大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)冬季再訪その3

今回は去年、tonotama氏が見つけた穴を見に行く。
雪深い山中に分け入って行く謎の集団は、かなり怪しいだろう
DSC02602_R_201402271845010c0.jpg
見つけた時には、雪など無かったそうだ
DSC02603_R_20140227184502f8e.jpg
現地到着、開口部が2つある
DSC02604_R_201402271845047f5.jpg
手前の方から進入する、内部で繋がっている
DSC02606_R_2014022718531764c.jpg
入り口の斜面に謎のスライムが多数!
DSC02607_R_2014022718531854b.jpg
上から落ちて来た水滴が、流れる暇も無い内に凍り憑いた物(空母氏の車の温度計はー4℃だったそうだ)
DSC02609_R_201402271853208a4.jpg
入り口内部も霜柱だらけだった
DSC02608_R_20140227185319211.jpg
早速進入する
DSC02610_R_201402271901155de.jpg
扉があったと思われる物がある
DSC02611_R_20140227190116342.jpg
それをくぐると、一気に広くなる
DSC02612_R_20140227190117624.jpg
右側にはもう一つの壕口との連絡通路がある
DSC02613_R_2014022719011959a.jpg
排水溝が切られ、かなり良く出来た壕である事が伺える
DSC02614_R_201402271901207f3.jpg
右回りに回る事にする
DSC02617_R_20140227190839b96.jpg
かなり排水に気を使っているようで、ここまでしっかりした物は素掘りでは見かけない
DSC02618_R_20140227190840983.jpg
規模がそれなりにあるので、電気碍子もかなりある
DSC02619_R_201402271908413ca.jpg
この辺は戦後のキノコ業者の遺構である
DSC02620_R_201402271908434f2.jpg
この地方は古来からキノコの産地で松茸も採れたので、地名にも由来している
DSC02600_R_20140227191817a40.jpg
説明板
DSC02621_R_201402271908441e2.jpg
もう一つの壕口
DSC02626_R_20140227192254a26.jpg
主坑道8本を横抗が若干ズレながら貫いている感じだ
DSC02630_R_201402271922552a9.jpg
これより通常モードで撮影して見た
DSC02631_R.jpg
たまにはいいだろう、こんなのも
DSC02634_R_20140227192258f3a.jpg
水没区の先に、反対側の開口部が見えている
DSC02635_R_20140227193646327.jpg
隣の壕は、排水が生きていて水は抜けている
DSC02636_R.jpg
真ん中辺はこんなでも、出口付近がしっかりしていれば、だいたい抜ける
DSC02637_R.jpg
やけに排水溝の角がしっかりしていると思ったら、大谷石を角に埋め込んである
DSC02638_R_201402271936506f0.jpg
どおりでこの壕の床は、道路の様にしっかりしていると思った
DSC02640_R_20140227193651ef8.jpg
反対側は住宅地に開口しているので、引き返す
DSC02641_R_20140227194923d92.jpg
人物比、怪しい集団
DSC02642_R_2014022719492427c.jpg
中央の横抗は、この様に多少ずれながらも貫通している
DSC02644_R_20140227194925128.jpg
開口部は思ったより多い
DSC02645_R_20140227194927816.jpg
キノコ時代のトタン板
DSC02646_R_20140227194929981.jpg
主坑道は8本ともこんな形で開口部になっていたが半数以上は塞がっている
DSC02647_R_201402271957364eb.jpg
基準杭が落ちている
DSC02649_R_20140227195738df3.jpg
出入り口近くの抗道
DSC02648_R_20140227195738d4c.jpg
その手前にぶら下がる電燈、低すぎるだろう!
DSC02650_R_20140227195740946.jpg
出口は脱出不能
DSC02651_R.jpg
排水溝には蓋がしてあるが、大谷石かは不明
DSC02652_R_20140227202057746.jpg
中央の横抗
DSC02653_R.jpg
軽トラの轍が有る、キノコ時代のものだろう
DSC02654_R_201402272020597a2.jpg
ふと、足元を見ると
DSC02655_R_20140227202101710.jpg
ウマの蹄鉄と思われる物が落ちている、馬も栽培していたのだろうか?
DSC02656_R_20140227202802652.jpg
中央付近のやたらに広いホール状の空間
DSC02661_R_20140227202804784.jpg
その先の横抗
DSC02662_R_20140227202805152.jpg
2段掘りのような跡がある
DSC02663_R.jpg
壕の角部分
DSC02664_R_20140227202808650.jpg
そうとう外部から土砂が流入している
DSC02667_R.jpg
主坑道はメイン部分だけで50mはあるだろう
DSC02668_R_20140227203339580.jpg
非常に平らく整地されている
DSC02669_R.jpg
また、蹄鉄(ていてつ)が落ちている
DSC02672_R.jpg
この辺は水が多い
DSC02673_R.jpg
横抗の手前には排水溝に石を被せて橋にしている
DSC02675_R_20140227203917970.jpg
タイヤの跡がくっきり残る
DSC02677_R_20140227203919a56.jpg
こんなペグは、あちこちに纏まって落ちている
DSC02679_R.jpg
めちゃくちゃ真っ平な床面
DSC02686_R_20140227204527a67.jpg
キノコの必需品、温度計
DSC02689_R_20140227204528952.jpg
スイッチ、ブレイカーか?
DSC02690_R_201402272045298f7.jpg
横抗の際奥は、更に拡張の途中で終わったようで、T字に掘りかけだった
DSC02697_R_20140227205346d56.jpg
出口付近の湾曲した通路
DSC02698_R_2014022720534740a.jpg
大谷石が積み上げてある
DSC02699_R_20140227205348e07.jpg
拡張中なのか、段差がある
DSC02700_R_20140227205349367.jpg
掘削途中の様だ、一周したので外に出る
DSC02708_R_201402272058089db.jpg
一足先に出て、単独で周辺調査を深雪に埋まりながら行う
DSC02707_R_20140227205807fb3.jpg
怪しげな窪み発見!
DSC02705_R_201402272058069ab.jpg
新たな壕を発見した
DSC02704_R_201402272058055ee.jpg
完全にさっきの壕とは違う物件だ、こんな曲がった通路は無かった、メンバーを連れに戻る
DSC02703_R_20140227205803578.jpg
入るにはこの傾斜を降りるしか無いのだが、日陰でガチンガチンに凍り付いていて、滑り落ちてしまう
自力で這い登る事は不可能なので、無理せずに次回ザイルとアイゼン装備でリトライする事にする。
DSC02709_R_20140227210823f74.jpg
ふもとにあった鉄塔を夢中に撮影するとのさんを置いて、撤収する。

ふもとの村人の話によると、旧軍の火薬庫であったとの情報だった、また、この付近に猟銃の弾薬保管庫が有り24時間警備体制が有り、サミットがあった時は警官が警備に来ていたとの事だが、栃木でサミット?

動画貼るの忘れていた
大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)冬季再訪その2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

しかし最後の凍った壕、写真見ちゃうと気になりますね~入りたい(´Д`)

行きたいね

>空母欲奈様

あの壕口の中には主坑道5本の地下工場が眠っています。
アプローチ方法を考えれば何とかなりそうですね!