R_201312311322300cb.jpg
連結器
DSC02298_R_20131231132232dfa.jpg
不審者に見られそうなので、撤収する
P1020205.jpg
引込線経路
DSC02555_R_201312311354018e6.jpg
現地到着、傾きかけた陽光であまり絵図らは良くない
DSC02557_R_2013123113540428f.jpg
SLは2台あった
DSC02553_R_20131231135400304.jpg
後ろの方に客車と貨車がある
DSC02558_R_201312311354068c0.jpg
引込線ポイント
DSC02559_R_201312311354081ee.jpg
転轍機
DSC02560_R_20131231141514384.jpg
転轍機を見ると
DSC02561_R_20131231141516c42.jpg
動かしたくなるのは何故だろう
DSC02563_R_201312311415214fc.jpg
レールのぶつ切り
DSC02562_R_2013123114151991b.jpg
断面
DSC02567_R_20131231143725980.jpg
使えそうな作業車があった
DSC02565_R_20131231143723b9a.jpg
マツヤマ軌道モータカー
DSC02569_R_20131231143726a95.jpg
きっとこれを使って独りでに移動しているのだろう
DSC02570_R_2013123114372960b.jpg
SLも役目を終えるとこうなってしまう
DSC02571_R.jpg
連結器
DSC02572_R.jpg
何か書いてある
DSC02573_R_201312311509539b3.jpg
プレートが無いと物淋しい
DSC02574_R_20131231150956094.jpg
窯に上ってみる
DSC02575_R_20131231150958a99.jpg
煙突内部、雨露でキレイになっている
DSC02576_R_20131231151558370.jpg
車掌室は無くなっている
DSC02577_R_201312311515598dd.jpg
蒸気ドーム、加減弁などが入っている(後)と滑り止めの砂が入っているコブ
DSC02578_R_201312311516015f4.jpg
隣の車両は砂箱が無くなり、蒸気ドームは紅い
DSC02580_R_20131231151604f72.jpg
車掌室(無いけど)から見る前方
DSC02581_R_201312311536107fc.jpg
下を見ると、動輪と連結棒が見える
DSC02582_R_20131231153612041.jpg
丸見えな窯
DSC02583_R_2013123115361449d.jpg
逆サイド側
DSC02584_R_201312311536164a0.jpg
炭水部、石炭が入っていた所
DSC02585_R_20131231153618b41.jpg
最後部からの眺め
DSC02586_R_20131231154851218.jpg
隣の車掌室は何とか残っている
DSC02587_R_201312311548527b9.jpg
取り合えず梯子をつたい、降りる
DSC02588_R_201312311548540e6.jpg
管理番号?
DSC02590_R_20131231154856fea.jpg
2両目の車掌室
DSC02592_R_20131231154858436.jpg
夕日に赤錆が映える
DSC02594_R_20131231155658872.jpg
動輪には連結棒が外されている
DSC02595_R_2013123115570082b.jpg
主動輪のはずみを付ける為のウエイトと連結部
DSC02593_R_201312311556571f3.jpg
見上げるとツタだらけの車掌室
DSC02596_R_20131231155701fe6.jpg
ツタの絡まる手すりに掴まり登る
DSC02597_R_20131231160413727.jpg
SLだが一部電子化されている
DSC02598_R_20131231160414c37.jpg
つたの絡まる電装部
DSC02599_R_20131231160416004.jpg
昭和39年の名盤がある
DSC02604_R_20131231160418583.jpg
右側の小さな椅子
DSC02606_R_20131231160420345.jpg
天井には何かを入れていた箱がある、信号旗だろうか?
DSC02600_R_201312311612004a2.jpg
椅子からの眺め
DSC02602_R_201312311612032ea.jpg
給炭口
DSC02601_R_20131231161202fcd.jpg
ボイラー部、ここで発生した蒸気が前記の蒸気ドームに蓄積されるが、蒸気には水分が含んでいる。
その水分がシリンダに送られるとシリンダ内の水分を取り去りシリンダに悪影響を来たす。
それでこの蒸気を加熱管に送り大煙管内を2往復させて乾燥させる、蒸気ドーム内蒸気→加減弁→乾燥管→加熱管(大煙管2往復)→乾燥した蒸気は蒸気室に入り、ここからシリンダに送られてピストンを動かす
自分は舶用ボイラーしか扱った事は無いが、構造自体は似た様な物だ
DSC02605_R_20131231161206294.jpg
振り向くと、石炭取り出し口が僅かに開いている
DSC02609_R_2013123116334839a.jpg
運転席
DSC02610_R_20131231163350e75.jpg
座ってみると、シンプルなレバー類がある
DSC02611_R_20131231163351287.jpg
ちょっと読めない
DSC02608_R_201312311638089e8.jpg
天井の通気孔、錆び付いて動かない
DSC02613_R_20131231163810ce8.jpg
赤鼻の蒸気ドームが存在を主張している様だ
DSC02614_R_20131231163812f4a.jpg
後を振り向くと、平貨車と客車がある
DSC02620_R_20131231164435d7b.jpg
足回りは以外にきれいだ
DSC02621_R_20131231164436508.jpg
シリンダー部(上、蒸気室・下、シリンダー)、上の蒸気室から下のピストンを動かし動力となる、不要となった蒸気は煙室に導かれ煙突から排出される
DSC02622_R_201312311644382f3.jpg
後の貨車に行く
DSC02623_R_201312311644419b5.jpg
上にはSLから外された部品が置かれている
DSC02624_R_20131231164443e63.jpg
破壊された方の車掌室の扉
DSC02625_R_20131231170429169.jpg
客車のワイパー
DSC02627_R_201312311704313b3.jpg
なんと手動式で稼動する
DSC02628_R_20131231170433f69.jpg
天井はボロ錆である
DSC02629_R_20131231170435bb3.jpg
廃なる車窓から
DSC02630_R_201312311709382d9.jpg
客車に見えたが、運転台がある
DSC02633_R_2013123117094030b.jpg
運転装置もちゃんとある
DSC02634_R_2013123117094163a.jpg
集合ボックス
DSC02635_R_20131231170943626.jpg
電燈と蜂の巣
DSC02638_R.jpg
昭和41年7月製
DSC02643_R_201312311715563ce.jpg
客車は床下が見えるようになっている
DSC02644_R_201312311715572f1.jpg
天井にはちょっとシャレた電燈が並んでいる
DSC02646_R_20131231171558511.jpg
後部の扉は最初から下側しか無い
DSC02647_R_20131231171601324.jpg
観光用サロン車両のようだ
DSC02648_R_201312311722097d7.jpg
足元に連結棒が落ちていた
DSC02650_R_20131231172211329.jpg
砂利などを運ぶ貨物車
DSC02652_R_20131231172212178.jpg
そろそろ帰る時間だ
DSC02658_R_201312311722153a8.jpg
もう、逢うことも無いだろう
DSC02654_R.jpg
だいぶ日が傾いてきた
DSC02656_R_2013123117271072c.jpg
車窓に夕日が反射する
DSC02657_R_201312311727112f9.jpg
最後に挨拶をしてくれている様だ
大崩海岸を走る蒸気機関車 :明治末期
以前紹介した石部トンネルでも紹介した絵葉書だが、東海道本線(大井川線と接続しているようだ)大崩海岸現役時代の物だ、車両はまったく別の物だが、この機関車たちも走った事があるのだろうか?
C10型(プロトタイプ23両)~C11型が都市近郊の高速列車用として造られた~C12型は昭和初期の不況時に簡易線用として経済性を求めて製造された、大変便利に使えた機関車で、15年間で293両が製造された。

C56型は、C12形に炭水車を付け長距離用としたもので、製造された165両中90両が戦時中タイ、ビルマ等に送られた物だが、この内昭和54年、タイから31号機と44号機が日本に帰国した。
31号機は靖国神社(遊就館)に展示され、44号機は大井川鐵道に入線し、2007年の「日本とタイの修好120周年」を記念して、同年より“タイ国鉄仕様”の姿(外観・塗装)で運転していたが、2011年1月29日に“日本国鉄仕様”のカラーリングに戻し運転を再開した。
現在も動態保存として稼動しているが、メーターゲージ仕様の動輪は交換され、勿論ボイラーも2007年に交換されている、ATS装置(自動列車停止装置)などは、引退したC11などから移植を受けている。

大井川本線廃引込線、廃SL

前回紹介した「モデルアート(月刊2月号)」が、遠征から帰宅したら届いていた
P1020200.jpg
書店で見かけたら、一読(出来たら買って!)して見て欲しい
P1020204.jpg
個人紹介は自分希望で掲載を辞退したので記事は少ないが、3月号にも引き続き掲載される予定!

今年1年当ブログに付き合ってくれてありがとう!
皆様、良い年を!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ほぼ地元なのに勝間田の車両知りませんでしたorz 
しかし感度良いですね、yakumoさんの廃レーダー\(^^) /

No title

>空母欲奈様
自分は向こうからイベントが飛び込んでくる体質なんです!
今日も、新たな壕に突入出来ましたしね。
もっとも、列車は完全に通りがかりでしたけどね
でも、地下壕探しを長くやっていると、本当に嗅覚が効く様になります、初めての場所であれだけ短時間に自分が見付けまくる事が、それの現れですね
実生活では何の役にも立ちませんがね!