貨幣

明治期は、銅貨・銀貨が主流で、先に話が出た様に銀の金属としての価値が硬貨の額面価値を越えてしまい
銀貨が無くなり、銅との合金やアルミ、ニッケルなどの新たな材質、もしくは紙幣に変わって行く
対外決済に必要な銀や、軍需資材を確保するために、それまで発行されていた物では支障をきたす背景もある。

明治期
P1020339.jpg
P1020340.jpg
貿易銀
P1020880.jpg
P1020882.jpg
1厘銅貨(6~17年)
P1020827.jpg
P1020828.jpg
面白いのはここ、二百枚換一圓と説明がある(200枚で1円と交換)
P1020829.jpg
半銭銅貨(6~21年)
P1020819.jpg
竜1銭銅貨(6~21年)
P1020820.jpg
以百枚換一圓(100枚で1円と交換)
P1020821.jpg
P1020822.jpg
2銭銅貨(6~17年)
P1020823.jpg
五十枚換一圓(50枚で1円と交換)
P1020817.jpg
P1020818.jpg
菊5銭白銅貨(22~30年)

大正期
P1020830.jpg
P1020831.jpg
5厘青銅貨(5~8年)
P1020814.jpg
P1020815.jpg
稲1銭青銅貨(明治31年~大正4年)
P1020687.jpg
P1020688.jpg
桐1銭青銅貨(大正5年~昭和13年)
P1020690.jpg
P1020691.jpg
小型5銭白銅貨(大正9年までは大型5銭白銅貨)
P1020692.jpg
P1020693.jpg
10銭白銅貨(大正6年までは旭日10銭銀貨)
P1020341.jpg
P1020342.jpg

昭和期
P1020825.jpg
P1020826.jpg
カラス1銭黄銅貨(13年)
P1020813_20140302191431300.jpg
5銭ニッケル貨(8~12年)
P1020816.jpg
10銭ニッケル貨(8~12年)
P1020343.jpg
カラス1銭(13年~15年)
P1020344.jpg
富士1銭(16年~18年)
P1020345.jpg
1銭錫貨(19年~20年)
P1020346.jpg
5銭アルミ貨(15年~18年)
P1020347.jpg
P1020348.jpg
穴5銭錫貨(19年)
P1020349.jpg
鳩5銭錫貨(20年~21年)
P1020812.jpg
10銭アルミ銅貨(13~15年)
P1020350.jpg
菊10銭アルミ貨(15年~18年)
P1020351.jpg
10銭錫貨(19年)
P1020352.jpg
稲10銭アルミ貨(20年~21年)
P1020807.jpg
50銭大型(21~22年)
P1020354.jpg
P1020355.jpg
50銭小型(22年~23年)
P1020353.jpg
1円黄銅貨(23年~25年)
P1020810.jpg
5円穴無し(23~24年)
 
自分の手持ちの軍用手標、紙幣、硬貨、債券などを紹介してきたが、自分は収集家ではなく、適当に集まってきた物を紹介しているに過ぎないので、細かい所は信憑性皆無である、現在でも使用可能の物もあるので、当ブログ記事によって損益があったとしても、一切関知しない。

もちろん、掲載品は個人所有品のみなので、この他にも倍以上の紙幣、硬貨等が存在する
豆知識:現行の1円玉は2011年 - 2013年:電子マネーの普及等により需要が減少したため、ミントセット向けを除き製造を休止、多分気が付いてる人は少ない。

P1020795.jpg
今日は朝から20年に一度と言われる雪模様の中出かける、0700では大した事無い
P1020796.jpg
雪に霞むベイブリッジ
P1020797.jpg
午後には湾岸付近も10cmほど積もってきた
P1020799.jpg
首都高も閉鎖
P1020798.jpg
道は空いていて良かったのだが、今日はどうにもならない、ポンチョと靴を濡らしただけで新しい発見は無かった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント