真、重砲兵学校校長邸防空壕(ヒギンズ邸)その2

真、重砲兵学校校長邸防空壕(ヒギンズ邸)その1のつづき
DSC02914_R_20140214215344c23.jpg
早速2階へ登る
DSC02915_R_201402142153455a9.jpg
ヒギンズ邸時代にコンクリート補強されたのだろう階段は直角に曲がる
DSC02916_R.jpg
2階への入り口
DSC02919_R.jpg
足元には当時付いていた扉の一部か木材が落ちている
DSC02920_R_20140214215349a1b.jpg
下を振り向く
DSC02921_R_20140214220715613.jpg
登って左側、長い通路がある、これぞ陣地的な感じだ
DSC02922_R_20140214220716bdc.jpg
だが、断る!もとい右に行く
DSC02924_R_20140214220717a50.jpg
埋め戻し的に壕床が埋っている
DSC02925_R_20140214220719043.jpg
やばいくらいに狭くなって来た
DSC02926_R_201402142207207c4.jpg
抜けた!
DSC02927_R_201402142215256d9.jpg
道が二股になった、取り合えず左に行く
DSC02929_R_20140214221526bf3.jpg
なんと、コンクリート製の砲室だ!
DSC02933_R.jpg
下部分が削られ、ヒギンズ時代に出入り口にしていたのだろう
DSC02935_R_2014021422153015e.jpg
そうとうしっかりした造りをしている、壊すのも大変だったろう
DSC02930_R_201402142215278dd.jpg
砲室の観測窓
DSC02971_R_20140214222553af1.jpg
外から見たこの部分だ
DSC02936_R_20140214222551d7f.jpg
砲室の天井の穴
DSC02937_R_20140214222552546.jpg
コンクリートには鉄筋が入っている
DSC02938_R_20140214223253ff2.jpg
分岐を右側に行く
DSC02942_R_201402142232544bd.jpg
封鎖されている、微かに車の音がする
DSC02145_R_201402142236080e9.jpg
外から見るとここである
DSC02944_R_2014021422325540d.jpg
人一人がやっとの隙間を戻って行く、実はここに入れない隙間が更にあったが埋っていて行けない
DSC02945_R_20140214224111467.jpg
階段に戻って来た
DSC02946_R_2014021422411206b.jpg
通路を進むと床にコンクリートが埋っている
DSC02947_R_20140214224113f30.jpg
穴が開いている
DSC02948_R_20140214224114bc1.jpg
覗き込むと、赤い造花が見える
DSC02970_R_2014021422411703e.jpg
1階のプチ庭園のこれだ
DSC02950_R_20140214224800bfa.jpg
コンクリートの隔壁がある
DSC02953_R_20140214224801b47.jpg
くぐると床に穴が開いている、煉瓦だ!
DSC02890_R_20140214225156bcb.jpg
1階のこれがそうだ
DSC02954_R.jpg
2階通路は当然煤だらけ(朽ちた鉄パイプがある)
DSC02149_R_201402142349534d1.jpg
山腹の道にある鉄管の穴、恐らくこれだろう
DSC02956_R_20140214224804531.jpg
こんな感じ
DSC02957_R.jpg
通路は低くなりつつ、奥につづく
DSC02958_R_2014021423003814b.jpg
途中までは行ったが、これ以上は進めなかった
DSC02959_R_2014021423004031c.jpg
引き返す
DSC02960_R_20140214230041778.jpg
通路のど真ん中に開いてて落ちたらどうするってぐらい危険だ(約40cmの穴)
DSC02962_R_201402142300423d5.jpg
2階の探索終了
DSC02964_R_201402142300436f8.jpg
下へ降りていく
DSC02909_R_20140214230934fde.jpg
左のプチ庭園
DSC02965_R_20140214230935e1c.jpg
上を見ると、さっきは気が付かなかったが穴が開いている
DSC02878_R_20140214230933eef.jpg
主出入り口
DSC02871_R_201402142309324d0.jpg
出れたじゃん、洞口着弾観測所(ピラム壕)より楽勝!
DSC02864_R.jpg
全体写真
DSC02866_R_20140214231821f59.jpg
左手の上に
DSC02865_R_20140214231820847.jpg
気になるコンクルート塊があるがこの日はスルー
DSC03258_R_20140214232525fe2.jpg
後日再訪するも、かなりやばい状態に
DSC03255_R_20140214232524ca3.jpg
斜面のかなりやばい位置にあるのだが、迷っている場合では無い
DSC02973_R_20140214231823400.jpg
行ける所まで行って、斜面を横ばいして進む
DSC03259_R_20140214232526721.jpg
あと少し!
DSC03262_R_20140214232527933.jpg
埋没しているが、立派な銃眼であった、きっと砲室の先の行けなかった隙間にあったのだろう

これは2014年1月後半の調査である、今頃はコンクリートの壁の中に永遠に埋ってしまっただろう
また一つ遺構が消えた・・・
DSC02151_R_20140214234955dc7.jpg
残っているのはこれぐらいだろう
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

yakumo 様

調査お疲れ様です。

壕の内部にバーカウンターとか二階構造になっているということは聞いていたのですが、暖炉とか溶岩石の庭まであり、おまけに砲室まであったとは思っていませんでした。ヒギンズさんに関しての資料集めも大変だったでしょう。ヒギンズさんが退去した昭和40年代には住友重機械工業の大津クラブになり、浦賀工場閉鎖に伴い数年前に大津クラブは解体してしまいました。本当にご苦労様でした。

No title

>同期の櫻様

通常の陣地壕と違い、一風変わった楽しみ方が出来ました。
惜しむらくはこの壕が二度と入れなくなってしまっただろう事です。
本来はもっと早く記事にしたかったのですが、御存知の通りヒギンズ氏に関して、ご教授頂いたベッカー大佐の副官的な人で、退官後民間企業での成功者としか、ネット上では情報が集まりませんでした。
後は横須賀市役所で関係資料を読み漁りました。
もっと掘り下げたエピソードもありますが、戦史から離れ過ぎるので辞めました。
ギリギリのタイミングでしたが、何とか調査が出来て、情報を頂いた御陰であると、深く感謝しております!

No title

ここの雰囲気とか良いですねhttp://yakumo1100.blog.fc2.com/img/DSC02964_R_201402142300436f8.jpg/
http://yakumo1100.blog.fc2.com/img/DSC02890_R_20140214225156bcb.jpg/
残留物も多いし、じっくり撮影したかったなぁ。 つくづく思いますがこの手の遺構は行ける時に行かなくてはですね!

No title

>空母赤城を作る様

特に横浜、横須賀の遺構は迷ったら負け的な勢いで、閉鎖されてます。
空母赤城を作る氏もこっちに来るのは、いつでもいいやと思っていると、入れなくなりますよ、マジで!

すでに比与字、船越、貝山等の大型壕は市、自衛隊によって閉鎖管理されています。