千代ヶ崎砲台、新遺構(再訪)旧住友工場護岸

数日前行って来た千代ヶ崎砲台、新遺構だが、見れなかった部分があったので再訪した
結果、収穫は無かったと言っていい、駐車場脇に上り口が見えていた部分が気になっていたが、登って行ったら千代ヶ崎旧砲台のフェンスに突き当たっただけだった。
また、逆方向に倉庫壕の先方向も探索したが、何も見つからなかった
よって、もう一度先の遺構をよく検証する事にした。
P1020584.jpg
壕床にあったコンクリートを少し掘ってみた
P1020585.jpg
埋もれているが、下に空間があった
P1020587.jpg
床面に基礎を打ち、固定されていた
P1020600.jpg
一番壕口側の管
P1020598.jpg
50cmほど、天井と共に落ちている
P1020591.jpg
2個目の管
P1020593.jpg
これは、天井面にキレイに整形されている
P1020589.jpg
3個目、例の落ちているやつ
P1020594.jpg
良く見ると塗料が着いている、当て板に使った板に着いていた物か?
P1020590.jpg
ポッキリ折れているが、何故ここだけこんなにも径が違うのだ?折れて当然だろう!
P1020600_20140105223716519.jpg
4つ目の管、崩落の際にあり、前回見逃した、地上には管が4本有ったので気にはなっていた
P1020601.jpg
他の3本はこの様に天井岩盤とコンクリートが密着しているのに3本目は何故?
P1020602.jpg
上から覗く
P1020603.jpg
こんなに径が違うし、鉄筋も入っていない、何を考えているのだろう?
DSC02990_R_20140105224631fa4.jpg
海岸に出た
DSC02991_R_20140105224633ce3.jpg
何となくまともに見た事が無い護岸を見に行った
DSC02993_R_2014010522463599b.jpg
この護岸は戦前からそのままだ
DSC02996_R_20140105224638334.jpg
崩壊はかなり進んでいる
DSC03000_R_20140105224640ae4.jpg
堤防に切れ間があり、ここから小型船で出入りしていたのだろう、階段がある
DSC03002_R_20140105225251b97.jpg
住友工場の基礎が並んでいる
DSC03003_R_20140105225253f3d.jpg
いろんな煉瓦も落ちている
DSC03004_R_201401052252579ed.jpg
明治期からの物かわ判らない
DSC03006_R_20140105225259362.jpg
時間の経過は、避けられない
DSC03007_R_201401052258297bd.jpg
ここから護岸が石積みに変わる
DSC03011_R_20140105225830000.jpg
明治期のオリジナル部分なのだろう
DSC03012_R_2014010522583166d.jpg
ヨットハーバーに憑いてしまったので引き返す
DSC03013_R_201401052258342d7.jpg
引込線のレールが顔を見せている
DSC03014_R_20140105225836cdc.jpg
忘れさられた工具
DSC03017_R_201401052303444cd.jpg
引きちぎられた様な鉄骨を眺めながら、帰途に就く
関連記事 川間ドック~久里浜住吉神社
DSC02863_R_201401052306352fa.jpg
帰りがけに、重砲兵学校、校長邸防空壕が破壊されているとの情報を貰っていたので寄ってみる
DSC02866_R.jpg
行政センターをここに移転させるそうだ
DSC02868_R.jpg
きっと、伐採=コンクリート擁壁が成り立ってしまうのだろう
DSC02974_R_20140105231601511.jpg
ついでに大津周辺を山狩りしていたら
DSC02884_R_20140105231553d45.jpg
ふむ、
DSC02921_R_20140105231555236.jpg
なるほど
DSC02929_R_20140105231556d96.jpg
これは!
DSC02936_R_20140105231559989.jpg
誰も見つけられなかった、大津狙撃陣地を発見してしまったようだ、その内紹介するかも知れない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント